<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

『図書室の海』 恩田陸 新潮文庫

図書室の海
図書室の海

私はあまり恩田さんの作品を読んでいなかったのですが『夜のピクニック』ではヤラレタと感じ、その番外編「ピクニックの準備」が納められているということで手に取ってみました。

10編の短編集。
アンソロジーで発表された作品が数編あるのでホラーやSFタッチの話が多く、ちょっとイメージとは違う印象を持った。が、長編で既に出ている作品の番外編や予告編としての短編もあったので、一種のタイムトリップ的な感じで、全体の纏まりとしては統一出来ていると思う。
ということで「ピクニックの準備」は面白く読めた。勿論本編にもその経緯は書かれているのだが、読了後にこの短編を読むと、このピクニックに掛けた想いがまた伝わってくる。本編に更に深みを増す作品となっていてとても嬉しかった。
「図書室の海」は『六番目の小夜子』の番外編となっているそうだ。私は未読なのだが、この短編を読んで是非『六番目〜』を読んでみたいと思った。ひょっとしたらネタバレ部分を読んでしまってるような気もするが…この魅力的な登場人物を是非見て見たいと思った。
「睡蓮」は『麦の海に沈む果実』とリンクしているそうだ。勿論読んでないからイマイチピンと来ないが。
きっと恩田さんファンにとってはとっても楽しめる短編集に違いない。
ひょっとして私はこの本を読む前にもっと別の作品をチェックしておかなければいけなかったかもしれない…。でも、この本から恩田サンの作品を読むきっかけになるだろうと…多分そうなるだろう。
また数年後この本を引っ張り出せるよう、本棚の手の取りやすい場所にしまっておこう。

8点
2005.10.20 Thursday 00:01 | comments(4) | trackbacks(7) | 
<< 『その日のまえに』 重松清 文藝春秋 | main | ビデオ『静かな生活』 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2018.08.18 Saturday 00:01 | - | - | 
Roko (2005/10/20 10:17 PM)
みかんさん☆トラバありがとうございます。
わたしも恩田さんの作品はまだまだ読んでいない方が多いので、かんばって追いつかねばと思うんですけど、新刊も出ちゃうしね。
全部読むことはできるんだろうか?
みかん (2005/10/20 11:35 PM)
Rokoさん、こんばんは♪
こちらこそありがとうございます!
私も好きな作家さんだと全作品読みたくなるのですが
恩田さんは作品を発表されるペースが早いので(^^ゞ
…追いつけるんでしょうか??
とりあえずシリーズ物?制覇から…笑??

june (2005/10/21 3:55 PM)
みかんさん、こんにちわー
TBありがとうございます。
恩田さんは、作品がリンクしていたり、
予告編のようになっていたりで、
どれから読んだらいいのやら・・という感じです。
私の場合だいぶ読む順番が違っていたようなので、
(発刊順に読むのがいいとすると)
微妙に感想とか違ってくるのかもしれません。
みかん (2005/10/21 7:48 PM)
juneさん、こんにちは。
いつもTBのみでスイマセン。
TB&コメントありがとうございました♪

恩田作品初心者の私としては、どれから読めばいいのか
判らない…というのもあります(^^ゞ。
『ピクニックの準備』は本編を読んでからの方が
感動は増しますが逆だと??かも知れませんね。
出来るだけ発行順に読むのが間違いないと思いますが…
私はシリーズになってるのも知らなかったので、
ちょっと調べてから手に取った方がいいかもしれませんね。。









図書室の海
図書室の海 恩田陸著 9点 2005年の34冊目 短編集のレビューを書くときは苦労する。そりゃーそうだ、だって物語が沢山あるんだもん。その1つ々々の感想を書いていたら、バカみたいに長くなってしまう。だからといって1つだけ選ぶと、これはスカスカの
| かいくんの読書日記+α | 2005/10/20 12:49 PM |
図書室の海
図書室の海 恩田陸 新潮社 このアイテムの詳細を見る  この短編集には2つの楽しみ方があると思うのです。1つ目は、まだ恩田さんの作品を読んだことがなくて、どんな作風なのかな?という状態で読む場合。いろんなパターンの作品があるので、恩田さんの作品の
| ついてる日記 | 2005/10/20 8:12 PM |
図書室の海
図書室の海 恩田陸 初めての恩田さんの短編集。色々なタイプの短編どれもそれぞれうまくて、改めて幅の広さに驚かされる。でも恩田さんは長編の方が好きだな。 「イサオ・オサリヴァンを探して」、「オデュッセイア」「図書室の海」が良かった。「ある映画の記憶」
| 本のある生活 | 2005/10/21 3:52 PM |
恩田陸 / 図書室の海
あたしは主人公にはなれない―。関根夏はそう思っていた。だが半年前の卒業式、夏はテニス部の先輩・志田から、秘密の使命を授かった。高校で代々語り継がれる“サヨコ”伝説に関わる使命を…。少女の一瞬のときめき...
| ANDANTE | 2005/10/21 10:53 PM |
「図書室の海」恩田陸
タイトル:図書室の海 著者  :恩田陸 出版社 :新潮文庫 読書期間:2006/06/20 - 2006/06/21 お勧め度:★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] あたしは主人公にはなれない−。関根夏はそう思っていた。だが半年前の卒業式、夏はテニス部の先輩・志田から
| AOCHAN-Blog | 2006/06/29 10:05 PM |
(書評)図書室の海
著者:恩田陸 10編を収録した短編集。 『予告編』集なんていう言われ方をしている
| たこの感想文 | 2006/07/05 2:29 PM |
図書室の海 恩田陸
図書室の海 ■やぎっちょ書評 残念ながらおもしろくなかった。恩田陸さんの本の中ではワースト1かも。 わけがわからない短編がいくつかと、尻切れのような短編がいくつか。「麦の海〜」や「夜のピクニック」なんかにつながる話も今ひとつ乗り切れなかったし。 短編
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2007/01/09 7:45 PM |