<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

『空飛ぶタイヤ』 池井戸 潤  実業之日本社

空飛ぶタイヤ
空飛ぶタイヤ オススメ♪

トレーラーの走行中に外れたタイヤは凶器と化し、通りがかりの母子を襲った。タイヤが飛んだ原因は「整備不良」なのか、それとも…。自動車会社、銀行、警察、週刊誌記者、被害者の家族…事故に関わった人それぞれの思惑と苦悩。そして「容疑者」と目された運送会社の社長が、家族・仲間とともにたったひとつの事故の真相に迫る、果てなき試練と格闘の数か月。

話は赤松運送のトラックのタイヤが外れ死者が出てしまうという最悪の状況から始まる。それは整備不要という事故として扱われるところだったが赤松社長の社員達の丁寧な作業振りから、事故の原因はメーカーにあるのではと疑い始めるわけだが…。
タイヤが飛ぶ…リコール隠し…プライドと体裁、組織の中の確執・しがらみ・対決、そして偽造…。今世間で騒がしている事件や話題を集約したような話になっている。特に大企業・○菱財閥…まさにタイムリー。
自動車メーカーの不信・会社運営・銀行からの請求・警察の対応・子どものいじめやPTAからの追及・雑誌社からの情報・同じ整備不良とされた会社への訪問と、問題は次から次へと勃発し、赤松社長は息着く暇もなく走り回わる。
父の代から受け継いだ社員たちの信頼を力とし、本当に大事にしなければならない本質を、心揺れながらも回りに支えられ突き進んでいく。大きな企業へ無駄な抵抗と思われていたことも社長の熱心な行動により銀行も雑誌社もそして同業者たちを、味方につけ立ち向かっていく姿が良かった。
 
>>10点

実にリアルだがここまで元が分かってしまってもいいのだろうか〜なんて思ってしまうが池井戸さんは旧三○銀行勤務〜だったそうだ。(なるほど)
〜〜で、池井戸さんのHPを覗かせて頂いたら、2006年12月16日(土)にこの小説のその後にあたる【三菱自動車の虚偽報告事件】 について日記で触れられていた。
事実はまだまだ本当の悪党は罰せられないようだ…。
2007.02.06 Tuesday 09:54 | comments(2) | trackbacks(4) | 
<< CD『HITS 1 FUSION 』 | main | 『たぶん最後の御挨拶』  東野 圭吾  文藝春秋 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2018.09.16 Sunday 09:54 | - | - | 
ゆこりん (2007/02/06 2:20 PM)
こんにちは。ごぶさたしています(^^;
この本、すごくよかったですよね。
私も五つ星、オススメにしたんです。
それにしても、大企業の傲慢ともいえる
態度は許せないですね。
みかん (2007/02/06 9:29 PM)
ゆこりんさん、こんばんは♪
コチラこそご無沙汰してます。
私利私欲のために企業全体を左右
してしまうなんで酷いですよね。
小説でも社長だけでは太刀打ち出来なかったかもしれない。でも力を合わせれば壁は乗り越えられるんですよね。
旦那にも読ませたい一冊です。









空飛ぶタイヤ 池井戸潤
運送会社のトレーラーのタイヤが脱落し、歩いていた親子を直撃。死傷事故に至ってしまった。 果たして、事故原因は運送会社の整備不良にあったのか? まだ記憶に新しい大手自動車会社のリコール隠し事件をモチーフとして、事件に携わった人々の苦悩に満ちた日々を描く
| かみさまの贈りもの〜読書日記〜 | 2007/02/06 7:22 PM |
空飛ぶタイヤ
空飛ぶタイヤ 池井戸潤著 10点 2007年の2冊目 ゆるい下り坂でブレーキをかける。ギミックな音をたてて、車が突然左に傾く。黒い影が坂を転がる。その黒い影が、若いお母さんの背中を襲う。その車の横には、赤松運送と書かれていた。人生最悪の日々の始まりだ
| かいくんの読書日記+α | 2007/02/08 10:04 AM |
空飛ぶタイヤ
空飛ぶタイヤ池井戸 潤 (2006/09/15)実業之日本社この商品の詳細を見る 赤松運送のトレーラーのタイヤが外れ、歩いていた母子にぶつかり母親が死亡した。 警察でも整備不良を疑われ、社長の赤松は落ち度がないと自信を持ってい
| 本読み日記 | 2007/02/13 12:39 AM |
「空飛ぶタイヤ」池井戸潤
タイトル:空飛ぶタイヤ 著者  :池井戸潤 出版社 :実業之日本社 読書期間:2007/07/17 - 2007/07/20 お勧め度:★★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] トレーラーの走行中に外れたタイヤは凶器と化し、通りがかりの母子を襲った。タイヤが飛んだ原因
| AOCHAN-Blog | 2007/09/20 9:06 PM |