<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

『奇面館の殺人(上)(下)』綾辻 行人 講談社文庫

季節外れの吹雪で孤立した館、奇面館。主人影山逸史に招かれた六人の客はそれぞれの仮面を被らされた。前代未聞の異様な状況下で、事件は進展する。主人の〈奇面の間〉に転がっていたのは、頭部と両手の指を切り落とされた凄惨な死体。六人の仮面には鍵がかけられていた。名探偵・鹿谷門実の圧巻の推理が始まる!

館シリーズ9作目…とのことですが、間空きましたよね。。いや、『暗黒館〜』を挫折してたから…。今回はちゃんと読了出来ました。
孤立した館に数日間閉じ込められ、その中で事件が起こる…というのは鉄板で、そこからどうなってくのが読みどころなんですが、色々盛り込みすぎてそれを楽しめるか、めんどくさく感じるかは読み手次第といったところでしょうか。やはり中村青司の設計の建物はカラクリがあって、そのトリックを明かしていくのは面白いのですが、登場人物が魅力薄で、読了後犯人や鹿谷の満足感だけで、他は置いてけぼりなのが残念かも。。
ただ、閉所が全くダメな私には仮面つけっぱなし…っていうだけで恐怖感100倍、異常な緊張感で読みましたよ…。ああ怖い。しかしホラー系ではないので…まだ…。

この館シリーズはあと1つで終了とのこと。綾辻さんもお忙しいので、いつになるのか分かりませんが…やっぱり期待してしまいます。
2015.05.23 Saturday 02:04 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< CD『Holiday』Wind & Fire Earth | main | 『言えないコトバ』  益田ミリ 集英社文庫 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.05.09 Tuesday 02:04 | - | - | 









「奇面館の殺人」 綾辻 行人
館シリーズ第9弾「奇面館の殺人」読了しました。 前作「暗黒館の殺人」のような怪奇幻想的な本格推理小説を想像していたのですが、「奇面館の殺人」は、怪奇的な要素は少なく(それでも日常を逸脱した場の設定は存在します)ミステリの「お遊び」をふんだんに盛り込
| 日々の書付 | 2015/09/06 1:42 AM |