<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

『そろそろくる』 中島たい子  集英社

そろそろくる
そろそろくる

PMS(月経前症候群)の為に情緒不安定になるイラストレーターの主人公。そのフラストレーションと子どもの頃のトラウマを未だ引きずるが…彼や妹の娘や友人などの言葉などから徐々に自分自身の病気と向き合えるようになる。

PMSという言葉は知っているが、このように心が揺れたり不安定になるんですね。女性なら不愉快な日々を送らなければならないのですが…周りの人にも理解されると、すこし安心と言うかユックリも出来る…主人公の女性も30歳を過ぎてやっと気付き自分だけではないと少し心も軽くなるけれど…。
読み手として、PMSを理解する事が相手にも自分自身を楽にさせてくれる。
前作『漢方小説』もだけれど、即効性のある解決ではないけれど、ジワジワ効いてくる…心に優しい物語となっていた。

「そろそろくる」…実に的を得たタイトルです。

7点
2006.05.18 Thursday 08:56 | comments(4) | trackbacks(7) | 
<< DVD『SHINOBI』 | main | 『泳いで帰れ』 奥田英朗 光文社 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2019.12.12 Thursday 08:56 | - | - | 
chiekoa (2006/05/24 12:39 PM)
TBありがとうございました!

私もこのタイトルはすばらしい…と思いました。でも最初、「生理に関する物語」ってことだけ知っててこのタイトルを聞いたとき、「…閉経が?」って思った私がいます。ごめんなさい…。

ほんとうに、心に優しい物語でした!
なな (2006/05/24 10:33 PM)
はじめまして。
TBありがとうございました。

タイトルは本当に的を得ていますよね。
この本を読んでから「あっそろそろくるぞ!」って使っています。
みかん (2006/05/25 10:02 PM)
chiekoaさん、こんばんは♪
TB&コメントありがとうございます。
(^^ゞあはは…私もそう思ってました(爆)

そろそろ…っていうのがピッタリきますよね。
女性のデリケートな気持ちというか不安定さがよく表現されてる本でしたね。。

みかん (2006/05/25 10:07 PM)
ななさん、(* '-')ノ ハジメマシテ☆
TB&コメントありがとうございました。

的を得てますよね…上手いなぁ(笑)
「あっそろそろくるぞ!」
…私も使いそうです。
毎月この本を思い出すかも。
来てほしくないけど、来ないと困る。。
乙女心は複雑です…(^^)









「そろそろくる」中島たい子
そろそろくる発売元: 集英社価格: ¥ 1,260発売日: 2006/03posted with Socialtunes at 2006/05/21 いや、感想書きづらいねえ、これ。 ぶりっこするかおばちゃんと化すか、で全然違うやん? ぶりっこして、「PMSってご存知ですか、えっとぉ、ネットで調べてくださ
| 本を読む女。改訂版 | 2006/05/23 12:00 AM |
そろそろくる 中島たい子
30歳を過ぎたイラストレーターが、女性特有の病気・PMS(月経前症候群)と向き合いながら、恋をする姿を描く。 PMS時における主人公の行動や心理がうまく描かれていて、イライラや過食など具体的な症状がリアルに伝わってきた。 主人公の微妙に変化する体調に、自分と重
| かみさまの贈りもの〜読書日記〜 | 2006/05/24 9:49 AM |
そろそろくる [中島たい子]
そろそろくる中島 たい子 集英社 2006-03 三十歳を過ぎたイラストレーターの秀子。イライラ、憂鬱、癇癪、過食。これは「PMS」という病気であるらしい。そんな時、ひょんなことから友人の弟と関係を持ってしまった彼女。これもまた病気のせい?!恋に、仕事に、行き詰
| + ChiekoaLibrary + | 2006/05/24 12:38 PM |
中島たい子『そろそろくる』○
 初出「すばる」2005年10月号。『漢方小説』で第28回すばる文学賞を受賞した...
| 駄犬堂書店 : Weblog | 2006/05/24 4:30 PM |
「そろそろくる」中島たい子
そろそろくる 32歳のイラストレーター秀子。仕事はぱっとしない上に、生理が近くなるとイライラ、過食、物忘れ、涙。友人から聞いたPMSという病気が自分にも当てはまるようだ。 タイトル「そろそろくる」って生理がそろそろくるって事なんですね。PMS−月経
| ナナメモ | 2006/05/24 10:34 PM |
中島たい子【そろそろくる】
小学生のころ、予防注射を受ける日の朝は、自宅で体温を計ってから登校した。 「体温計」「注射」とくると、なんとなく病人になったような気がして、帰宅してから弟や妹と遊ぶのも静かなものであった。なんと単純な小学生の私
| ぱんどら日記 | 2006/06/20 11:38 AM |
■ そろそろくる 中島たい子
そろそろくる 中島 たい子 集英社 2006-03 三十歳を過ぎたイラストレーターの私。仕事もちょっとうまくいかないが、「そろそろくる」ころ、むきかけのゆで玉子を流しに叩きつけたり、呼吸困難におちいりながら泣きじゃくったり、嗚咽しながら冷蔵庫を開けたり閉め
| 本を読んだら・・・by ゆうき | 2006/07/28 1:36 AM |