<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

『その日のまえに』 重松清 文藝春秋

その日のまえに
その日のまえに

7編の短編連作集。
大事な家族が居なくなる…その日までを家族として、そして友人として、幼なじみとして、その日を受け止めていくまでを描いている。

タイムリミットを突きつけられたような命の期限。その日に向って生きていくことを相手に、これからも生きていく側はどう接し、どう受けていくのが良いのか。
出てくる家族は死を迎えるにはまだ早い年齢、そして私達読み手に近い年齢でもある。家族として一番充実していて、そして忙しく子ども達も成長記、思春期の真ん中にある。もっと人生の先にあると思っていたモノが突然目の前に現れたという印象だ。
いつかは来るだろうこの瞬間、自分は当事者なのだろうか?それとも見送る方になるのだろうか。
いつか必ずその日を迎える私達に心の準備をするきっかけとなる物語だった。

10点
2005.10.19 Wednesday 09:39 | comments(18) | trackbacks(12) | 
<< 『楽園のつくりかた』 笹生陽子 角川文庫 | main | 『図書室の海』 恩田陸 新潮文庫 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.09.22 Friday 09:39 | - | - | 
ユミ (2005/10/20 11:53 AM)
10点ですね…みかんさん。
えらく長いこと待ってますけど図書館からはまだきません。
人気あるんでしょうねきっと。
早くこないかな…楽しみです。
みかん (2005/10/20 4:39 PM)
ユミさん、こんにちは♪
この手の話には弱くて…苦笑
ちょっと身につまされるような話なのです。

この本はアチコチで評判となっているようなので
人気もあるんでしょうね。
我が家の最寄の図書館でも11人待ちになってました。。
早くまわってくるといいですね。。

ゆう (2005/10/21 8:39 AM)
おはようございます♪みかんさん。
TBさせていただきました。
数日間、いえ、今でも頭の中にこの本のことが残ってて、いつまでも余韻にひたっています。
今年のベスト1は今のところ、これです。
みかん (2005/10/21 4:32 PM)
ゆうさん、こんにちは♪
TB&コメントありがとうございます。
私も未だに余韻引きずってます。
あまり体調も良くなかったし、ちょうど夫と
将来のことについて話していた時期と
重なったからかも知れませが、
完全に自分に置き換えて読んでました。

私も上位に入れると思います。
この本に出会えてよかったです。
かいくん (2005/10/22 7:34 AM)
みかんさんへ

すいません。TBしたつもりでいたのですが、忘れていました。
これは傑作ですよね。後世に残るかも?

昨日、「きみの友達」を買ってきました。
これも期待です。
みかん (2005/10/22 7:42 AM)
かいくんさん、おはようございます。
いえいえ、私もよくあるので(^^ゞ。。
この作品は重松さんのお勧め本として
紹介できる作品だと思います。

『きみの友達』は重松さんのもう一つのテーマ、
子ども達を描いてるんですよね?
とても気になります。TVでも紹介されてたので
また図書館では予約が増えてしまうかな?
私も是非読みたいと思います!
じゅん (2005/11/28 5:31 PM)
はじめまして。
いろんな方の感想をと巡っていてたどり着きました
TBもさせていただいちゃいました

さすが重松さんといった感じですよねー
電車の中であまり目立たないようにこらえつつ、
うるっ+感動しましたー

にしてもたくさん読まれてるんですね!!
また、立ち寄らせてもらって、
次の本選びの参考にさせていただきます
みかん (2005/11/29 11:29 AM)
じゅんさん、はじめまして。
TB&コメントありがとうございました。

重松さんの作品はどうしても自分に重ね合わせて
読んでしまうので弱いです(^^ゞ
この作品は良かったですよね〜♪

先ほどじゅんさんのブログを拝見させて頂きましたが
読んでいる本が似ていますね。
こちらこそ参考にさせて頂きます。
これからもよろしくお願いします♪
ゆうき (2005/12/17 3:29 AM)
こんにちはー。
最近ドラマでも、親の余命を子供に知らせるか、
見たいな事を考えさせられていたので、
かなりこの本は、印象的でした。
なんか、色々考えちゃう本でしたよね。
では!
みかん (2005/12/17 10:46 AM)
ゆうきさん、こんにちは♪
TB&コメントありがとうございました。
そうですよね〜。
親にも自分にも当てはまる話で、
かなりリアルに考えさせられましたね。
泣かせる…というか泣いてしまう作品でした。
劇団銅鑼 (2006/02/03 5:16 PM)
こんにちは。
突然失礼します。
東京都板橋区に本拠地を置く劇団銅鑼と申します。
重松清原作「流星ワゴン」舞台化のご案内です。
あの映画監督・行定勲氏も先日池袋公演をご覧になり、絶賛しました!!
2月3日〜2月5日相鉄本多劇場(横浜)・2月9日兵庫県立芸術文化センター中ホール(西宮)で上演します。
公演の詳細は劇団銅鑼HP
http://www.gekidandora.com
をご覧下さい。
昨年東京で初演、高い評価を受け、口コミでSOULD OUTを出せた作品です。
お近くでしたら、是非ご覧下さいませ。
よろしくお願いいたします。

劇団銅鑼 制作 田辺素子
〒174-0064 東京都板橋区中台1−1−4
TEL:03−3937−1101
FAX:03−3937−1103
URL http://www.gekidanora.com
e-mail gekidandora@pop12.odn.ne.jp


みかん (2006/02/06 5:09 PM)
劇団銅鑼さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
『流星ワゴン』は大好きな作品なので
ぜひとも舞台を拝見させて頂きたい所ですが
近県ではないので今回は残念ながら…。
また東海地方での講演がありましたなら、
教えて頂けると嬉しいデス。
あと9日だけとなりましたが、舞台の
成功をお祈りいたします。
くろ (2006/02/10 9:46 PM)
みかんさん、はじめまして。
TBさせていただきました〜。

いろんな方のブログを経由してたどりついたのですが、
本も映画も、なんとも充実しているブログですねぇ!
参考にさせていただきます♪
まずは重松さんからかなぁ。
「流星ワゴン」、現在図書館予約まちですが、
うーん、あと一月半くらいで手元にまわってきそうです。
楽しみだな〜。
みかん (2006/02/11 6:11 PM)
くろさん、はじめまして。
TB&コメントありがとうございます。
重松さんの作品はどれも心に響くというか
親子や夫婦のことなどいろんな事を
考えさせられるのが多いですね。
『流星ワゴン』は私も印象深く残っている作品なので
是非読んでみてくださいね。
マリリン (2006/06/03 10:34 PM)
みかんさん
こんばんは。はじめまして。
少し前から、時々お邪魔させて頂いて
おりました。
とても素敵なブログですね。
TBさせて頂きました。
重松さんの作品は何冊か読んでいますが、
その中では、私はこの「その日のまえに」
が一番感動しました。
これからも、宜しくお願い致します。
みかん (2006/06/04 7:25 AM)
マリリンさん、はじめまして。
TB&コメントありがとうございました。
拙いブログで気まぐれ更新してますが…
これからも宜しくお願いします(^^)♪

重松さんの作品は読了後も色々考えさせられる作品が多いですね。私にとってこの本は私自身がタイミング良く読めたと感じました。このような事を考えなければいけない年齢になったんでしょうね(笑)
重松本の中で他の人にオススメするならこの本を選びますね。。。
hidaka (2008/01/11 10:43 AM)
突然の書き込み失礼いたします。
京都教育大学e-project「劇団空(カラ)」、情報宣伝担当の日高と申します。
誠に勝手ながら、公演の告知をさせていただきます。書き込みが相応しくない場合は削除願います。

劇団空(カラ) 第四回公演
「その日のまえに」
原作:重松清
演出・脚本:村島洋一

公演日時
 2008年 1月10日(木) 18:00 〜
     1月11日(金) 18:00 〜
1月12日(土) 12:30 〜、18:00 〜
*開場は開演の30分前

 場所:京都教育大学講堂
 
入場料:無料

 HP:http://sky.geocities.jp/company_kara/

 当日は寒いことが予想されます。暖かくして足をお運びください。
みかん (2008/01/11 11:03 PM)
>hidakaさん
書き込みありがとうございました。
とても興味があるのですが、残念ながら
既に予定があるので拝見することが出来ません。
この時点であと一日となってますが、
舞台が成功されることを祈っております。
また、次回があればお誘いください。
では。









その日のまえに 重松清
愛する大切な人との永遠の別れ。 それは、淡々と過ぎてゆく日常の中で突然に訪れた。 余命を告げられ、『死』に直面した人々の悲しくも確実にやってくる「その日」まで、そして「その日のあと」を真摯に描く連作短篇集。 いくつかの短編が、表題作に少しずつ溶け込み
| かみさまの贈りもの〜読書日記〜 | 2005/10/21 8:37 AM |
その日のまえに
その日のまえに 重松清著 10点 2005年の47冊目 大切な人が亡くなってしまって、残された人と残した人の切ない物語5編です。  人間はこの世に生まれた限り必ず死にます。死ぬという事は、何もかもが終わってしまいます。その本人は全ての事から切
| かいくんの読書日記+α | 2005/10/22 7:29 AM |
その日のまえに 重松 清
その日のまえに 重松 清 重松節大ど真ん中! 「その日のまえに」は「大切な者とその死」という普遍的なテーマの大ストレートな直球の文句がないお手本みたいな作品だと思いました。ひねくれちゃんなf丸が言うんですから間違いないです!たぶん・・・ 重い病を
| f丸の生態・デイリー | 2005/10/24 1:58 PM |
「その日のまえに」重松清
悲しい場面に直面した時、誰かが先に泣いてしまうと釣られて泣いてしまう人と、なぜか涙が引っ込んでしまう人がいると思う。私は昔、後者だった。保育園からの帰り道でバイクに乗った親戚のおじさんが「おばあちゃん、死んだで」と言って私を追い越した。意味がよく分か
| ぐうたらごはん | 2005/10/25 8:07 PM |
その日のまえに
「その日のまえに」重松清 「その日」(死)に対したある家族と、 それに関わる人達の連続短編集。 「ひこうき雲」「朝日のあたる家」 「潮騒」「ヒア・カムズ・ザ・サン」 「その日のまえに」「その日」 「その日のあとで」 「その日」3編が1つの話。
| 読書感想文 と ブツブツバナシ | 2005/11/28 5:25 PM |
その日の前に 重松清
その日のまえに重松 清 文藝春秋 2005-08-05by G-Tools ネタバレ警報発令! 完敗。 私は、基本的に、お涙頂戴系には評価が厳しいんです。特に、病気で人が死ぬものと、ペットが死ぬものには、きついです。いくら小説の中だからって、読者を泣かせるために、簡単
| IN MY BOOK by ゆうき | 2005/12/17 2:58 AM |
『その日のまえに』 重松清 (文藝春秋)
その日のまえに重松 清 / 文藝春秋(2005/08/05)Amazonランキング:2,618位Amazonおすすめ度:日々是好日Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog 和美は幸せだったか・・・・。 僕と出会って、夫婦になって、家族をつくって、幸せな一生だったのか・
| 活字中毒日記! | 2006/01/18 1:22 AM |
その日のまえに(重松清、文藝春秋)
帯で、松田哲夫さんが「涙!涙!!涙!!!」と叫んでいて、 いったいどれだけ泣けてしまうんだろう?と思いつつ読んだ一冊。 昨日までの暮らしが、明日からも続くはずだった。 それを不意に断ち切る、愛する人の死―――。 生と死と、幸せの意味を見つめる最新連作短編集。(
| にゃんこと歩く。 | 2006/02/10 9:23 PM |
32 その日のまえに(重松清)文藝春秋 ★★★★★
<永遠なんてどこにもない。死を題材に生を問う。落涙必至の傑作> 何気ない日常から、ある日突然、愛する人を失う人たちはどうするか。誰でも訪れる死、その日をあなたはどう迎える。短編集。 こんなに泣いた本はいつ以来だろう。しかも号泣でした。 とめど
| つんどくの日々 | 2006/04/20 9:37 AM |
「その日のまえに」 重松清 著
「その日のまえに」 重松清 著 その日のまえに重松 清 (2005/08/05)文藝春秋 この商品の詳細を見る 某TV番組で大絶賛 涙! 涙!! 涙!!! などと書いてある帯に、一瞬怯んでし
| Dr.Macファミリーのおいしい生活 | 2006/06/03 10:21 PM |
その日のまえに<重松清>−(本:2006年87冊目)−
文藝春秋 (2005/8/5) ASIN: 4163242104 評価:91点 (ネタバレあります) 重松清らしい、ベタな泣かせのストーリでありながら、重松清らしくない、正面から死に向かい合った連作短編集。 いつも重松清を読むときと同じように涙腺を刺激されるのだけれど、
| デコ親父はいつも減量中 | 2006/09/13 11:10 PM |
『その日のまえに』重松清(文藝春秋)
人は誰でもいつかは死んでしまう。 しかしある人は早すぎる死を迎えねばならないし、 ある人は大切な家族を残して死なねばならない。 そして死にゆく人を送り...
| 本のある生活 | 2006/09/16 10:50 PM |