<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

『パーフェクト・プラン』  柳原慧   宝島社

パーフェクト・プラン
パーフェクト・プラン

第2回『このミステリーが凄い!』大賞、大賞受賞作
「身代金ゼロ!」せしめる金は5億円!の帯の言葉に惹かれる。
どうやったらそんな大金が手に入るのか・・・。
誘拐・虐待・代理母・ハッキング・・・など次から次へ面白いネタが出てくる。
登場人物が移動し始めた時は、トラベル物か?とも思ったが・・・笑
登場人物の設定がハッキリ出ていて面白く感じたのだけど、出てくるだけで、あまり動かない、広く浅く・・・という風に感じた。
メインである誘拐とハッキングは最後まで一応通してあった気がするが、
フラフラ色んな話題を見ながらラストに付いた感じがする。
多分登場人物が設定だけで、目立つ動きも印象に残る言葉も発してないからだと。特に女刑事は、ちょっと酷いなと思う。
とはいえ、ラストはキチンと落ち着くのでいいかな(いいのか?)最初のツカミは良かったので、後はグイグイ読めた。

あと、選評者のコメントが最後に載っていたが、
こちらの方が駄目だな・・と感じた。本文の話の内容とは別の、
後味悪さが残った。

7点
――2006.1.25加筆しました。
2004.04.10 Saturday 23:22 | comments(2) | trackbacks(5) | 
<< 『君へ。つたえたい気持ち三十七話』 ダ・ヴィンチ編集部/編  メディアファクトリー | main | 『1ポンドの悲しみ』 石田衣良 集英社 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2020.07.07 Tuesday 23:22 | - | - | 
exp#21 (2006/03/02 6:43 PM)
設定など弱い割りに、スピード感よく楽しんで読む事が出来ました。でも、このミス大賞って、こんな感じの軽いのが多いんですかね?
みかん (2006/03/02 11:39 PM)
exp#21さん、こんばんは♪
確かに一つ一つのツメが弱いのですが、ネタの量でカバーしたという感じでしょうか。
素人さんの投稿作品ですし(本になればプロの仲間入りなんでしょうけど…)まだ出来たての賞なのでミステリー+エンターテーメント的な作品のほうが選ばれているのでしょうかね。
毎回選考委員の方達も変わってないので、似た作品ばかりになるのかな…。









「パーフェクト・プラン」(柳原慧著)
 今回は 「パーフェクト・プラン」 柳原 慧著 です。この本は第2回「このミステリーがすごい!」大賞の大賞受賞作ですね。
| たりぃの読書三昧な日々 | 2006/01/25 8:59 PM |
「パーフェクト・プラン」柳原慧
< 第二回『このミス』大賞受賞作! > 『身代金はゼロ!せしめる金は5億円!』 誰も殺さない誰も損をしない。これは犯罪であって犯罪ではない?! 登場する人物たちそれぞれが独特で個性的で魅力的。 斬新で画期的な新しいネタを次々と沸き立たせ、先読みは
| 雑板屋 | 2006/01/26 2:07 AM |
BOOK◆STARR「パーフェクト・プラン」
柳原慧 著  身代金0、せしめる金は5億円。誰も傷つけない完璧な犯罪。のはずが、複雑な人間関係からほころび始める・・・。   色々詰め込んで、話に一貫性はないけど面白くまとめたなーって感じです。  「このミステリーが凄い」大賞を受賞した作品が、
| しっかりエンターテイメント! | 2006/03/02 6:47 PM |
(書評)パーフェクト・プラン
著者:柳原慧 代理母をして生計を立てるかつての「歌舞伎町の女王」良江が、子供を連
| たこの感想文 | 2006/07/30 8:26 PM |
『パーフェクト・プラン』 柳原慧
『パーフェクト・プラン』 著:柳原慧代理母で生計を立てている小田桐良江は、かつて出産した子供、三輪俊成が、母親・咲子に虐待されていることを知り、発作的に俊成を三輪家から連れ出してしまう。そのことを知ったかつての愛人・田代幸司と、兄貴分でアングラ・カジ
| *モナミ* | 2008/04/15 1:35 PM |