<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

『震度0』 横山秀夫 朝日新聞社

震度0
震度0

阪神大震災のさなか、700km離れたN県警本部の警務課長の不破義人が失踪した。県警の事情に精通し、人望も厚い不破がなぜ姿を消したのか? 本部長の椎野勝巳をはじめ、椎野と敵対するキャリア組の冬木警務部長、準キャリアの堀川警備部長、叩き上げの藤巻刑事部長など、県警幹部の利害と思惑が錯綜する。ホステス殺し、交通違反のもみ消し、四年前の選挙違反事件なども絡まり、解決の糸口がなかなか掴めない……。(amazonより)

横山さん得意の警察ものですが、今回は県警トップクラスの六人が自分の保身と出世のために、権力の拮抗した間柄で攻めぎあいます。
しかし、この物語は阪神大震災当日が舞台となってます。日本中が地震に慄きパニックになっている最中なのに、この県警の内部だけが全く別の空間に居るようです。

…そう、この身勝手で自分のことしか考えられない男達とその妻達…そして唯一真面目で人望も厚かったのが失踪した不破だった。
県警の面子をかけてもこの失態を隠したい…また不破から漏れると困ること、それも防ぎたいと腹の探りあいが始まるのだが。。。

本当に出てくる人すべてが腹黒いというか好きになれない人ばかりでイライラしてきます。この奥さん達も幼稚な描かれ方でウザッたい人たちばかりなんですよね。思考や感覚が麻痺したような、でも閉鎖的な環境に居る人たちの歪みみたいなのが伝わってきます。
また不破の足取りを調べていくうちに、調べている側のボロも出てきてしまったりと実に大人気ない駆け引きの連続です。

そして不破の奥さんが言うのです。
一生懸命役所の為に働いてきたのに、いざとなったら誰も不破を心配してくれない…』と。
これなんですよね。
震災が起ころうが不破が居なくなろうが、家族が病気になろうが…自分しかないのです。

震災とこの物語とつながる部分は殆どありませんが、『槍が降ろうが周りで何が起ころうが自分に直接掛かること意外はまるで見えてないこの人たち』を表現したかったのだと思います。。タイトルは幾つかに掛けてあるのですが上手いと思います。

しかし…本当にいい人が出てきません。実にムカムカするんですよね…それが狙いなんでしょうけど。あと、いわゆるオチの部分が弱いというか、不破がありえない場所に居たこと…なんですよね…。
ここで見事にキメてくれてたらそれまでのドロドロが生きてくるのでは…なんて感じました。(←偉そうに書いてスイマセン…)

8点
2006.09.03 Sunday 21:47 | comments(4) | trackbacks(7) | 
<< 『空色の地図』  梨屋 アリエ 金の星社 | main | CD『1981〜1987』 角松敏生 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2018.11.09 Friday 21:47 | - | - | 
藍色 (2006/09/06 5:58 PM)
みかんさん、こんばんは。
久しぶりの横山さんの警察もの、期待して読んだのですが
このドロドロさに後味が悪くてガッカリでした。
レビュー書かないわけにもいかなくて、警告として書きました。
みかん (2006/09/07 12:42 AM)
藍色さん、こんばんは♪
TB&コメントありがとうございました。

本当…後味の悪さは感じましたね。
救いの部分がないと、ただ不愉快さだけが残ってしまいますよね。
レビューでも書きましたが、不破の居た場所が…ある意味ビックリしましたけど、ミステリーの部分としてはちょっと反則のように感じました。。。
ゆうき (2006/09/07 5:40 AM)
こんにちは。TBありがとうございました。
もう、本当におっしゃるとおり!
登場人物がみんな自己中で幼稚で、
人間関係がドロドロで、超後味が悪くても、
ミステリーとしてビシッとしていてくれれば、
もう少し、評判も良かったんじゃないかなあ。
不破の居た場所、ありえませんよね〜。
なんだ、そりゃあ・・・っていうエンディイング。
・・・まあ、次作に期待しましょう。
みかん (2006/09/07 9:35 AM)
ゆうきさん、こんにちは♪
TB&コメントありがとうございます。

>ミステリーとしてビシッとしていてくれれば、
もう少し、評判も良かったんじゃないかなあ。

!(ーー;)そうなんですよね〜。横山さんのファンだからこそ納得出来なかったりして。。

でもこれで横山さんの作品全部を否定するわけではないので、これからも警察・刑事モノをドンドン書いて欲しいです。









震度0(ゼロ)、横山秀夫
装幀は井上則人。 「陰の季節」で松本清張賞、「動機」で日本推理作家協会賞短編部門賞を受賞。主な作品「半落ち」「クライマーズ・ハイ」「出口のない海」「ルパンの消息」など。 小説トリッパー2002年夏季号から冬期号、
| 粋な提案 | 2006/09/06 5:58 PM |
「震度0」横山秀夫
タイトル:震度0 著者  :横山秀夫 出版社 :朝日新聞社 読書期間:2005/07/24 - 2005/07/25 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 阪神大震災のさなか、700?離れたN県警本部の警務課長の不破義人が失踪した。県警の事情に精通し、人望も厚い
| AOCHAN-Blog | 2006/09/06 9:45 PM |
▲ 震度0 横山秀夫
震度0横山 秀夫 朝日新聞社 2005-07-15by G-Tools , 2006/04/19 阪神大震災のおこった日のこと。N県警では1人の幹部が失踪しました。なぜ彼は消えてしまったのか、生きているのか、死んでいるのか。なにもわからないまま、N県警幹部6人は、この不祥事を隠蔽
| 本を読んだら・・・by ゆうき | 2006/09/07 5:37 AM |
「震度0」(横山秀夫著)
 今回は 「震度0」 横山 秀夫著 です。
| たりぃの読書三昧な日々 | 2006/09/08 9:20 PM |
<時間があれば>『震度0』 横山秀夫 (朝日新聞社)
震度0横山 秀夫 / 朝日新聞社(2005/07/15)Amazonランキング:3,621位Amazonおすすめ度:失望警察内部の醜悪な人間模様はちょっともう…『第三の時効』のキレはない『半落ち』路線の本Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog 警察小説というジャンルに
| 活字中毒日記! | 2006/09/09 1:19 AM |
【横山秀夫】震度0
 横山秀夫といえば警察小説だが、記憶違いでなければ中でも唯一の長編作品。青島刑事の名ゼリフを思い出す。「事件は現場で起きてるんじゃない。会議室で起きてるんだ!」 ん?逆だっけか。本書はそんな話なのである。 朝日新聞社 2005/7/30 第 1 刷発行  1995
| higeruの大活字読書録 | 2008/01/19 12:16 PM |
横山秀夫『震度0』
震度0 (朝日文庫 よ 15-1) (朝日文庫)横山 秀夫朝日新聞出版このアイテムの詳細を見る 今回は、横山秀夫『震度0』を紹介します。阪神大震災の最中に、N県警警務課長の不破が姿を消した。その手がかりを得るための、6人の最高幹部たち各々の思惑と駆け引きがあって面白
| itchy1976の日記 | 2009/02/17 8:36 PM |