<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

『明日の記憶』  荻原浩 光文社

明日の記憶
明日の記憶

広告代理店で勤める50歳の佐伯は、人の名前が分からなくなったり、うっかり会議の時間を忘れてしまうようになった。眩暈や頭痛もあり大学病院で診察を受けると『若年性アルツハイマー』の初期症状と診断される。

ついさっきまで覚えていた事を忘れてしまうなんてことはよくある話だけに、どうしても自分に置き換えて読んでしまう。
段々症状が進むにつれ、会社の人間にばれないよう必死にメモを取り、家では体に良いと言うものは何でもチャレンジしてみるが、それも芳しい成果も出ない。失われていく記憶に恐怖と焦りに震える佐伯の心情は想像を越えるものとなる。
フェイドアウトしていくように人生の終わりを迎えたい、どうせ死を迎えるのだ。しかし、どうして私なのだろう。しかたがない。しかし記憶が無くなってしまったら、それは人間と言えるのだろうか?堂々巡りするだけだが、妻や娘・孫の顔まで記憶を無くしてしまうのが怖い。それだけは最後まで覚えておきたいと必死に書きとめ携帯には孫の写真を載せている。

所々に頭痛に襲われたりする場面があるが、本当に息をのむ。また記憶をなくす当事者でなく妻側の心理も少し書かれているが、妻側としてはこれからも記憶を重ねていく訳だから、これも痛々しい。
しかし。佐伯が最後まで忘れなかったもの。。。
…泣かせるねぇ。

10点
2005.01.17 Monday 15:51 | comments(2) | trackbacks(8) | 
<< お年玉2?『CROSSOVER JAPAN'03』 | main | 『ブルータワー』 石田衣良 徳間書店 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2018.10.13 Saturday 15:51 | - | - | 
ディック (2006/02/26 1:48 PM)
ほんと、読ませる小説、泣かせる小説でした。
やはりベテラン作家はいいですね。うっかり「このミス大賞」とか信じると、ババをつかみます。こういう本ばかりを読みたいな。
みかん (2006/02/27 4:20 PM)
この作品は良かったです。主人公の焦りとか伝わってきました。私も去年の年間ベストの上位に入れましたよ。

「このミス」に選ばれていても、好みが合わないのもありますよね。これは外したな〜なんていうのはミステリーだと余計に頭にきたりして(^^;)









「明日の記憶」荻原浩
明日の記憶発売元: 光文社価格: ¥ 1,575発売日: 2004/10/20売上ランキング: 2,379おすすめ度 posted with Socialtunes at 2005/12/05 2005年本屋大賞ノミネート作。 恩田陸もノミネートされているのをすっかり忘れていた私は、 前評判とかでこの本が大賞に違い
| 本を読む女。改訂版 | 2006/02/25 1:56 AM |
『明日の記憶』 荻原浩 (光文社)
明日の記憶荻原 浩 / 光文社(2004/10/20)Amazonランキング:7,120位Amazonおすすめ度:この本を忘れたくない傑作!!!生きることを問われる小説Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog 本作は、主人公が“若年性アルツハイマー病”に罹って段々悪化し
| 活字中毒日記! | 2006/02/25 2:07 AM |
「明日の記憶」荻原浩
明日の記憶 難病と闘うドキュメンタリーを読んでいるような感じで、読みながら主人公の身になって涙ぐんだり、自分に置き換えてどーんと落ち込んだりしてしまいました。 50歳になったばかりの主人公佐伯は、広告代理店の部長としてバリバリと働いています。妻と
| 本のある生活 | 2006/02/26 9:40 PM |
明日の記憶
『本と映画のランデヴー第六弾』   今回は、まず小説を読んで感動し、そのあと10日後に映画を観たので、まだ原作の記憶がかなり鮮明に残っていました。こういうパターンで映画を観たのは初めてでしたが、レビューを書くには都合が良かったと思います。では、まず原
| ケントのたそがれ劇場 | 2006/05/16 12:45 PM |
明日の記憶/堤幸彦
人が存在する理由、それは必要だと言ってくれる人がいるからだと思います。この映画は、若年性アルツハイマーに犯された佐伯雅行という人物(渡辺謙)が、妻(樋口可南子)に支えられながら、病気を受容して生きて行こうとする姿を描いた物語です。 広告代理店の第一
| 文学な?ブログ | 2006/06/09 2:03 AM |
Memories Of Tomorrow
『明日の記憶』 大手広告代理店の部長を務める佐伯雅行(渡辺謙)は、50歳を目前に大きなプロジェクトと娘の結婚を控えていました。そんな仕事も家庭も順風満帆だった中年男性に突如、病が襲います。病名は若年性アルツハイマー。 この病は決して他人事ではなく、実
| Tokyo Bay Side | 2006/07/21 11:01 PM |
『明日の記憶』・本
明日の記憶 荻原浩                 光文社 (2004年10月)327ページ    
| しましまシネマライフ! | 2006/09/23 12:29 AM |
「明日の記憶」荻原浩
タイトル:明日の記憶 著者  :荻原浩 出版社 :光文社 読書期間:2007/01/23 - 2007/01/24 お勧め度:★★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 人ごとだと思っていたことが、我が身に起きてしまった。若年性アルツハイマーと告げられた佐伯。彼には、記
| AOCHAN-Blog | 2007/02/19 9:02 PM |