<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

マンガ『アオイホノオ 9』 島本 和彦  小学館

[ マンガ ]

漫画もアニメも若き咆哮を始める80年代!

時は1980年代初頭ー

近い将来、ひとかどの漫画家になってやろうともくろむ
焔燃(ホノオモユル)は、出版社からの返事の電話を
待ちつつ、悶々としていた…
そして…ついに一本の電話が…!!!?

一方、後に「エヴァンゲリオン」を作ることになる
庵野秀明も京都にて…!!?

熱血芸大生の七転八倒エレジー、


やっと出版社にマンガを送りその返事をアパートの固定電話で待つ・・・。
まだ携帯電話など持たない時代、たった1本の電話を待つ主人公の葛藤。
そして編集者の一言一言に一喜一憂するわけですが・・・わかりやすい表現で面白すぎる・・・。
また恒例のそのころの流行っている漫画家たちの円グラフ分析・・・これも面白い。
熱すぎるベタすぎる・・だけど一生懸命さは伝わる面白さ。
・・・癖になります(笑)

2013.01.27 Sunday 00:35 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< マンガ『さんすくみ 5 』  絹田 村子  小学館 | main | 『 虚像の道化師 ガリレオ 7』 東野 圭吾 文藝春秋 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2019.10.03 Thursday 00:35 | - | - |