<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

『山猫珈琲 上巻 下巻』 湊 かなえ 双葉社

湊 かなえ
双葉社
¥ 1,296
(2016-12-21)

好きなものは「山」と「猫」と「珈琲」。これらのお陰で怒涛の10年を乗り越えることができました。デビュー10周年初エッセイ集。特別収録/同郷のポルノグラフィティの楽曲『Aokage』をイメージした掌編小説。

 

小説は一冊も読んでないけど、TVでのトークとかは見ていてご本人にはちょっと興味があった…というところでこのエッセイ本を読むことにした。結婚して四国の島で暮らすようになり仕事もこちらで書いているそう。湊さんの生活が作品に反映されてるかどうかは分からないが、生活の中の一部の部分で小説が書かれてる様子。

上巻は各新聞に書かれていたエッセイを纏めたものとなっていて、書かれた時は震災の事に触れるものもあった。タイトルにある山・猫・珈琲は私も好きで、あともう一つ共通に好きなものがあったのでビックリしたかな。。作品は得意じゃないのでまたエッセイが出たらそちらを読むことになるでしょう…。。下巻も似たような話題だけど、あちこちから集めてきたものらしいので、逆にリアルに答えてるのかな。ラジオドラマの脚本が載せられていたりでファンの人にはたまらないかも。イラストも可愛いけど本人じゃなくて旦那さまが書いたそう。可愛い…。

2018.09.13 Thursday 15:09 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 『犬のしっぽを撫でながら (集英社文庫) 』 小川 洋子 集英社  | main | 『博士の本棚』小川 洋子 新潮文庫 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2018.11.17 Saturday 15:09 | - | - |