<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

『不運な女神』 唯川恵 文藝春秋

不運な女神
不運な女神

8篇の短篇集。
決して幸せではない女性。人を羨んだり、恨んだりする毎日。自分を追い込んでしまうけど、ふと立ち止まった時、何かが見える。不幸だと思う日々もそれでも明日は来る、といった「前に進む女性」達を8編の中で描いている。

どの話も良かったが「凪の風景」「枇杷」「帰省」は、ジーンと来るものがある。

各編に登場する人物は、所々にリンクして出てくる。一つの話の中に映る登場人物達の後ろに何気に映ってる人にも、その人を主人公とした話がある。人それぞれの物語がある…というのが、面白く読めた。

特にドラマチックな話ではないけれど、物事を不幸と受け取れば不幸になるように、主人公達のように前を見つめる受け止め方が出来れば、不運なだけで、不幸ではない。
読了後は爽やかだ。

9点
2004.04.18 Sunday 23:12 | comments(2) | trackbacks(0) | 

『パーフェクト・プラン』  柳原慧   宝島社

パーフェクト・プラン
パーフェクト・プラン

第2回『このミステリーが凄い!』大賞、大賞受賞作
「身代金ゼロ!」せしめる金は5億円!の帯の言葉に惹かれる。
どうやったらそんな大金が手に入るのか・・・。
誘拐・虐待・代理母・ハッキング・・・など次から次へ面白いネタが出てくる。
登場人物が移動し始めた時は、トラベル物か?とも思ったが・・・笑
登場人物の設定がハッキリ出ていて面白く感じたのだけど、出てくるだけで、あまり動かない、広く浅く・・・という風に感じた。
メインである誘拐とハッキングは最後まで一応通してあった気がするが、
フラフラ色んな話題を見ながらラストに付いた感じがする。
多分登場人物が設定だけで、目立つ動きも印象に残る言葉も発してないからだと。特に女刑事は、ちょっと酷いなと思う。
とはいえ、ラストはキチンと落ち着くのでいいかな(いいのか?)最初のツカミは良かったので、後はグイグイ読めた。

あと、選評者のコメントが最後に載っていたが、
こちらの方が駄目だな・・と感じた。本文の話の内容とは別の、
後味悪さが残った。

7点
――2006.1.25加筆しました。
2004.04.10 Saturday 23:22 | comments(2) | trackbacks(5) | 

『家族力』 山本一力 文藝春秋

家族力
家族力

3度の結婚や多額の借金を抱えながらの直木賞受賞。
作家になった時に感じた家族の力、また受賞作『あかね空』を
書いたことで感じた人の暖かさ、もう嘘は付かないと素直に
自分の生い立ちを赤裸々に書き上げたエッセイ。

私か一力さんを知ったのは直木賞授賞にあたり、日本TVが一力さんを
追い掛けたドキュメント番組を見た時だ。
50代と30代の夫婦に小学生の男の子2人がホットプレートで
お好み焼きを焼きながら夕食を取る。質素に生活、家族での移動は
自転車4人つならって走る映像は、当時本を読み漁っていた私には
作家イメージを変える映像で、直木賞の重みを改めて知るものだった。

また、授賞式会場まで家族4人が自転車を連ねて走るシーンは他局でも流れた。
インタビューには家族のおかげだ、と、しきりに言っていた・・
その訳をこの本で知った。家族について書かれた『あかね空』。
2度の結婚の失敗・自分の生い立ちが決して順調ではなかったが、
そのおかげで今がある。
家族を持って改めて自分の親を見つめる、とっても素直に書かれたエッセイだった。
2004.04.04 Sunday 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) | 

『風流冷飯伝』 米村圭伍 新潮文庫

風流冷飯伝
風流冷飯伝

一八が江戸からはるばるやって来た所は四国讃岐にある風見藩。
よそ者とすぐ分かるのか皆にジロジロ見られると思ったら、この藩では、男は城を左回りに、女は城を右回りに回って歩かなければならない、という定めや奇妙な取り決めが多くあるのだという。
一八が最初に知り合った飛旗数馬は藩士の次男坊。家禄を継げないため冷飯食いと呼ばれ、暇な時間をつぶす数馬に一八は、ある理由で一緒に過ごすことになる。。

せっかちで、人を疑って見てしまう一八が数馬のペースに巻き込まれ、数馬の友人達との出会い、急に将棋の勝負が藩内で行われるあたりから、少しずつ変わって行く。
冷や飯食いと呼ばれる次男、三男坊たち。家禄は継げないが、それぞれに長所があり存在に意味があるのと・・・落語調でのんびり穏やかに時間の流れの中で描かれている。

8点
2004.01.17 Saturday 14:39 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< | 2 / 2 PAGES |