<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

『容疑者Xの献身』 東野圭吾 文藝春秋

容疑者Xの献身
容疑者Xの献身

『探偵ガリレオ』『予知夢』のガリレオシリーズの3作目。
今回は初の長編となっている。

高校教師を務める石神はかつては天才数学者と噂されていた人物。その彼の住むアパートの隣人女性に想いを寄せていたがその女性親子が犯罪を犯してしまう。いち早くその事に気付いた石神は数学者の知識をフルに使い、母子の完璧なアリバイを作りあげ守ろうとする。
この事件の担当となった草薙刑事は母子を容疑者のうちに入れつつも崩れないアリバイの為捜査も進まないでいたが…相談を持ち掛けた湯川は、同じ大学の同級生の石神のことに気付き興味を持ち始める…。

これまでのガリレオシリーズでの湯川の行動とは違う動きに驚きを感じた。草薙でさえも一定の距離を持っていた湯川が石神に対して友人と呼ぶ部分が「湯川らしくない」と思ってしまったのだが、それは相手に敬意を持つ意味の友人だったこと、数学者と物理学者と違うとはいえ、そのことに人生を掛けても取り組み続け極めたいと思う二人にしか感じ得ない共通の真理とコダワリを唯一分かり合える二人だったのかもしれない。
だからこそ湯川は石神の事を分かろうと調べ続けたのだろう。また今まで数学のみで生きてきた人生の中でやっと自分が生きていく意味を分かったその喜びは今までとき続けてきた問題よりも数倍もの喜びを得たのかもしれない。大事なものを守る為に丹念に練りこまれた偽装工作、どうしてそこまで母子達に尽くせるのか。
それに対して湯川が見つけ出した答え。。
これで良かったのかどうかは判らないが…物理学者としての湯川としてはこの形でしか表現出来なかったというのも悲しい。
殺人事件が許されることはない…が、終末の迎えかたがちょっと酷な気がする。
ただ、こういう形で守り抜こうとする、そんな石神らしい行動は胸を打たれた(賛成はしないけど…)

10点
2005.10.11 Tuesday 09:50 | comments(14) | trackbacks(37) | 
<< 『東京100発ガール』 小林聡美  幻冬舎文庫 | main | 試聴&予告編・・・☆ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2018.05.18 Friday 09:50 | - | - | 
nemuri_neco (2005/10/11 1:29 PM)
>ちょっと酷な気がする
ホント、酷に思えましたねー。
この酷さが、東野さんらしい、とも言えるのでしょうが、石神には、心安らかに、数学三昧の日々を送らせてやりたかったです。
かいくん (2005/10/13 11:27 AM)
数式が出てくるそうですね、この本。
理系だけど最近は数式が苦手。
でも読んでみようかな?

10点だし。
みかん (2005/10/13 1:37 PM)
眠り猫さん、こんにちは♪
そうでしょ…石神の悲痛な叫びが伝わってきました。。
しかし石神の思惑通りだとただの独りよがりにも見えてしまうし…まあこれでよかったんでしょうね。
読者にその後をまで想像させる書き方は東野さんらしいというか…。
でも面白かったです。。
みかん (2005/10/13 1:44 PM)
かいくんさん、こんにちは♪
数式…少しは出てきますが、話のメインにはなってないし、特に細かくも出てきません。でも数学者とは…物理学者とはこういう発想や思いつき方をするみたいに人物の性格を上手く描き出していました。
まあ私にはどちらもサッパリ…??なので(汗)
>10点…東野ファンなので甘めかも知れませんが、私は楽しめましたよ。他の方も評価は高いので、機会あれば是非(*^^*)
オッサン (2005/10/16 1:09 AM)
はじめまして。
TBさせて頂きました。
また遊びに来させてもらいます。
みかん (2005/10/16 6:17 AM)
いらっしゃいませ〜。
TB&コメントありがとうございます。
映画と本を扱っているのは一緒ですね。
これからも宜しくお願いします♪
Roko (2005/12/07 11:41 PM)
みかんさん☆こんばんは
いいですねぇ!今年No.1かもしれない。
ツライけど、いいストーリーでしたね。
みかん (2005/12/10 12:56 AM)
Rokoさん、こんばんは♪
良かったですよね!
読んでいてゾクゾクするのは久しぶりな気がします。
このミスなどでも評価されてるのは嬉しいですね。
私もこの作品は気に入ってます♪
モーラ (2005/12/11 1:05 AM)
はじめまして。
容疑者Xの献身について考えることがあったので、TBさせていただきました。
よろしければご意見お聞かせください(^^)
みかん (2005/12/11 6:29 PM)
モーラさん、はじめまして。
TB&コメントありがとうございます。

モーラさんのブログと二階堂先生のHPは昨晩見てきました。
なるほど…そういう意見もあるのですね。
また改めてじっくり読ませていただきます。
安倍辰麿 (2006/01/07 3:50 PM)
初めまして、同じくこの本を読んだ者で御座います。

最後のシーンは印象的ですね…。
愛の為に全てを投げ出せる勇気。
そして、最後の最後でそれに応えた姿は…流石第1位。
モノ書きの端くれとして感服いたしました。

TBさせていただきます。
みかん (2006/01/07 10:09 PM)
安倍辰麿さん、初めまして、こんばんは〜♪
TB&コメントありがとうございました。

最後は息を呑むって感じでしょうか。
読了後もドキドキが止まりませんでした。
献身的って言葉は使いますが、これは献身そのものでした。
…良かったですよね(TwT。)
藍色 (2006/08/19 3:40 AM)
みかんさん、こんばんは。
“愛する人を逮捕させないための献身”。ビックリしました。
湯川と石神の交友も、しっかり描かれていましたね。
読書ブログとして1番最初に書いた記事なので思い出深いです(笑)。
みかん (2006/08/23 6:04 PM)
藍色さん、こんにちは♪
TB&コメントありがとうございます。
二重三重とのトリックにビックリしましたね。
ラストシーンが未だ忘れられません。

1番最初に書いた記事だったのですね。
私もこの作品は好きなので東野さんの代表作と言えばこの作品名も挙げると思います。









「容疑者Xの献身」を読了
東野圭吾さんの最新刊『容疑者Xの献身』を読了。奥付けでは8月30日発行となっていますが、当地のような田舎でも平積みされているぐらいですから、全国の書店で販売が始まっているものと思われます。「天才なんて言葉...
| Gotaku*Log | 2005/10/11 1:20 PM |
容疑者Xの献身(東野圭吾)
つきまとう元夫を殺してしまった女性。愛する人を殺人犯にしたくない!その思いから...
| のほ本♪ | 2005/10/14 4:46 PM |
東野圭吾
久しぶりにマンガ以外の読書をしました。 東野圭吾の「容疑者Xの献身」。 感想を言うと面白かったです! 東野圭吾の作品は大好きなんでよく読むんだけど外れはほとんどないですね。 ミステリ小説なので内容については触れませんが、本を読むのが苦手な方でも始めか
| 僕と映画と音楽と | 2005/10/16 1:05 AM |
容疑者Xの献身/東野圭吾
まず…湯川シリーズ最新作のようでしたがこのシリーズはたぶん読んでないので順番を誤った感が(-_-;)。 数学以外なんの興味もない高校教師石神が密かに思いを寄せるアパートの隣人靖子。しつこく付きまとう別れた夫を殺害してしまった靖子を救うべく天才数学者の頭脳は
| ひまさえあれば | 2005/10/20 11:50 AM |
容疑者Xの献身
私が本格的に本を読み出した頃に、ある1人の作家の既刊書を買い漁ったことがありました。 既に文庫化されていたので、文庫にして約30冊近くでしょうか? 同じ出版社から出ている文庫であれば、名前の下の通し番号?を順に揃え、 買ったばかりの本棚に端から並べて行
| イイオンナの為の「本ジャンキー」道 | 2005/12/01 12:35 AM |
容疑者Xの献身 東野圭吾
容疑者Xの献身東野 圭吾 文藝春秋 2005-08-25by G-Tools ネタバレあり!でもラストだけは言わない! 高校の数学教師・石神は、隣人・靖子に思いをよせています。毎日彼女の顔を見に、彼女の働くお弁当屋さんに、弁当を買いに行くのが日課です。ある夜、石神は、靖
| IN MY BOOK by ゆうき | 2005/12/03 1:03 PM |
『容疑者Xの献身』文藝春秋
東野圭吾さんの「容疑者Xの献身」 先日、この小説を寝る前に読み始め、ついつい夢中になって、寝ずに一気に読み終えてしまいました。気づけば夜中の4時を過ぎていました。 おもしろい! ストーリーですが、 主人公の石神は、天才的な数学の才能を持っているが、今
| ど風呂グ | 2005/12/10 12:21 PM |
「容疑者Xの献身」への私的考察 注:ネタバレあり
容疑者Xの献身について、作家の二階堂黎人さんが自身のHP内、2005.11.28の記事で、この作品の真相として意見を述べられています。 ただ、自分は個人的に二階堂黎人さんの見解に納得できない点が多かったので、ここで自分の意見を述べたいと思います。 ネタばれ要素
| ホトケの読了book  南無阿弥陀仏 | 2005/12/11 1:04 AM |
東野 圭吾の「容疑者Xの献身」読了
容疑者Xの献身 東野 圭吾 著 「容疑者Xの献身」 ★★★★★ これほど深い愛情に、これまで出会ったことがなかった。いやそもそも、この世に存在することさえ知らなかった。運命の数式。命がけの純愛が生んだ犯罪。 感動したときや驚愕を得たときは,無意識
| Grave of memory | 2005/12/25 11:01 PM |
人は、何処まで他人を愛するために犠牲を払えるのか?〜容疑者Xの献身〜
容疑者Xの献身 東野圭吾 『このミステリーが凄い!(以下このミス)』という雑誌が、 毎年の暮れに出版されるのをご存知でしょうか? これは、一般読者の方のアンケートを集計して、最も反響が多かった作品、 及び売上部数の多い作品をランキング形式で紹介す
| オラオラッ!!!!! | 2006/01/07 3:57 PM |
こんな純愛があったのか!?東野圭吾原作「容疑者Xの献身」
最近の東野圭吾さんの著作には、少し不満でした。作品全体が小粒になっているというか。 しかし、この「容疑者Xの献身」は、面白く昨日の晩、一気に読みました。 容疑者Xの献身 東野 圭吾 注)購入を検討の方は画像をクリックしてください。 理系人間らしく
| シネマつれづれ日記 | 2006/01/10 11:32 AM |
「容疑者Xの献身」東野圭吾
容疑者Xの献身発売元: 文藝春秋価格: ¥ 1,680発売日: 2005/08/25売上ランキング: 262おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/01/12 1月12日時点の感想。 1月17日以降書き直すかもしれないけど、そのままかもしれない。 感想の前に。直木賞獲れます
| 本を読む女。改訂版 | 2006/01/12 4:41 PM |
第134回芥川賞直木賞受賞作品と候補作品
第134回芥川賞・直木賞の受賞作品が決まりました。 芥川賞は絲山秋子さんの「沖で待つ」(文学界9月号)、 直木賞は東野圭吾さんの「容疑者Xの献身」です。   絲山秋子さんは、「イッツ・オンリー・トーク」で 第96回(平成15年)文学界新人賞を受賞、 「袋小
| 及川的大人のブログ | 2006/01/20 11:53 PM |
東野圭吾【容疑者Xの献身】
遅ればせながら読みました。直木賞受賞作。 どうも私は一人の作家だけを集中して読むということができない性分で、東野圭吾も昨年の夏に【時生】を読んだきりでした。 根が欲張りなので、「あの作家を読まねば」「この作家も読みたい」と気持ちが分散してしまう
| ぱんどら日記 | 2006/01/23 4:34 PM |
何故直木賞?許せないサイテーな主人公 東野圭吾「容疑者Xの献身」(文藝春秋)
買ったのは大分前、ツンドクだったが風邪で休んだので読んだ。ちょっと熱っぽくってずる休みしたときなど読みたいミステリを何冊か枕元において・・外には小糠雨が降っていて・・。ある種”理想的な状態”だ。 今度当てが外れたのは”ずる”休みにならず本当に辛い休み
| 梟通信〜ホンの戯言 | 2006/02/04 12:44 AM |
(書評)容疑者Xの献身
著者:東野圭吾 天才数学者と言われながらも、現在は高校の数学教師になっている石神
| たこの感想文 | 2006/02/08 11:53 PM |
東野圭吾『容疑者Xの献身』○
 初出「オール讀物」2003年6月号〜2005年1月号。「容疑者X」改題。  か...
| 駄犬堂書店 : Weblog | 2006/02/12 1:23 PM |
容疑者Xの献身
容疑者Xの献身 東野圭吾著 10点 2006年の9冊目  かつて数学の天才と謳われた高校教師の石神は、隣の部屋に住む花岡靖子に密かに思いを寄せる。その靖子が、ほんの些細な事から、別れた亭主の富樫慎二を殺めてしまった。この事を察知した石神は、その
| かいくんの読書日記+α | 2006/03/04 6:45 AM |
「容疑者Xの献身」東野圭吾
容疑者Xの献身 待ちに待ったこの1冊が、とうとう回ってきました。東野さんの本は、読みやすくて、遅読の私でもどんどん読めてしまうのだけれど、これはもうページを繰る手がとまりませんでした。仕事が忙しくて時間がなかったのに、気づいたら1日で読了してました
| 本のある生活 | 2006/03/08 11:31 PM |
容疑者Xの献身 (東野 圭吾)
  運命の数式。命がけの純愛が生んだ犯罪。  これほど深い愛情に、  これまで出会ったことがなかった。  いやそもそも、この世に存在することすら知らなかった。 男がどこまで深く女を愛せるものか。  どれほど大きな犠牲を払えるものか――。
| 花ごよみ | 2006/04/26 1:09 AM |
容疑者Xの献身
東野圭吾 著
| Akira's VOICE | 2006/05/06 4:01 PM |
東野圭吾『容疑者Xの献身』
容疑者Xの献身文藝春秋このアイテムの詳細を見る 今回は、東野圭吾『容疑者Xの献身』を紹介します。本書は、直木賞の受賞作ということで、結構評価が高いとおもいますが、私は普通に面白いとは思いましたが、そんなに評価が高いと言うことに驚いています。私は、本書よ
| itchy1976の日記 | 2006/06/09 10:33 AM |
『容疑者Xの献身』 by 東野圭吾
久々に読書で徹夜しました。 結末が気になって最後まで一気に読んでしまいました。 直木賞受賞作品なだけあって、たとえ賛否両論だとしても 納得できる部分も多いと思います。 理系出身の作家が書くミステリーなので、理系の人は特に読みやすいのでは と思います。
| ++ Atelier Notes ++ | 2006/06/09 4:14 PM |
東野圭吾の「容疑者Xの献身」を読んだ!
著者の東野圭吾は、略歴によると、1958年大阪生まれ、大阪府立大学電気工学科卒業。「放課後」で江戸川乱歩賞、「秘密」で日本推理作家協会賞を受賞、とあります。作家には珍しく、工学系の出身なんですね。そう、ミステリ作家、東野圭吾の代表作?と言われている「秘密
| とんとん・にっき | 2006/07/29 2:24 PM |
容疑者Xの献身
東野圭吾さんの本は自分でも結構持ってるし、新作が出ればすぐに読んでいるのですが、今回の本は直木賞受賞作ということで、ますます期待して読みました。 実はこの本を読む前に、「純愛小説だ」というような話を聞いていたのですが、純愛ものより普通のミステリーの方
| Yuhiの読書日記+α | 2006/07/31 9:09 PM |
容疑者Xの献身、東野圭吾
装幀:石崎健太郎。2005年ミステリ各賞1位。第134回直木賞受賞作。 「ゲームの名は誘拐」「トキオ」「レイクサイド」など作品が立て続けにドラマ化、映画化されている著者の人気ベストセラー。 弁当屋で働く花岡
| 粋な提案 | 2006/08/19 3:41 AM |
容疑者Xの献身<東野圭吾>−(本:2006年108冊目)−
文藝春秋 (2005/8/25) ASIN: 4163238603 評価:90点 (ネタバレあります) 図書館で予約してから3ヶ月。ようやくまわってまいりました。 おもしろいたまらないとまらない。 久々の一気読みです。 昨日の夜から読み始め、今日の通勤電車、昼休み、帰りの電車
| デコ親父はいつも減量中 | 2006/11/08 12:24 AM |
「容疑者Xの献身」(東野圭吾著)
 今回は 「容疑者Xの献身」 東野 圭吾著 です。この本は平成17年度の第134回直木賞受賞作ですね。
| たりぃの読書三昧な日々 | 2007/02/18 8:29 PM |
容疑者Xの献身
東野作品は20作くらい読みましたけど、自分にはこれが最高傑作です。 若干突っ込み所はありつつも見事な叙述トリック、そして石神の純粋すぎる愛と湯川の優しさを描いたストーリー、どちらも大満足でした。 結末は賛否両論ですけど、自分はこれでよかったと思います。
| 本を読もう | 2007/03/22 8:13 AM |
「容疑者Xの献身」東野圭吾
タイトル:容疑者Xの献身 著者  :東野圭吾 出版社 :文藝春秋 読書期間:2007/03/07 - 2007/03/08 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] これほど深い愛情に、これまで出会ったことがなかった。いやそもそも、この世に存在することさえ知ら
| AOCHAN-Blog | 2007/04/10 9:15 PM |
「容疑者Xの献身」東野圭吾
【自主的で献身的な愛に泣く・・・】 今秋は、まるっきり個人的に‘東野圭吾祭り’と題し立て続けに氏の著書を読み、心から楽しんだ。 「容疑者Xの献身」は、まさにその祭りの最後を迎えるに最適な素晴らしい長編であった。 今作にも登場のメインキャラである
| 雑板屋 | 2007/12/29 1:41 PM |
「容疑者Xの献身」東野圭吾
先日、東野圭吾の「容疑者Xの献身」を読んだ。(この記事には一部ネタバレがある)      「ガリレオ」シリーズは、以前「探偵ガリレオ」「予知夢」の2冊を読んだ。この件については以下の記事に書いた。「探偵ガリレオ」「予知夢」東野圭吾「容疑者Xの献身」は第
| りゅうちゃんミストラル | 2008/01/11 9:23 AM |
『容疑者xの献身』 東野圭吾
結局「探偵ガリレオ」シリーズの内、文庫で出ている作品は全部読んでしまいました。 前2作とは違って、こちらはシリーズ初の長編作品だとか。 湯川と草薙のコンビが難事件に挑むというスタイルは変りませんけれども、これまでの作品とは随分と趣が違います。オカルト
| 【徒然なるままに・・・】 | 2008/09/27 11:01 PM |
「容疑者Xの献身」東野圭吾
容疑者Xの献身 (文春文庫 ひ 13-7)(2008/08/05)東野 圭吾商品詳細を見る 天才数学者でありながら不遇な日々を送っていた高校教師の石神は、アパート...
| しんちゃんの買い物帳 | 2008/10/30 1:00 PM |
幾何の問題に関数の解法で臨む愚か
東野圭吾「ガリレオ」シリーズは、つい先達て単行本が2冊同時に刊行となった。私は『探偵ガリレオ』から『容疑者Xの献身』まで文庫本で揃えているので最新刊は文庫落ちを待つつもりだ。とは云っても、石神の事件の後の湯川や草薙の消息は気になる。ああ、悩ましい。
| MESCALINE DRIVE | 2008/11/04 6:44 AM |
本 「容疑者Xの献身」
やはり東野圭吾さんは長編の方が合っているような気がします。 さらさらと読みやすい
| はらやんの映画徒然草 | 2009/01/03 6:16 PM |
容疑者Xの献身
 少し前にテレビで話題になった東野圭吾による「ガリレオ」シリーズ。「探偵ガリレオ」、「予知夢」に続く第3段が、この「容疑者Xの献身」(文芸春秋社)である。第134回直木賞受賞作だ。このシリーズは、もともと物理トリックとか理系トリックといったものを売りにし
| 本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館] | 2010/08/27 4:07 PM |