<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

CD『THE MOMENT』 角松敏生

角松敏生
アリオラジャパン
¥ 2,975
(2014-03-19)

角松敏生の約3年7ヶ月振り(2014年時)となるオリジナル・アルバム。ジャズ、フュージョン、ロック、ダンス・ミュージック、AORなど、角松の幅広い音楽性が組み込まれたプログレッシヴ・ポップが満載。1曲の中にインストゥルメンタルと歌をコンパイルし、組曲的要素を取り入れた約20分にも及ぶ楽曲や、GOSPEL CHOIRと共に歌う約15分の楽曲などの未発表曲を収録。


1. OPENING ACT feat. SHIENA
2. The Moment of 4.6 Billion Years 〜46億年の刹那〜
3. Get Back to the Love
4. THE LIFE 〜いのち〜
5. I SEE THE LIGHT 〜輝く未来〜
  (2014.3.19)


 

 


新しいチャレンジ、プログレを作りたい、アルバムを一つの作品としてみてほしい、組曲のように1曲を20分という長い曲を作りたい〜みたいなことで、アルバムにする前からライブで演奏してきた曲が「 The Moment of 4.6 Billion Years ~46億年の刹那~」。私にはメドレーっぽく聞こえてそんなに長く感じない(もともと長い曲が多いからかも。)。ただ、どんなふうに演奏してるのかがイメージが湧かなくてそれで集中して聴くのでつ…疲れる〜それがストレスになるかも。想像力が貧弱で…個人的には是非演奏を見ればもっと楽しめると思う。
Get Back to the Love」は、ゴスペル曲になるのかな。パワフルなコーラスがいいし、歌詞もいい。ありのままにうけとめて〜というフレーズが胸に響く。苦手だと思ってたけど、この曲はかなり好きです。

他、チアキさんへの楽曲をセルフカバー、あと映画音楽をのカバーとのこと。

今回は音楽的にも壮大になってるし、それはいいのかどうなのか分からないけど、それこそ角松さんの思いを受け止めて〜聴きたいと思います。

 
2014.03.22 Saturday 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 『散歩』  小林 聡美   幻冬舎 | main | 『祈りの幕が下りる時』 東野 圭吾  講談社 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2019.10.03 Thursday 00:00 | - | - |