<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

『延長戦に入りました』 奥田英朗 幻冬舎文庫

延長戦に入りました
延長戦に入りました

92年から97年まで『モノマガジン』に連載したスポーツに関連したエッセイをまとめたもの。

30編以上あるのだが、テレビのスポーツ番組を見ながらあれこれ言う感じに奥田さんのスポーツ考が書かれている。

この頃は長野冬季オリンピックがあったりしたのでその話やら、奥田さんが中学高校としていた剣道と柔道、野球・ボクシング・レスリング・プロレス・ボブスレー…などから図書館のスポーツ紙の取りあいまで。。ユニークな視点で書かれている。

ちょっと古いエッセイなので話に出てくる大会とかももう過去の話、だけど今読むとその時代が見えてきたりするから不思議だ。(イチローがオリックス時代の頃だからね)。

後書きで…スポーツ系の棚に置かれると非常に恐縮するが、文芸書の棚で『邪魔』や『最悪』の横に並んでも…、ということが書かれていた。確かに社会サスペンス小説の横に並ぶには、まるで別の人の作品みたいだ。

女性より男性が読まれるとよりサクサク読めると思う。
もちろん、楽しめる話ばかり。
気軽にどうぞ。
2006.01.20 Friday 00:18 | comments(2) | trackbacks(4) | 
<< 『気まずい二人』 三谷幸喜 角川文庫 | main | DVD『パッチギ!』  >>

スポンサーサイト

[ - ]
2020.07.07 Tuesday 00:18 | - | - | 
Roko (2006/01/23 8:52 PM)
みかんさん☆トラバありがとうございます。
ネタはチト古いですが、古いが故に面白いところも沢山ありました。
あらゆるところに笑いのネタがあるんだなぁって、妙に感心しちゃう本でした。
みかん (2006/01/25 9:28 PM)
Rokoさん、こんばんは♪
TBありがとうございました。
そうですね〜古いぶん、その時だけ盛り上がってた話や、今も活躍されている方の話など面白かったですね。

よくここまで話が膨らむな〜と思いました。ご自身の体験談もあり、楽しめました♪









「延長戦に入りました」(奥田英朗著)
 今回は 「延長戦に入りました」 奥田 英朗著 です。
| たりぃの読書三昧な日々 | 2006/01/22 8:21 PM |
延長戦に入りました
延長戦に入りました 奥田英朗 幻冬舎 このアイテムの詳細を見る  いやぁ、この本はおもしろい!スポーツエッセーなんだけど、普通のスポーツものじゃないんだなぁ!「レスリングのタイツはなぜ乳首をだすのか」とか、「ボブスレーの2番目の人はなにをやってい
| ついてる日記 | 2006/01/23 8:49 PM |
(書評)延長戦に入りました
著者:奥田英朗 延長戦に入りました幻冬舎文庫 これを読んで最初に思うのが「くだら
| たこの感想文 | 2006/01/24 9:44 AM |
奥田英朗『延長戦に入りました』
延長戦に入りました幻冬舎このアイテムの詳細を見る 今回は、奥田英朗『延長戦に入りました』を紹介します。この本は、スポーツエッセイである。例えば、「レスリングのタイツはなぜ乳首を出すのか」などの話が34もある。その話の内容は、いろいろなスポーツについてい
| itchy1976の日記 | 2006/01/29 10:41 AM |