<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

『出口のない海』 横山秀夫 講談社

出口のない海
出口のない海

今回は戦争モノと、新たなジャンルに挑戦…ではなく、著者が1996年にノベルズとして出した旧著を全面改稿したもの。

終戦真近、万が一にも生き残る可能性もない人間魚雷<回天>に乗ることになる主人公。何の為に死ぬのか…理由付けをしたい。そしてまだ夢を追いかけたい。つい一年前には野球をやっていたのだ…。戦艦さえ見たことがないのに戦争をしてきた気分になる。「これは己の心の中の戦争なんだ」戦争に青春時代を翻弄させられる。死のみしか進む道を選べない主人公の葛藤が描かれている。
  
この本を読んで思い出すのが、同時期に出された『僕たちの戦争』荻原浩。同じ回天を扱った、軍事教育がそれほどされてないうちに戦場へ赴く若者達。
「己の心の中の戦争」は両作品に共通する。
タイトル『出口のない海』の意味がとても切なく感じた。

8点


出口のない海―人間魚雷回天特攻作戦の悲劇(ノベルズ)
2004.11.16 Tuesday 17:12 | comments(0) | trackbacks(3) | 
<< DVD『恋人はスナイパー EPISODE2』 | main | DVD『MUSA -武士-』 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.10.13 Friday 17:12 | - | - | 









「出口のない海」横山秀夫
出口のない海posted with 簡単リンクくん at 2005.10. 7横山 秀夫著講談社 (2004.8)通常2-3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る これ読む前に荻原浩氏の「僕たちの戦争」を読んでいて、 「出口のない海」でも同じようなテーマを扱っている
| 本を読む女。改訂版 | 2005/10/07 3:08 PM |
読書日記 『出口のない海』
出口のない海 横山 秀夫  人間魚雷「回天」。そんな兵器があるということは知らなかった。簡単に言うと、人間が魚雷の中に入り込み、操縦することで目標とした敵艦を撃破するための兵器である。むろん、操縦する者は助かることはなく、海の神風特攻隊とでも言え
| やすのぼやき | 2006/08/14 10:29 PM |
『出口のない海』 横山秀夫
「横山秀夫」の戦争小説『出口のない海』を読みました。 [出口のない海] 『戦史の証言者たち』、『大本営が震えた日』に続き太平洋戦争関連の作品です。 -----story------------- 最終兵器「回天」が意味すること。 戦争とは、青春とは――。 人間魚雷「回天」。 発
| じゅうのblog | 2015/08/18 9:40 PM |