<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

DVD『パッチギ!』 

パッチギ ! スタンダード・エディション
パッチギ ! (2005/日本) オススメ♪

1968年の京都。東高校2年の松山康介はある日、担任の布川先生から指示を受け、常日頃争いの絶えない朝鮮高校へ親善サッカーの試合を申し込みに行くハメになった。そして、親友の紀男と共に恐る恐る朝鮮高を訪れた康介は、音楽室でフルートを吹くキョンジャという女生徒に一目惚れしてしまう。間もなく彼女の兄が朝鮮高の番長アンソンであることも知る康介。それでも彼はキョンジャと仲良くなるため、楽器店で知り合った坂崎からキョンジャが演奏していた『イムジン河』という曲を習い、彼女の前でギターで弾こうと決意するのだが…。
************************
この映画を見たのはチョット前なんだけど感想を書くのにとても躊躇ってしまう。こういう捉え方でいいのかどうか分からないから。
残念ながらこの時代のことはよく知らない。学生運動が激しく、フォークにロックにと音楽が流行で誰も彼もがギターを手にした熱くて元気のいい時代と思う。

朝鮮学校の高校生達を通して在日朝鮮人の姿や暮らしぶり、そして日本人に対しての考え方が結構ストレートに描かれてた。また主人公の康介が恋ごころを持つことによって在日朝鮮人の人たちに歩み寄ろうとする。そのキッカケを国境のない音楽で、というのが高校生らしくて良かった。康介達は妙に平和ボケしているし、在日朝鮮人の男の子は血の気の多い…しかし、これも同じ高校生という大人びたところと幼さが同時にある年頃の男の子に変わりなかった。

この映画内で『無知こそ罪だ』と言っていたが、私はこの映画で知らなかった事をたくさん突きつけられた。もちろん映画なのですべてが事実かは分からないが、それでも…である。妙に日本人寄りしていないこの映画には日本人として考えさせるものがたくさんある。葬式のシーンで語る老人の言葉は心に残る。(康介一人に投げかけるには重すぎると思うが、言いたい気持ちが止められなかったんだと理解する)

常に流れる『イムジン河』、同世代の人には胸を打つ曲だと思う。私には曲自体の思い入れはないが歌詞はとても重く響いてくる。
その世代・それぞれの立場によって、感じ方はそれぞれ分かれる気がする。私より若い人たちにはある種のタブーとして触れられずにいた日朝関係として見て欲しいと思う。今の時代なら素直に受け止められる筈、日朝の戦争を知らない世代なら。

オススメ♪

しかし、役者さんたちの韓国語皆さん完璧でしたね。いや、私は韓国語サッパリわかりませんが(苦笑)。このスラスラ出てくる言葉に、リアルさを感じ作品に引き込まれました。
またオダギリジョーの役、良いです(笑)
2006.01.21 Saturday 18:53 | comments(12) | trackbacks(35) | 
<< 『延長戦に入りました』 奥田英朗 幻冬舎文庫 | main | 『レヴォリューションNo.3』 金城 一紀  講談社 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2019.10.03 Thursday 18:53 | - | - | 
cyaz (2006/01/23 12:27 PM)
みかんさん、TBありがとうございましたm( )m文字

昨年劇場で観た邦画の中でベスト1にあげた作品です!
続編も撮るようなので期待したいですね^^
たましょく (2006/01/23 2:32 PM)
 TBありがとうございますm(_ _)m

 この作品を観て、井筒監督が普段から
言ってることが、実際に映像化されてお
り、口うるさいとゆーイメージまで一新
されちゃいましたw

 日韓問題に鋭くメスを入れていると同
時に互いの国にどんな考えの違いがある
のかも伝わってきたと。
みかん (2006/01/23 4:45 PM)
cyazさん、こんにちは。
TB&コメントありがとうございます。

そうです、邦画ベスト1だったので、狙って借りてきたのですが、大当たりでした。
o(@.@)o続編が出るのですか〜!!それは早速クグってこなければ…。楽しみが増えますね♪
みかん (2006/01/23 5:06 PM)
たましょくさん、こんにちは♪
TB&コメントありがとうございます。

井筒作品は『ゲロッパ!』以来の2作品目なのですが、どちらも音楽がとても効果的に使われていて井筒監督は好印象です。

考え方の違いは仕方ありませんよね。お互いに摺り寄せられればいいのでしょうが、それまでの積み重ねからそうもいかないというのが本音でしょうね。それを隠さずに映像にしてしまうのが井筒さんらしいのかもしれません…。
ちか (2006/01/23 9:19 PM)
「フライ……」に引き続き、TBありがとうございます。こちらからも送ります。

私は浅学で、時代背景などの正確さはわからないのですが、
エンターテインメントで笑わせ&泣かせつつも、細かなこだわりや伝えたいことを込めている、「熱い」ストーリーでした。

坂崎役のオダギリジョーも、「河」の中瀬で穏やかに周囲を見ているような雰囲気があり、良かったです。
みかん (2006/01/25 9:55 PM)
ちかさん、こんばんは♪
TB&コメントありがとうございます。

わたしの歳だと懐かしいと思うのは70〜80年代で60年代は一昔になるんですよね。しかし、イメージとして残っている60年代の元気や熱い行動力など、確かにメッセージが伝わってくる熱いストーリーでした。
坂崎さんはみんなより時代を先取りしていた分、自分のしてきた事を振り返るように見てたように思います。
あかん隊 (2006/01/26 10:06 PM)
TBありがとうございました! レスが遅くなって、すみません。
井筒監督、快挙でしたね! 良い映画でした。
オダさまも楽しそうにやってましたし(笑)。
みかん (2006/01/28 5:02 AM)
あかん隊さん、こんばんは♪
TB&コメントありがとうございます。
本当にメッセ−ジが伝わるいい映画でした。
オダさまもノリノリでしたね♪
出番は控えめなのにインパクト大(笑)
キューピーヘアー (2006/06/30 4:58 PM)
TBありがとうございました。
本当に魂が揺すぶられるような映画でした。
沢尻エリカちゃん、可愛かったなあ、、。
恋人にしたいなあ。
(編隊の妄想)
みかん (2006/06/30 8:41 PM)
キューピーヘアーさん、はじめまして♪
TB&コメントありがとうございました。
私は知らなかった事が多く、衝撃的な映画でした。

江尻エリカさんはこの映画で知りましたが、
とても可愛いですね。韓国語?もスンナリ、
素敵な女優さんですね。

…妄想だけなら大丈夫かと…(^^ゞ
jamsession123go (2006/07/17 9:16 PM)
こんにちは、jamsession123goです。
ブログにTBありがとうございました。
映画館で観れなかったのですが、ブログで評判がいいので、観てみました。
難しいテーマをうまく映画化していると思います。
間宮兄弟で観る江尻エリカとはまた違った彼女が観れる映画ですね。
みかん (2006/07/18 9:02 AM)
jamsession123goさん、こんにちは♪
TB&コメントありがとうございました。

一つ間違えると騒動にでもなりそうな内容ですが、上手くまとめて有りましたね。この時代が分かる人もまだ若い人たちにも上手く伝わるような内容だったと思います。
江尻エリカさんは私はこの映画で知ったのですが綺麗でプロの女優さんだと感じました
『間宮兄弟』はレンタルで見ることになりますが今からとても楽しみです。









『パッチギ!』じゃ〜あ!お勧めです♪
監督 共同脚本:井筒和幸 脚本 羽原大介 原案 松山猛「少年Mのイムジン河」(木楽舎刊) 音楽 加
| あいりのCinema cafe | 2006/01/23 10:16 AM |
パッチギ!
フォークに目覚めた康介と,朝鮮学校に通うキョンジャ。 二人の京都青春恋愛物語。
| Akira's VOICE | 2006/01/23 10:37 AM |
パッチギ!
 自腹で見なきゃいけないと思いつつ貯まったポイントで観てしまった。「横山ホットブラザーズはこの時期にはもう活躍していたんだなぁ」と妙なところに感心しつつも、見事な青春映画に仕上がったと感じましたよ!  発売中止という措置を取られた「イムジン河」を二人
| ネタバレ映画館 | 2006/01/23 10:45 AM |
『パッチギ!』(えいwithフォーン)
--------『パッチギ!』とはまた不思議なタイトルだにゃ。 これは井筒監督の映画だよね。 「うん、もうこれは彼の最高傑作。 68年に生きた若者の青春を 現代にまで影を落としている朝鮮問題と絡めて描き、 娯楽性と社会性がみごとなまでに融和。 <これぞ映画>って感じ
| ラムの大通り | 2006/01/23 11:57 AM |
『パッチギ!』(えいwithフォーン)
--------『パッチギ!』とはまた不思議なタイトルだにゃ。 これは井筒監督の映画だよね。 「うん、もうこれは彼の最高傑作。 68年に生きた若者の青春を 現代にまで影を落としている朝鮮問題と絡めて描き、 娯楽性と社会性がみごとなまでに融和。 <これぞ映画>って感じ
| ラムの大通り | 2006/01/23 11:57 AM |
『パッチギ!』再び
-----あれっ、『カナリア』は行かなかったの? 「うん。急にインタビューの仕事が入って もう一度「パッチギ!」を観ておいた方が いいだろうということになったんだ。 この映画は一回紹介してるので、 改めて喋るのは止めるけど、 こんどはディテールまでじっくり観た
| ラムの大通り | 2006/01/23 11:58 AM |
『パッチギ!』
■監督 井筒和幸 ■キャスト 塩屋瞬、高岡蒼佑、沢尻エリカ、楊原京子、オダギリジョー、光石研、笹野高史、余貴美子、前田吟    殴り合ったら、同じ色の血が流れた。  誰かが線を引いたなら、俺が線を消してやる。  歌いたい歌を、歌うんじゃ。  今こそ、愛だせ
| 京の昼寝〜♪ | 2006/01/23 12:05 PM |
2005ベストシネマ15(邦画編)
  2005年は年間101本(洋画66本、邦画35本)の映画を劇場で鑑賞しました〜 僕の感じたことは、昨年に引き続き邦画が非常に検討したなぁというところです 昨年に引き続き洋画・邦画を区別してランキングをしてみました。 それぞれ観る人によって思い入れ
| 京の昼寝〜♪ | 2006/01/23 12:05 PM |
第79回キネ旬ベスト10
 2005年度「キネマ旬報」のベストテンと個人賞が決まりました〜  最初にこのニュースを観たのは会社でお昼休みでしたが、とても嬉しかったです それは井筒監督の『パッチギ!』と『ALWAYS 三丁目の夕日』が1位、2位に入ったからです。  この『パッチ
| 京の昼寝〜♪ | 2006/01/23 12:05 PM |
パッチギ!
「パッチギ!」   2005/日本/監督:井筒和幸 ものすごく深いテーマを笑いに包み込んで さわやかにして、おもろしい青春映画にしたねって感じ。 ロミオとジュリエットというふうに悲恋を押し出してないとこがいい。 恋物語よりも友情の方がいい感じになっている
| 月影の舞 | 2006/01/23 2:08 PM |
パッチギ!
 「レイクサイドマーダーケース」を観てから数時間後、友達と合流して話題の井筒監督最新作「パッチギ!」を観賞。 「パッチギ!」 評価 ★★★★★  実は、井筒監督作品を観るのは、コレがはじめて。今までずーと「虎の門」の自腹のコーナーで井筒監督
| 何を書くんだろー | 2006/01/23 2:33 PM |
「パッチギ!」
「パッチギ!」を観ました、もちろん私も自腹じゃぁ!
| るるる的雑記帳 | 2006/01/23 5:02 PM |
「パッチギ!」
1/25 ユナイテッドシネマとしまえんにて 好きだなあ、こういう映画。 登場人物たちが1968年をガムシャラに一生懸命生きている… その姿に無条件で胸が熱くなります。 監督:井筒和幸 出演:塩谷瞬、高岡蒼佑、沢尻エリカ、楊原京子、尾上寛之、他 60年代・
| こだわりの館blog版 | 2006/01/23 5:58 PM |
パッチギ! 今年の166本目 その2
パッチギ!   年代としては、1968年。 ま、うちとは、ちょっと年代は違うケド、時代考証、完璧ちゃうん?? 最初、「音楽 加藤和彦」て出てきて、???やったんやケド、 すぐにわかったわ。これなんやね。 うち、カラオケで、たまに歌います、フォーク
| 猫姫じゃ | 2006/01/23 7:12 PM |
パッチギ! (2004) 119分
 1968年の京都。東高校2年の松山康介はある日、担任の布川先生から指示を受け、常日頃争いの絶えない朝鮮高校へ親善サッカーの試合を申し込みに行くハメになった。そして、親友の紀男と共に恐る恐る朝鮮高を訪れた康介は、音楽室でフルートを吹くキョンジャという女生
| 極私的映画論+α | 2006/01/23 7:58 PM |
堤幸彦監督と、井筒和幸監督
1月13日(木)晴れ / 『パッチギ!』(試写会) このBlogを始めてから、結構いっぱいいっぱいの生活になってしまって、家でゆっくりテレビを観る時間もなくなってしまっていたのだけれど、今クールは気になるテレビドラマが多くて、本当に困る。今日から始まるフジ
| 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」 | 2006/01/23 9:03 PM |
パッチギ!
井筒和幸監督 68年、京都。川を挟んで在日街と日本人町がある地域を舞台に、在日の少女に片思いする高校生とその周囲のいろいろを、「イムジン河」の歌をモチーフに描く話。 観ていて面白い青春映画でした。笑いと泣かせのバランスがいいのかな。 不良たち
| BUNPITUノHIBI | 2006/01/23 9:10 PM |
パッチギ!
「パッチギ!」★★★★★(盛岡フォーラム2) 2004年日本
| いつか深夜特急に乗って | 2006/01/23 10:06 PM |
パッチギ!
製作国:日本 公開:2005年1月22日 監督:井筒和幸 出演:塩谷瞬、高岡蒼佑、沢尻エリカ、楊原京子、尾上寛之、真木よう子、小出恵介、波岡一喜、オダギリジョー 「こちトラ自腹じゃ!」作品を斬りまくってる井筒監督の作品を鑑賞。パッチギには「頭突き」、そし
| 外部デバイスへの記録 | 2006/01/23 11:34 PM |
「パッチギ」
映画館で観ようと思ってて、見逃した作品をDVDで。 井筒監督が自ら、テレビで宣伝してたよね。 2004年製作の青春ドラマ、119分もの。 あらすじ以下ネタバレ注意↓(反転モード) 60年代の京都。 高校二年の康介はグループサウンズに影響を受けたりしてる普
| ひらりん的映画ブログ | 2006/01/24 2:19 AM |
パッチギ!
第15回 ★★★★☆(劇場)  映画評では悪評高い井筒監督。 「パッチギ!」は良くも悪くもまさに井筒映画。あえて舞台を現代ではなく、1968年にしたおかげで説教臭くない。映画で描かれている時代から時間が経過しているおかげで、タブーがタブーでなく
| まつさんの映画伝道師 | 2006/01/25 3:33 PM |
パッチギ!
オダギリジョーのピッピー姿を拝見するとは思わなかった。 場内も受けていた。暴力シ
| cococo | 2006/01/26 10:07 PM |
「パッチギ!」
井筒監督作は個人的にも当たり外れがあるけれど、この青春ケンカ映画はそこそこ楽しめた。 勉強よりも何よりもけんかに明け暮れてるような熱い青春の時代なんて、あっという間に過ぎるわけだし、多少の無茶や無理も許してもらえるこの時期は成長の過程でとても大切だ
| 雑板屋 | 2006/02/03 4:00 PM |
パッチギ
パッチギ★★★★喧嘩はこうだよ!
| 女ざかり映画日記 | 2006/03/28 11:33 AM |
映画『パッチギ!』
1968年京都、二人を隔てる「イムジン河」を、愛の力で熱唱し、暗くて深い「イムジン河」を愛の力で渡りきる。荒れ狂う時代に咲いた熱い純愛・・・。 物語の中心は朝鮮高校生キョンジャ(沢尻エリカ)と府立東高校生松山康介(塩谷瞬)の恋、・・キョンジャの兄
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2006/04/12 1:50 AM |
パッチギ!・・・・・
パッチギ ! スタンダード・エディション 虎ノ門でおなじみ?井筒監督作品 「パッチギ!」 世間での評価の高い作品なので、かなり期待
| サクサクっと・・・ | 2006/04/12 10:44 PM |
パッチギ
 現在公開中の「パッチギ」を拝見してきました。黒沢清監督が言うように 映画は家でレンタルビデオ借りてきてみるものは映画ではなく、まさに 全く感動しないものもあれば、笑うものもあれば、泣くものもあるまさに 1度限りのライブである。
| 悩み事解決コラム | 2006/05/15 9:47 PM |
パッチギ!
パッチギ ! スタンダード・エディションアーチスト: 塩谷瞬 発売元: ハピネ
| 映画を観る女。 | 2006/05/23 1:53 AM |
パッチギ!
僕の通っていた小学校の校区のはずれ、 田んぼの真ん中に朝鮮学校がありました。 (今はもっと田舎の方に引っ越した。) 悲しいかな当時僕たちは、朝鮮人のことを チャンコロと呼んでいました。 6年生のとき、友達と二人で朝鮮学校のそばを 自転車で走っていた
| キューピーヘアーのたらたら日記 | 2006/06/30 10:50 AM |
パッチギ!
私の周りでとても評判がよく やっとDVDを借りて見ました。 政治的配慮から発売中止となり、 放送も自粛されてきた「イムジン河」が発表された翌年の1968年の京都。 朝鮮学校の少女に一目惚れした日本人高校生の恋の行方と奮闘記。 日本の高校生と朝鮮高校の対立
| 映画、言いたい放題! | 2006/07/17 3:20 PM |
映画のご紹介(105) パッチギ
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(105) パッチギ-イムジン河は 38度線だけにある訳じゃない。 あらすじ(goo映画より) グループ・サウンズ全盛の1968年。京都府立東高校の空手部と、朝鮮高校の番長・アン
| ヒューマン=ブラック・ボックス | 2006/07/17 9:12 PM |
パッチギ!
「全員で来るよ」 冒頭で朝鮮学校の子が修学旅行生に絡まれてて一人の女の子がどこかへ走った時にママが呟きました。 マジで全員で来てびっくりしました。 ホントああいう風だったらしい。朝鮮学校と大阪や京都の学校は仲が悪かったって。ちなみに私のママは大阪人。
| 映画を観たよ | 2006/07/18 4:56 PM |
『パッチギ』
パッチギ! プレミアム・エディション 結構話題になっていたはずの映画。 在日の高校と日本の高校がいがみ合っていて、 在日の番町の妹に恋をする話...というのは 何となく知っていましたが、 こういう展開だとは思っていませんでした。 恋をした主人公が番町の兄貴
| この映画見ないとイ~ヤ~ダ~!! | 2006/08/13 7:12 PM |
真・映画日記『パッチギ!』
5月18日(金)◆445日目◆ あちゃー。やってもうたがなあー。 前の日に「ひとこと塾」ように提出した課題文ね。 下ネタをフルスロットで書いたら…… 添削放棄されちゃた(笑)。 ま、狙いすましたデッドボールだからしゃあないか。 講義終了後
|            | 2007/05/24 7:21 PM |
パッチギ!
 タイトルだけは知っていたので、以前から見てみたいなーと思っていたところ、ちょうどテレビで放送されていたので、録画して見ました。  物語は1968年の京都。東高校の康介(塩谷瞬)は、ひょんなことから近くにある朝鮮高校にサッカーの親善試合を申し込みに行
| Yuhiの読書日記+α | 2007/05/26 2:02 PM |