<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

CD『SEA IS A LADY 2017』角松敏生

2016年35周年を迎え、アルバム『SEA BREEZE 2016』のリリースと7月2日に横浜アリーナで記念ライヴを大盛況の内終了した角松敏生。シンガー・ソングライター、音楽プロデューサーとしての活動に合わせ、1980~90年代にインストゥルメンタル・アルバムをリリースするなどギタリストとしての評価も高い角松だが、2017年は予てから要望の声も高かったインストに再挑戦! 

 

 1. WAY TO THE SHORE
 2. SEA LINE
 3. NIGHT SIGHT OF PORT ISLAND
 4. SUNSET OF MICRO BEACH
 5. Ryoko!!
 6. Summer Babe
 7. 52ND STREET
 8. MIDSUMMER DRIVIN’
 9. LOVIN’ YOU
10. Evening Skyline (新曲)
11. OSHI-TAO-SHITAI

 

<特典Blu-ray収録曲>
 1.SEA LINE
 2.MIDSUMMER DRIVIN'
 3.OSHI-TAO-SHITAI

 

(2017.5.10)

リテイクレコーディングで、スピードもあまり変えてないらしいが、こちらのほうがユッタリして聞こえるのは、演奏する側の余裕でしょうか。大人の『SEA IS A LADY 』ですね〜。

勿論1987年版も当時の私には大人な格好良さはありましたけど、今聞けば若い音ですよね。今の角松さんが、今30年経ったファンへのアルバムにも思えます。

 

ええ、前のと比べるなっていうのが難しいですよね。思い出の歴史も30年ありますから。

ということで、今年はこのアルバムを今年の私に染み込ませたいと思います〜。

 

…やっぱりテンション…アガルわ〜(久しぶりに/(笑))

 

 

 

ああ、今年はライブに行けなさそう…名古屋は9月末、夏の終わりに秋の始まりにも合いそうだなぁ。

 

 

 

2017.05.09 Tuesday 20:39 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 『世界のかわいいパッチワーク・キルト』 | main | CD『今井美樹 ベスト』 今井美樹 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2019.10.03 Thursday 20:39 | - | - |