<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

『古道具 中野商店』 川上弘美 新潮社

古道具 中野商店
古道具 中野商店

あくまでも古道具屋の中野商店。
ここでは時間の流れ方がゆっくりだ。

店主の中野さんと中野さんの姉マサヨ、従業員のタケオに主人公のヒトミ。この四人はこのお店のように静かで個性がはっきりしていて味のある人たちばかり。そして魅力的なのがこの四人は常に誰かを好きでいることだ。
主人公ヒトミも不器用な表現しか出来ないタケオを本当に好きなのか理解できなかったり、ヒトミもまたタケオにははっきり伝えられずにる。

12編の短編連作となっていて、1編読むごとにその場所にトリップした気分になる。。あと淡々とした口調、ちょっとした小声で話すような言葉やしぐさまで書かれているのに、人物そのものはうっすらベールに包まれたような、読み手に想像させるように書かれている。

それぞれの恋愛感の食い違いがとても面白い。とってもドライな感じだが言葉に出さない部分で結構想っている。つかず離れずの距離感がベタベタしていなくてイイ。

最後の編はそんな彼達がグッと近くに来る。ちょっと幻想的な部分が一気にリアルに伝わってくる。
読了後は心地よい。淡々と読んだ筈なのに、しっかりこの世界にはまっていた。

8点

角田光代さんの書評
BOOKセレクト
Yahoo!インタビュー
2005.09.03 Saturday 17:54 | comments(12) | trackbacks(15) | 
<< 『痴漢男』 板野住人 双葉社 | main | 改めまして…。 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2020.02.17 Monday 17:54 | - | - | 
ユミ (2005/09/05 1:52 PM)
みかんさん…ごぶさたでーす。
お引越しお疲れさまでした。
リンク変更しておきますネ。
さて「古道具 中野商店」をリクエストして早2ヶ月。
図書館からまだ連絡はありません…人気があるのかな?
川上さんはちょっと苦手感があるんですけど
コレはアチコチでオススメ本として載ってるのでチャレンジしてみようと思います。
みかん (2005/09/06 9:22 AM)
ユミさん、おはようございます。
リンク変更ありがとうございましたm(_ _)m

私も川上さんの作品は好きな作品と苦手な本と分かれてしまいますね。
で、この本は結構好きな方です…独特な雰囲気ですが。
いろんなサイトで書評を見ますが好評価が多いからかな?
夏休みも終わったので、本のまわりも良くなるかも。
早くまわってくるといいですね〜。
トラキチ (2005/09/11 11:55 PM)
みかんさん、こんばんは♪
お引越し完了ですね。
個人的にはひとりでも多くの"じゅげまー"が増えて嬉しく思います。

たくさんご投票いただいております、第3回新刊グランプリの通常投票ですが、締切間近となりました。

投票漏れがありましたら一票でも多く投じていただいて盛り上げていただけたら嬉しく思います。
みかん (2005/09/12 11:01 AM)
トラキチさん、こんにちは。
やっと終了しました♪
>第3回新刊グランプリ
この本はまだ投票してなかったですね。
また後ほど投票に行きます。
集計を楽しみにしています( ̄▽ ̄)
ゆう (2005/09/12 5:15 PM)
こんにちは!
この作品は、読んでいてゆったりした気分が味わえましたよね。
センセイの鞄の次に好きな作品です!

トラックバックさせていただきました。
Roko (2005/09/12 9:36 PM)
みかんさん☆お引っ越しお疲れさま!
トラバありがとうございます。
いつものような、不思議な生き物が出てきてくれればもっといいんだけど。
とはいえ、川上さんの不思議なマッタリ感が心地よい本でしたね。
みかん (2005/09/13 10:57 AM)
ゆうさん、こんにちは♪
TB&コメントありがとうございました。
そうですね〜。ゆったりとした雰囲気は独特ですが、
その世界に入り込んでしまいますよね。

私もこの作品は上位です。
『ニシノユキヒコ〜』と同じぐらいかな??
1位は『センセイの鞄』なのですが(笑)

みかん (2005/09/13 11:18 AM)
Rokoさん、こんにちは。
TB&コメントありがとうございます♪♪
うふふ、川上さんの作品には不思議な生物が出る系
出ない系と二通りありますよね。

>川上さんの不思議なマッタリ感が心地よい本…
ですよね〜!!読了後も余韻を感じられる本でした♪
june (2006/01/31 11:12 PM)
みかんさん、こんばんわ。
淡々としてるのに、気づいたらどっぷり世界に浸かってました。
川上さんの作品はこれが3冊目なのですが、不思議な生き物が出る系(笑)があるのですね。気になります。
みかん (2006/02/02 9:01 AM)
juneさん、おはようございます♪
TB&コメントありがとうございます。
本を開いた時から川上ワールドに入っちゃいますよね。

『龍宮』『神様』などはちょっと変わった作品だな…と思って読んでたのですが、抽象的なものを表すとこういう表現になるのかなって思います。
川上さんの作品って言葉に表し難い微妙な部分を上手く伝えてくれる作品ばかりで、川上さんの作品でしか感じられないと思います。
気になる作家さんの一人です。
tonton3 (2006/02/06 12:34 PM)
川上弘美の「古道具 中野商店」を読む!
トラックバックさせていただきます。
よろしくお願いします。
みかん (2006/02/06 5:11 PM)
tonton3さん、はじめまして♪
TB&コメントありがとうございます。
映画もよく観られているようですね、
また改めてお邪魔しに行きます(^^ゞ









道具
道具道具(どうぐ)とは、生活のために用いられる様々な物品のことである。石器のように、切る、叩く、などして他に直接作用するものから始まり、近代のスイッチのように何かに間接的に作用するものまで広く発展している。人類は道具を作り、使いこなし、さらに発展させ
| 渋い道具屋 | 2005/09/04 5:45 PM |
『古道具 中野商店』 新潮社 (川上弘美) 
古道具 中野商店川上 弘美 / 新潮社(2005/04/01)Amazonランキング:690位Amazonおすすめ度:古道具屋になりたいっす久々にじっくり「本」を読みました。絶対言語感Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog 川上弘美さんの作品は『センセイの鞄』以来読ん
| 活字中毒日記! | 2005/09/11 11:53 PM |
第3回新刊グランプリ投票締切迫る!
平素は当ブログをご愛顧いただきましてありがとうございます。 当ブログ主催の“第3回新刊グランプリ”の投票締切日が迫ってきました。 投票期間2005/9/15まで実施します。 ↓ 9/16or9/17に加点前の確定ランキングをアップします。 ↓ 9/16or9/17〜9/27
| 活字中毒日記! | 2005/09/11 11:53 PM |
古道具 中野商店 川上弘美
一軒の小さな古道具屋を舞台に、そこにまつわる人々の人間模様を淡々と描いた短篇集。 そこの主である女好きの中野さんを筆頭に、個性豊かな人々が織り成す空気がとても心地よい。 少しだけエロテックで、そしてアンニュイな雰囲気が程よく醸し出されていて、読んでい
| かみさまの贈りもの〜読書日記〜 | 2005/09/12 5:04 PM |
古道具 中野商店
古道具 中野商店 新潮社 川上 弘美 このアイテムの詳細を見る  古道具やさんって、薄暗くって、物がゴチャゴチャ置いてあって、ちょっと埃っぽい匂いがして、怪しい雰囲気が漂っていれば、きっと良い店なんだよね。  古道具やさんのお店も怪しいけど、もっ
| ついてる日記 | 2005/09/12 9:28 PM |
「古道具 中野商店」川上弘美(新潮社)
古道具中野商店posted with 簡単リンクくん at 2005. 5. 4新潮社 (200503下旬)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 古道具屋のアルバイト、ヒトミとタケオの不器用な恋、一風変わった店主中野 の恋、中野の姉のマサヨの恋・・・ど
| ゆめとうつつ読書感想Blog | 2005/09/17 5:55 PM |
古道具 中野商店/川上弘美
苦手感のある川上さん…あまりの評判と素敵な装丁に惹かれ再チャレンジ。そして見事克服!コレは文句なしです。 古道具屋店主の中野さんと姉のマサヨさん…それにお店で働くヒトミとタケオ。つかみどころのない4人の関係と淡々と過ぎる毎日がとても繊細に綴られてゆく
| ひまさえあれば | 2005/10/04 7:54 AM |
川上弘美『古道具 中野商店』○
「新潮」2000年3月号〜2005年1月号に不定期掲載。消しゴムハンコ作家、福井...
| 駄犬堂書店 : Weblog | 2005/10/28 2:32 PM |
古道具 中野商店
川上 弘美 古道具 中野商店 主人公のヒトミが古道具中野商店に勤めて、辞めるまでのエピソードを軸にした川上ワールド。 古道具中野商店の中野さん。いいかげんな人ではないだろうが、あちこちに愛人を作るなど、やや不道徳だが憎めない人。脱サラして、古道
| 羊の迷想 | 2006/01/14 1:06 PM |
「古道具 中野商店」川上弘美
古道具 中野商店 川上さんの作品は3冊目なのですが、読むといつも不思議な気持ちになります。昼寝から覚めて一瞬自分がどこにいるのかわからなくなる感覚というか、ぬるいお湯の中でまどろんでしまった感覚というか・・。 これも内容は実はかなり生々しくて、会話
| 本のある生活 | 2006/01/31 11:07 PM |
「古道具 中野商店」川上弘美
古道具 中野商店発売元: 新潮社価格: ¥ 1,470発売日: 2005/04/01売上ランキング: 8,325おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/01/30 この本、図書館から借りたんですけど、とにかくコンディションが最悪で。 蚊がね、いっぱい死んでたんですよ、本のページ
| 本を読む女。改訂版 | 2006/02/01 12:43 AM |
川上弘美の「古道具 中野商店」を読む!
芥川賞作家の川上弘美、「文壇随一」の美貌とは聞いていましたが、なんと身長176センチでモデル並みのスタイルだそうで、なるほど男性ファンが多いのも納得です。経歴を見ると、1958年生まれの48歳。お茶の水女子大理学部生物学科を卒業してから、田園調布雙葉中・高校
| とんとん・にっき | 2006/02/06 12:33 PM |
「古道具 中野商店」 川上弘美
‘だからさあ、なかなかいいんだって、この本!’ 古道具 中野商店の店主中野さん風に言えば、こんな調子である。 川上弘美氏の著書はコレが初。 女性作家を元々苦手とする私が、珍しく本書に興味を持ったのは、至って単純。 時々拝見するNHK週間ブックレビュ
| 雑板屋 | 2006/05/18 6:48 AM |
川上弘美【古道具 中野商店】
店主の中野さん、アルバイトの菅沼ヒトミ、同じくアルバイトの桐生タケオ、ときどき手伝いに来る中野さんの姉マサヨ。 4人で切り回す「中野商店」は、あくまでも「古道具屋」であって、お宝を鑑定する骨董屋とは違う。
| ぱんどらの本箱 | 2007/09/11 12:51 PM |
古道具 中野商店 川上弘美
古道具 中野商店 ■やぎっちょ書評 わかった!あちきは今・・・調子が悪い!! 本を読んでいる途中で何度もぼーっとするぞ。読むのがだんだんしんどくなるぞ。速読すると何書かれているのかわからなくなってるぞ! そんなときに読んだからかどうか、残念なことにこ
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2007/12/27 1:49 AM |