<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

『マドンナ』 奥田英朗  講談社文庫(再読)

マドンナ
マドンナ

四十にして、大いに惑う、痛快オフィス小説。

5編の短編集。
バブル期に入社して以来バリバリ出世コースで働いてきた40代の課長達5人が、純愛妄想や上司や妻子たちの間に挟まれ、悩めば悩むほど空回りし、追い込まれていく。この年になっての初めての苦悩が面白可笑しく描かれている。

「マドンナ」
新しく部下となった若い彼女はまずいことに自分の好みのタイプ、想うだけなら罪にはならぬとその時から片想いが始まるが、そのうちに彼女の身辺が気になり始め近づく男がいるだけでその男に敵意を持ってしまうようになる。。。
いい年の男が中学生並の恋愛心を持ち大人気なく嫉妬心を露わにしたりと、実に面白い。ちょっとのことで浮き足立ったりしたり、ガクンと落ち込んだり(笑)男は単純…を地で演じてしまうところが面白い。

「ボス」
新任の課長は同い年の女性、それもかなり頭も切れて、今まで通例となっていたシキタリなどを一心、課の中を新しく改革していくが、既にその課で長くいた主人公はボスに対して大いに不満を持っていた。
明らかに敵意を見せるが、好きのないボスにコテンパンに返されてしまいへこむ主人公。だが、同世代の妻はボスのことを応援し始めている。納得がいかず反発を続けるのだが…。
私もこれほど完璧に仕事や私生活をこなしてしまう人を見るときっと嫉妬心など持ってしまうだろうが、露骨にそれが出てしまうあたりが大人子どもしちゃってる主人公の面白さというか魅力なんでしょうね。

既にある慣習を壊されていくことを恐れたり、上司と部下との間で体裁を保ちたいと思う部分で板ばさみになったりと、みんなとの調和を保つことが大事と思ってきた40代ならではの主人公達の苦悩が面白く描かれている。この本では男性ばかりの主人公だが女性が読んでも分かる分かると頷きたくなる物語ばかりだ。
元気でバリバリ仕事をしているからこその悩みや葛藤が生まれる訳だが、どういうわけだかここに出てくる話はどれも笑えてしまう話ばかりだ。

あっという間に読め、読了感も良い。
悩んでいる割には決して暗くはならない。
職場で働く男性達を覗いてみましょう。

9点
2006.01.29 Sunday 03:48 | comments(12) | trackbacks(15) | 
<< 『スモールトーク』 絲山秋子  二玄社 | main | 『やっぱり猫が好き』もたいまさこ 室井滋 小林聡美 幻冬舎 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2018.07.17 Tuesday 03:48 | - | - | 
翔ママ (2006/01/30 10:49 PM)
みかんさん、ご無沙汰してます。
奥田さんの新刊で「ガール」というのがでてますよね。こちらは姉妹版みたいなものでしょうか?
 どちらも未読ですが、ちょっと気になってます。
 ではまた。
みかん (2006/01/31 4:06 AM)
翔ママさん、こんばんは♪
コチラこそご無沙汰してます(^^ゞ

両方読みましたが2冊とも短編集で、
『マドンナ』が40代サラリーマンが主人公、
『ガール』が30代キャリアウーマンが主人公と、
なっていたので姉妹版で良いと思います。
働く30代独身女性のカッコイイ部分とっちょっと淋しい部分が
見え隠れしていて、それでいて強さも感じられて、
『ガール』もなかなか良かったですよ。
ディック (2006/04/30 6:26 PM)
>悩んでいる割には決して暗くはならない。

それが伊坂さんの持ち味でしょうかね。深刻にならない物語がぼくも好ましく感じます。
みかん (2006/05/01 9:04 AM)
ディックさん、おはようございます。
奥田さんですよ〜(^^)でもどちらも似てるかも。

私も深刻にならない物語が好きです。
悲しいやら泣かせる話……を越えたモノやメッセージが
あると、読んでいて何か感じられたり得られたりしますよね。
この作品にはソレがあるように思います。。
ディック (2006/05/02 8:11 AM)
作家名間違い、ごめんなさい。これは勘違いでなく単純ミス。ぼくも読んだばかりですから(^^;)。

最近は、伊坂さん、奥田さん、萩原さん の男性作家御三家にはまってます。どれを読んでも水準以上なんですもの。
みかん (2006/05/03 12:29 PM)
私も読み始めの頃は奥田さんと荻原さん、よく間違えました。どちらもクスリと笑わせたり、反対にとても深刻なテーマを扱ったりしますからね〜(^^)。

>どれを読んでも水準以上なんですもの。

〜ですよね!男性作家御三家の作品は安心して手に取れます。この三人は何年後もずっと残っていく作家さんだと思います。。それに私たちと同世代の作家さんですし、共感しやすいのかもしれませんね。
ミチ (2006/05/03 9:06 PM)
こんにちは♪
TBさせていただきました。
「ガール」も「マドンナ」も面白かったです!
奥田さんの作品はいつも夫婦揃って楽しんでいます。
女性のことをなかなか分かっていらっしゃるな〜と思いました(笑)
桜井 (2006/05/04 10:44 AM)
ご無沙汰しております。
TB、しっぱなしですみません。
これからも少しずつ更新していく予定ですので、宜しくお願いします。
コメント等後からになることも多いと思いますが、ご容赦くださいませ。

最近の本の情報に疎いので、少しずつ皆さんのブログを巡って読むものを見つけているところです★
みかん (2006/05/05 1:45 PM)
ミチさん、こんにちは♪
TB&コメントありがとうございます。
単品でも面白いのですが、セットでも面白いですよね。
両方とも自分をシンクロさせて読んでしまいました。
『マドンナ』は、こんな女性だったらいいなぁ〜と
手の届きそうな理想の女性ばかりでしたね。
女性の気持ちがよく判ってらっしゃる。

みかん (2006/05/05 1:55 PM)
桜井さん、こんにちは♪
TB&コメントありがとうございます。

こちらこそ、元気に戻られたようで安心しました。ご無理の無いよう続けてくださいね。

このブログに関してはブロガ−さん自身の判断で〜と思ってますのでTB返しやコメントは気にしないで下さいね(^^)
キューピー (2007/11/22 9:02 PM)
読んでいて、とても楽しかったです。
作家なのに会社の内情に詳しかったり、男なのに女がわかったり、奥田さんてすごいと感心してしまいます。
みかん (2007/11/23 1:18 AM)
>キューピーさん
とっても身近な話題だけど納得できる内容ですよね。
男性なのに女性の心理が判るなんて…
奥田さん恐るべしです…(^^ゞ









マドンナ
『マドンナ』(奥田英朗著、講談社文庫)を読んだ。 立て続けに奥田英朗。 この人、上手い。かなり上手い!何がって、読んでる側を引きずり込むのが上手い。物語に没入してしまうだけじゃなく、ついつい登場人物に感情移入してしまう。 『マドンナ』は短篇集だ。
| 79r.p.m | 2006/02/13 11:40 AM |
マドンナ / 奥田英朗
この著者が直木賞を受賞する2週間程前に書店店頭で目にした装丁と帯のキャッチに引かれて購入した1冊である。 平積みされていたのは、きっと直木賞候補になっていたからだろう。何も知らず買った私である。これでも趣味は読書だ。 話を本筋へ戻す。 「いか
| 書庫  〜30代、女の本棚〜 | 2006/05/03 11:13 AM |
「ガール」 「マドンナ」奥田英朗
{/book/}「ガール」奥田英朗 ★★★★ 30代キャリア女性たちの喜怒哀楽を描いた短編集。 奥田さんは言う「三十代女性って今一番プレッシャーにさらされているように見える。晩婚化や少子化の責任も押し付けられてかわいそうだからエールを送りたいと思った。」 職場
| ミチの雑記帳 | 2006/05/03 9:03 PM |
マドンナ
********************************************************************** 42歳の課長さん、17歳年下のキャリアガールに恋をする。 おたくの職場、どうよ?ユーモアとリアリティ。 ********************************************************************** 中間管理
| 気楽に♪気ままに♪のんびりと♪ | 2006/09/02 4:51 PM |
読書:マドンナ(奥田 英朗)
マドンナ(奥田 英朗) 「たまには来てもいいけど」「はい、たまには来ます」 あまりにも普通にいそうな課長さん達、中間管理職として、父としての悩みの数々。課長さん一人称でストーリーは進んでいきますが、共感するのは周囲の人々かな。 いるよねーこうい
| 駒吉の日記 | 2006/09/05 5:19 PM |
「マドンナ」奥田英朗
タイトル:マドンナ 著者  :奥田英朗 出版社 :講談社文庫 読書期間:2006/06/14 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 人事異動で新しい部下がやってきた。入社四年目の彼女は、素直で有能、その上、まずいことに好みのタイプ。苦しい片思
| AOCHAN-Blog | 2006/09/05 8:35 PM |
マドンナ 奥田英朗
人事異動で部下となる女子社員に恋心を抱く部長など、大企業の中間管理職を主役においた5つの短編集。 部下である男子社員への嫉妬、女性上司に就く男性社員や、配属先でお飾り部長を勤めなければならないやり手の幹部の心情が見事に描かれていて、読み手のこちらにも
| かみさまの贈りもの〜読書日記〜 | 2006/09/06 12:50 PM |
奥田英朗【マドンナ】
ハタチやそこらの若者ならば、人を好きになったら自分を好きになってもらって相思相愛になり、手をつないでキスして抱き合えたら、このうえもなく幸せだろう。 それは動物の本能と生理にのっとった、自然な行動でも
| ぱんどら日記 | 2006/09/08 11:44 AM |
マドンナ 奥田英朗
マドンナ この本は 「まったり読書日記」のエビノートさん 「じゅずじの旦那」のjuzjiさん 「新けろりーな王国」のけろりーなさん に勧めてもらいました。 ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 「ガール」を先に読んでOL気分を味わったのだけど、今回
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2006/09/11 2:42 PM |
マドンナ
奥田 英朗 マドンナ [要旨] 42歳の課長さん、17歳年下のキャリアガールに恋をする。おたくの職場、どうよ?ユーモアとリアリティ。新オフィス小説。? やぎっちょさん のところから拾ってきました。 本の趣味があうらしく、よく拾わさせていた
| 乱読日記 | 2006/11/01 8:52 PM |
マドンナ<奥田英朗>−(本:2006年3冊目)−
講談社 (2002/10) ASIN: 4062114852 評価:90点 中間管理職はつらい、などという言葉はよく聞くが、あまり実感したことはない。 しかし、それは面の皮の厚さや、心臓に生えている毛の量ではほとんど負けたことがないというド厚かましい私だからであって、世の中
| デコ親父はいつも減量中 | 2007/01/06 2:21 PM |
マドンナ/奥田英郎
マドンナ ガールがおもしろかったので読んでみました。 こちらは40代男性のお話です。 マドンナ 42歳の課長が新しく課に配属された25〜6の女のコに恋をしてしまうお話。 なんだかこの課長さんが可愛らしくて 42歳の課長も恋をすると思うと親近感が湧
| 女子大生naliceのタイムリミット | 2007/01/10 7:45 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/01/25 2:57 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/01/25 3:46 PM |
『マドンナ』 奥田英朗
「マドンナ」 部下に自分好みの女の子がいると、なんだか仕事がやりづらい、 という純情な課長さんの片思い物語。 爽やかな読後感! ケータイ小説家にこんな小説が書けるか? 「ダンス」 高校生になる息子が、将来ダンサーになりたいと言い出した。 もちろん、
| キューピーヘアーのたらたら日記 | 2007/11/22 9:04 PM |