<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

■未完成日記2006■4月分まとめ。

[ その他 ]
<<本>>5
『SPEED』 金城一記
『逃亡くそたわけ』 絲山秋子
『なぎさの媚薬〈2〉哲也の青春・圭の青春』 重松 清
『ぼくとひかりと園庭で』 石田衣良
『陰日向に咲く』 劇団ひとり オススメ♪

<<エッセイ・ノンフィクション・他>>8
『強気な小心者ちゃん〈2〉』 鈴木ともこ 
『ひどい感じ―父・井上光晴』 井上荒野
『ダーリンは外国人2』 小栗左多里
『夕凪の街桜の国』 こうの 史代
『小悩みさん』 小林 光恵
『母に習えばウマウマごはん』 小栗左多里
『短編小説のレシピ』 阿刀田 高
『ミステリ十二か月』 北村 薫

<<ビデオ・DVD>>5
『名探偵コナン 水平線上の陰謀(ストラテジー)』
『みうらじゅん・いとうせいこうのTV見仏記2 滋賀/奈良編』
『みうらじゅん いとうせいこう TV見仏記3 南山城/宇治・伏見編』
『爆笑オンエアバトル  パペットマペット』
『頭文字[イニシャル]D THE MOVIE』

<<音楽>>2
『HOT MENU』 スターダストレビュー
『WAVE』 杏里

…と冴えない冊数でした。仕方ない。
読むペースも落ちたままなので、少ない冊数/外れ無しで読んでいきたい(笑)
どこのだれかが、
「映画はボーッとしていても勝手にラストまで見れるが、読書は自分で読まなければラストも分からないし、読み終えられない。読書とは自分を試していることだ…」
などと言っていた。。
確かに自分で進むしかないのである。挫折すればそれまで…。


……なるほど。


ところでどこで誰が言ってたんだっけ??
2006.04.30 Sunday 00:51 | comments(2) | trackbacks(0) | 
<< 『陰日向に咲く』 劇団ひとり 幻冬舎 | main | 『きみの友だち』 重松 清 新潮社 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2020.07.07 Tuesday 00:51 | - | - | 
ディック (2006/05/02 8:08 AM)
>…と冴えない冊数でした。仕方ない。

それにしても、本だけで13冊。2日で2冊は結構なハイペースだと思いますよ。
今週はゴールデン・ウィークですが、ぼくの場合、通勤がないと読書量が激減するパターンです。
みかん (2006/05/03 12:12 PM)
そうですね〜読みたいと思ってた小説はあまり読めず、新しく直感で選んだ本は読めた…という感じでしょうか。小説などは腰を据えて読みたいと思うので片手間では読めないんですよね。

ディックさんの読書タイムは通勤時間なのですね。かえって電車とかの方が集中して読めるのかも…。
私は深夜読むことが多いのですが…最近良く眠れるので(笑)