<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

CD『Breath From The Season 2018〜Tribute to Tokyo Ensemble Lab〜』

DISK:1

  1. Lady Ocean

  2. SHIBUYA

  3. I’LL CALL YOU

  4. RAIN MAN

  5. Have some fax

  6. Gazer

  7. Can’t You See

  8. AIRPORT LADY

  9. Nica’s Dream

  10. TAKE YOU TO THE SKY HIGH

  11. A Night in New York

  12. Morning After Lady

 

DISK:2

  1. The Way Of New Album Breath From The Season 2018

 

関西を拠点に活動するビッグバンド“アロージャズオーケストラ”と2015年3月20日に行われたビルボード大阪でのライブがきっかけとなり交流がスタート。その後毎年ビルボード大阪にて行われ2018年は3月23日&24日の2DAYS 実施される。2018年結成から60年を迎えるアロージャズ。何か一緒にできないかと考案し今回のこの作品を制作するに至った。今までビッグバンドとコラボしてきた角松曲を日本のトップミュージシャンと収録! (C)RS

 

企画モノアルバム3部作で、このアルバムもそうなんだけどまた今回も一味違うものとなっていた。ジャズのビッグバンドとのコラボということでジャズの要素が強いのではと思っていたけど逆にビッグバンドの方が角松サウンドに寄せてくれてる感じなので、印象としてはホーン隊とリズム隊が充実した感じかな(当たり前の表現でスイマセン…)。「SHIBUYA」「RAIN MAN」の歌モノもライブとかでは披露してくれてたそうで慣れているのいうか違和感なく聴ける。「I’LL CALL YOU」「AIRPORT LADY」は昔より落ち着いていて、でも雰囲気は壊さず。「Gazer」は私が本当に好きな曲で更に格好良くしてくれてありがとう‼。って感じ。でも実は全部の曲に満足っていう風には思わなかったんだけど…毎回思う…実際の生の演奏を聴いたらもっと違うんじゃないかな音の圧とかね〜。コンサート…行けないけど…(泣)。今回本田さんを真近で見たかったし久々?梶原順さん、そして須藤薫さん(好きです!)も参戦だったと思う。ドラムの若い人見たかった。。。本気で〜。

まとまりのない文章となってしまったけど…やっぱり角松さん好きです(笑)←…もう大胆に告白しておこう。そして…ブックレット…メッチャ文字小さい!そして長いよぅ。裸眼では読めない!しかしジャズへのリスペクトは伝わったよ。私の知識が全くついていかないのが残念。またなんか思い出したら追記するかも・・・。スイマセン未来の自分。

 

 

 

ちなみに。「AIRPORT LADY」久しぶりに聴けた〜と思ってたら…ライブレポとかで書かれてない…。CDでいうとベストアルバム『角松敏生1981〜1987』。一体いつ振りなん?何を思い出してるん…?最初は『AFTER 5 CLASH』…全部アレンジが違って全部イイな。。と聴き比べしてみるのも良し。。

 

何だかんだ言いながらも、アルバム出してくれてありがとう♪

2018.05.01 Tuesday 08:14 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< DVD『忍びの国』 | main | DVD『きみにしか聞こえない』 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2019.10.03 Thursday 08:14 | - | - |