<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

『使命と魂のリミット』  東野 圭吾  新潮社

使命と魂のリミット
使命と魂のリミット

心臓外科医を目指す夕紀は、誰にも言えないある目的を胸に秘めていた。その目的を果たすべき日に、手術室を前代未聞の危機が襲う。あの日、手術室で何があったのか? 今日、何が起きるのか? 心の限界に挑む医学サスペンス。

若くして父を亡くした研修生の夕紀、その父の元同僚七尾、そしてもう1人の男性からの視点で描く物語なのですが、タイトル通り使命という言葉が何度も出てきます。
その一つに
「人間というのは、その人にしか果たせない使命というものを持っている」
という夕紀に向けて言った父親の言葉。
夕紀の使命とは…とともに、登場人物たちの使命というのは…?。

物語としては綺麗にまとまり終わってしまうので物足りなさは感じますが、医療サスペンスなのに読みやすく上手いです。
ストーリーから、「使命」という言葉を読み手に投げかけたのに上手さを感じました。

8点
2009.05.25 Monday 22:52 | comments(0) | trackbacks(5) | 
<< ■未完成日記2009■4月分まとめ。 | main | 『訪問者ぶたぶた』 矢崎 存美 光文社文庫 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.06.18 Sunday 22:52 | - | - | 









【使命と魂のリミット】 東野 圭吾 著
最初の「疑問」が、「疑惑」になり、そして条件が重なっていくことにより、「確信」になる… そのとき、氷室夕紀は、、、 《心臓外科医を目指す夕紀は、誰にも言えないある目的を胸に秘めていた。その目的を果たすべき日に、手術室を前代未聞の危機が襲う。心の限界
| じゅずじの旦那 | 2009/06/15 4:29 PM |
使命と魂のリミット 東野圭吾
装幀は新潮社装幀室。 週刊新潮2004年12月30日・2005年1月6日合併号から2005年11月24日号連載。 「人間というのは、...
| 粋な提案 | 2009/06/16 12:47 AM |
使命と魂のリミット*東野圭吾
☆☆☆☆・ 使命と魂のリミット東野 圭吾 (2006/12/06)新潮社 この商品の詳細を見る 心臓外科医を目指す夕紀は、誰にも言えないある目的を胸に秘...
| +++ こんな一冊 +++ | 2009/06/16 6:46 AM |
使命と魂のリミット
東野圭吾 著
| Akira's VOICE | 2009/06/16 10:12 AM |
使命と魂のリミット 東野圭吾
大学病院を舞台に繰り広げられた危機迫る事件と、父の術死に疑惑を抱いていた心臓外科医を目指す女性の秘めた思いを描いた医学サスペンス。 犯人探しや謎解きを楽しむというよりも、人間ドラマを説いた作品であり、そのためか緊迫感には欠け、淡々と読み進められた作品
| かみさまの贈りもの〜読書日記〜 | 2009/06/18 8:36 AM |