<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

『小さいおうち』 中島 京子  文春文庫

昭和初期、女中奉公にでた少女タキは赤い屋根のモダンな家と若く美しい奥様を心から慕う。だが平穏な日々にやがて密かに“恋愛事件”の気配が漂いだす一方、戦争の影もまた刻々と迫りきて―。晩年のタキが記憶を綴ったノートが意外な形で現代へと継がれてゆく最終章が深い余韻を残す傑作。著者と船曳由美の対談を巻末収録。

この時代設定をみると、戦争があって貧しい大変な時期と思っていたが、実際戦争の渦中にいた上流階級の人たちはどう思っていたのか。。今(現代)と昭和初期と入れ替わりながら書かれているが、クライマックスは一気に進むので読みごたえはある。
感じたのは、どの世でも人には青春がありそれぞれの人生があるということ。それは世の中がどう動いていても変わらないものなのかなということ。
読み終われば面白かったな〜。
ただ最初の方は読むのが進まなかったけど・・・。

8点



2013.02.05 Tuesday 10:28 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< 『 虚像の道化師 ガリレオ 7』 東野 圭吾 文藝春秋 | main | 『ぶたぶた図書館』  矢崎 存美  光文社文庫 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2017.04.09 Sunday 10:28 | - | - | 









「小さいおうち」 中島 京子
「小さいおうち」は戦前、女中をしていたタキおばあちゃんが、当時の暮らしを思い出しながら書いたノートをもとに、昭和10年代と現代のタキさんの視点が交互に描かれていきます。また、物語の終盤は一種の謎解きのような雰囲気があり、物語の展開や視点も変わっていき、
| 日々の書付 | 2013/03/20 9:12 AM |