<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

CD『EUPHONY』  CASIOPEA 

EUPHONY

ユーフォニー

スクェアと並ぶ我国屈指のバンド{カシオペア}が,その人気こそ若者たちに支えられるものの,音楽の実質は大人の感触を表出させるようになってきた。その好例が最新作。メンバー各人が第3者の眼でサウンドを鳥瞰して作り上げただろうクールネスが驚異。

1. 太陽風
2. SHADOW MAN
3. SUPER SONIC MOVEMENT
4. いにしえ
5. BAYSIDE EXPRESS
6. SENTIMENTAL AVENUE
7. SOLID SWING
8. HACKER
9. PURE GREEN
10. RED ZONE
11. 迷夢
 (1988/4/25)

野呂一生(Gt)、向谷実(Key)、櫻井哲夫(Ba)、神保彰(Dr)

櫻井さんと神保さん最後のアルバムなのですが、このアルバムもいいですよね。今もよく聴く1枚です。
1. 太陽風 はTVのBGMやベストCDにもよく収められている人気の曲ですが、
3. SUPER SONIC MOVEMENT 5. BAYSIDE EXPRESS 8. HACKER 10. RED ZONE の方が私は気に入ってます。だってかっこいいでしょう(笑)印象がとても強かったのかも。
改めて聴きなおすと、上手くまとまってる…というより、ハッキリした曲・それぞれに主張してる曲が多いと思います。
多分当時も聴いていたというのが一番私の中に残ってるのかも。
2008.08.18 Monday 11:03 | comments(2) | trackbacks(0) | 

CD『TRUTH』   THE SQUARE  

TRUTH
TRUTH

おっ力が入ってるな,と感じさせるタイトル通り,これぞスクエアの真髄というようにストレートに伝わってくる。安藤まさひろ以下,新加入のベーシストまで,メロディックさよりトータル・サウンドに力点が移ってきた感じ。ステージでのプレイが楽しみ。

1. GRAND PRIX
2. CELEBRATION
3. BEAT IN BEAT
4. UNEXPECTED LOVER
5. TRUTH
6. BREEZE AND YOU
7. GIANT SIDE STEPS
8. BECAUSE
9. TWILIGHT IN UPPER WEST
  (1987/4/1)

MEMBERS:安藤まさひろ、伊東たけし、和泉宏隆、則竹裕之、須藤 満

SUPPORT:仙波清彦

12枚目のアルバム。
F1の曲となった「TRUTH」が入っていて、一気に有名になったアルバム。
私も当時しっかり聴いてたのですが、今思うとこのアルバムに入ってる曲は、その後もスクエアのライブで演奏されてる曲が多く、聴いても古さは感じられない。
一番長く続いたメンバー作となっているからかもしれないけれど。

「TRUTH」もだけど、 「GRAND PRIX」「BREEZE AND YOU」「GIANT SIDE STEPS」と私の好きな曲も続く。〜ってこのアルバムの曲は全部気に入ってる(^^ゞ

夏はF1のレースも続く。主題曲は変わっても、やっぱり「TRUTH」は流れる。
・・・・・言われるほど飽きないよね、この曲(^^♪

T-Square - Grand Prix (1988)

T-SQUARE - Celebration

THE SQUARE (T-SQUARE) - UNEXPECTED LOVER

casiopea vs tsquare-truth

T-SQUARE - BREEZE AND YOU

THE SQUARE (T-SQUARE) - GIANT SIDE STEPS

T-Square - Because (1988)

T-SQUARE Twilight In Upper West
2008.08.06 Wednesday 16:07 | comments(0) | trackbacks(0) | 

CD『コンプリート・オブ・DIMENSION at the BEING studio 』 DIMENSION 

コンプリート・オブ・DIMENSION at the BEING studio
コンプリート・オブ・DIMENSION at the BEING studio
DIMENSION,DIMENSION

1. Departure
2. Beat 5
3. Are You Gonna Win?
4. Yellow Sunshine
5. Se.le.ne
6. Break Out
7. Georgy Porgy
8. Close to Your Heart
9. IF
10. Nudistic
11. ROUND TRIP
12. Something about you and me
  (2003/9/25)

3人組インスト・バンド、DIMENSIONのコンプリート・ベスト。03年で10周年を迎える彼らのこれまでの活動ぶりをまんべんなく収録しており、特に注目すべきはレア・トラック。97年のライヴ音源「Beat #5」や、92年にリリースされた唯一のシングル曲「ROUND TRIP」、コンピ盤「Fashionable Lounge」に収録されていた「Something about you and me」などを収録している。  

ベスト盤〜ということで、人気のある曲を上手く集めてあって、ジックリ聴いてよし・サラリと聴いてよしのアルバムになっている。
レアトラックがあるのも、記念盤らしくて良い。
ロック色が強いイメージだったけど、改めて聴くとジャズにもファンクと、多彩な音楽が出来るグループだと思う。
中でもやはり勝田さんのサックスは耳に残るパワフルな音。
この音の魅力は素人な私にもグイグイアピールしてくる。
この独特なサウンドがDIMENSIONらしさなのかも。

改めてカッコイイアルバムにすっかり酔わされる一枚です。(私だけか…?)
2008.08.04 Monday 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) | 

CD『Jimsaku Best Selection』  JIMSAKU

BEST SELECTION
BEST SELECTION
JIMSAKU,森村献,神保彰,エリック・ブリング,伊東たけし

カシオペアを離れた(という説明ももはや不要だが)櫻井哲夫と神保彰のユニット,ジンサク初のベスト・コレクション。テレビ朝日系「スーパーモーニング」のテーマ・ソング「AWAKENING」を含む,新録2曲を収録。心地よい空気が流れる。

1. GYPSY ROMANCE
2. CENTRO HABANA
3. MUCHACHA BONITA
4. 初節句
5. SONGO DE GO GO
6. WIND LOVES US
7. I'M GONNA CATCH YOU
8. ALISA
9. 261 BROAD WAY
10. AWAKENING
11. CLUB WIRED
12. SUNSHADE
  (1995/11/25)
続きを読む >>
2008.07.09 Wednesday 16:44 | comments(0) | trackbacks(0) | 

CD『WIND LOVE US』  JIMSAKU 

windloveus

WIND LOVE US

神保&櫻井の強力ユニット,ジンサクの第6弾。ラテン系のサウンドを爽快に鳴らし,さすがのリズム隊ぶりを発揮している。また,ホーン&ストリングスの配し方もグー。さらに伊東たけし,そして野呂一生(!)がゲストで参加。聴き所の豊富なアルバムだ。

1.WIND LOVES US
2.DOROTEA
3.I'M GONNA CATCH YOU
4.ALCAIC SMILE
5.SNAKEMAN'S SHUFFLE
6.FUNKY PUNCH
7.GONDWANA
8.AIDA
9.AFTER THE RAIN
10.NIGHT CRAWLER
  (1993/7/1)

神保彰(Dr),桜井哲夫(B)
MUSICIAN
森村 献,吉弘千鶴子(K),是方博邦,鳥山雄司(G),中井一朗(Vl),
佐々木史郎,鈴木正則(T), 佐野聡,中路英明(Tro), 本田雅人(Sax,Fl),
本多俊之(AS&SS),山本拓夫,小池修(TS),斉藤清(TS&BS),
木村誠,田中倫明,斉藤ノブ,仙波清彦(Pr),
加藤 JOE GROUP (Str)

SPECIAL GUEST
野呂 一生(G),伊藤たけし(AS)
続きを読む >>
2008.07.05 Saturday 16:04 | comments(0) | trackbacks(0) | 

CD『MEGA db』  JIMSAKU

MEGA db
MEGA db

キャリア十分,いまや本邦フュージョン界を代表する強力ユニットの新作は,最近各方面から注目を集める{ドラムンベース}に挑戦。大胆にして,疾走感とスリルに満ちた展開は,これまでのジンサクにはない新鮮な驚きを与えてくれるのは間違いない。

1. Cosmic Orb
2. Aztec
3. Kaos
4. Flash Back
5. Struttin
6. Get Freaky
7. Bluster
8. Parallel Egoes
 (1997/12/17)  試聴♪

神保彰(Dr)、桜井哲夫(B) ゲスト:塩谷哲(Key)、神崎まき(Vo)
続きを読む >>
2008.06.13 Friday 16:58 | comments(0) | trackbacks(0) | 

CD『TRUTH 21 century』  T-SQUARE plus

TRUTH 21 century
TRUTH 21 century

時空を超えて甦るT-SQUARE神話が、今新たな伝説に変わる・・・。今年5月に発売されたマキシシングル「TRUTH 21c」に続く、ファン待望の1stアルバム。T-SQUARE歴代の名曲の中から新たに8曲を厳選。LAハードロック界の大御所ミュージシャンを従え新たにレコーディングした全10曲を収録。

1. KNIGHT'S SONG
2. CHASE
3. MEGALITH
4. L'EAU ROUGE
5. GOOD-BYE HERO
6. LITTLE MERMAID
7. THE FACE
8. IT'S HAPPENING AGAIN
9. TRUTH 21c
10. GOOD-BYE BLUE WIND
  (2001/9/19)

MEMBERS:
安藤まさひろ、伊東たけし

SUPPORT:
Doug Bossi, Vince DiCola, Phill Soussan, Matt Sorum,
Doane Perry Paul, Nick Menza, Mike Gonzales, Tadashi Namba,
Ric Fierabracci, Kofi Baker, Bobby Kimball, Sherwood Ball,
Terry Wood
続きを読む >>
2008.06.10 Tuesday 09:22 | comments(0) | trackbacks(0) | 

CD『IMPRESSIVE』 T-SQUARE  

IMPRESSIVE
IMPRESSIVE
IMPRESSIVE

1. FACES
2. 11月の雨
3. RISE
4. MAC’S BACK
5. Broken Promise
6. Dandelion Hill
7. Traffic Jam
8. AMARANTH
9. 待ちぼうけの午後
(1992.4.22/再リリース:2002.1.17) 試聴♪

サックス奏者が伊東たけしから本田雅人に交代し、新たなT-スクエアの魅力と可能性をファンに示した作品。アイルトン・セナがウィニング・ランを走行するときのテーマとしてファンにはお馴染みの「FACES」を収録。

MEMBERS:
安藤まさひろ、和泉宏隆、則竹裕之、須藤 満、本田雅人

SUPPORT:
小林正弘、荒木敏男、林研一郎、
山本拓夫、小池 修、村田陽一、
カルロス菅野、WHACHO、國友孝純
(ローマ字表記が多いのですが、あえて漢字にて…苦笑)

本田さんに代わって2作目のアルバム。
代表曲「FACES」がトップでガツンと来てますが、全体的に優しい雰囲気のアルバム。

和泉さん作曲の「11月の雨」「Dandelion Hill」はしっとりしていい雰囲気。
本田さん作曲の「Traffic Jam」はスクエアの曲というより本田さんらしい曲ですよね(今聴けばなんですけど)ホーンのセンスのいい吹き方がカッコイイです。

…書き出してみると、パッとしないようで申し訳ない。
(ひとえに私の文才の無さの為です…)
心ときめく〜という感じではないのですが、サポートも贅沢な面々なので、ゆったり聴きたいアルバムですね。
2008.05.05 Monday 17:25 | comments(0) | trackbacks(0) | 

CD『EVER』 梶原 順

EVER
EVER

disk 1
1 Pastoral
2 Thank You
3 Benjyamin
4 We're Not Alone
5 Peace
6 Cheers!
7 Ever
8 Spring Is Nearly Here

disk 2
1 Have Some Fun
2 You Got The News
3 Easy To Go
4 Sultry Night -熱帯夜-
5 It Will Be Fine
6 Jive
(2007/12/12)  視聴出来ます♪

角松敏生、渡辺貞夫など数限りない膨大なサポート、そしてJ&B、JとBなどを含め、ポップス〜ジャズ、フュージョン・シーンにおける25年以上のキャリアで、魅力的なギター・プレイを聴かせてくれた梶原順の、まさに待望の初リーダー作品の登場です。本作ではアコースティックとエレクトリックをセパレートした彼のギター・プレイの真髄をあますところなく収録した2枚組の構成です。

ディスク1はシンプル、梶原さんが創られた曲にはギター1本で多重演奏している、アコースティックな1枚。
2枚目は華やかで且つ爽快感のあるサウンド集です。
アコースティックもエレキも楽しめるアルバムとなってます。
バックのプレイヤーも知れた面々。アルバムジャケット裏にバンドメンバーの沢山の写真に写る顔を見ると、気のあう面々と楽しく作られた様子が目に浮かびます。
その写真をみると浅野さんとのツーショットが。
またカードの最後にVery special thanksに浅野さんの名前。
Asano "butcher" Yoshiyuki,who has been the best partner ever
…と書かれてました。
梶原さん流の追悼かもしれませんね。

切れのあるギターに心地よいリズムサウンド、まさに梶原さんそのものを表した1枚となってます。


渡辺貞夫(ss)
渡辺直樹(b)
田中倫明(per)
森俊之(key,org)
バカボン鈴木(b)
鶴谷智生(ds)
本田雅人(as,ts,bs)
松原秀樹(b)
沼澤尚(ds)
松本圭司(arr,key,p)
川内啓史(b)
小笠原拓海(ds)
2008.04.21 Monday 16:44 | comments(0) | trackbacks(1) | 

CD『ゴールデン☆ベスト CASIOPEA 』  CASIOPEA

ゴールデン☆ベスト CASIOPEA
ゴールデン☆ベスト CASIOPEA

1. LOOKING UP
2. ASAYAKE
3. HACKER
4. BAYSIDE EXPRESS
5. PRINCESS MOON
6. RED ZONE
7. いにしえ(INISHIE☆OLD TIMES)
8. SOLID SWING
9. TAKE ME
10. DOMINO LINE
11. 迷夢(MEIMU☆SHALLOW DREAMS)
12. DO-LOO-DO?
13. I LOVE NEW YORK
14. 太陽風(TAIYO-FU☆THE WIND FROM THE SUN)
15. PURE GREEN
16. SUPER SONIC MOVEMENT
17. HALLE
  (2004/6/2) 試聴♪

J-フュージョンの歴史を築いてきた人気バンドの代表作、ヒット・ナンバーを贅沢に収録したセルフ・セレクション・コンピ。胸のすくサウンド、スリリングな超絶技巧、ポジティヴ・エネルギーを注入するポップ・フィールが、フュージョンの醍醐味を伝える。


カシオペアはベスト版が多い…ので何を書いても、なんか前に書いたような気がする(笑)
ですが、これは曲数が多く入っていて良いですね〜ワタクシの好きな曲も多く入ってるし。
2004年といえばデビュー25周年なので企画物なのかな。数回レコード会社を替わってるのでその度にベストが出てしまうのだろうか。それでも初期の頃の曲が多めに入ってるのが私的には嬉しい。
なによりこの曲数で値段が安い。
無条件で好きな方(私)は何枚ベストが出ようが構わない。
既にマイベストなんかも作っちゃってたし(若い頃だけど…/笑)

…そろそろ活動中止が解かれないかなぁ…
って必ず復活して欲しいんですが〜私がフットワーク良く動けるうちに(笑)
2008.04.18 Friday 11:13 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< | 3 / 9 PAGES | >>