<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

『真夜中の探偵』  有栖川 有栖  講談社

 〈もう一つの日本〉で探偵は何ができるのか第二次世界大戦後、南北に分断された日本ではすべての探偵行為が禁じられていた。父を逮捕された空閑純は、行方不明の母を捜し、自ら探偵になる決意を固める。
 
これは『闇の喇叭』の続きとなる空閑純シリーズ第二弾。
行方不明になった母を訪ねて大阪に来ている純、一人暮らしを始めバイトに明け暮れながらも密かに探偵になろうと決意。しかし、見よう見まねだし、まだまだ半人前にもならず、探偵になる前に身の回りのことで精一杯になっている…それに両親の事もあって警察には目を付けられている。そんな時にアパートの隣人が突然声を掛けてきて、探偵の真似事らしき事をすることになる。

新しい有栖川さんの主人公は17歳の女の子でもう一つの日本に生きている。その中で、一人で禁じられている探偵になろうとしている成長紀となっているのがポイント。
17歳の女の子が気持ちと行動が一致せず、ただただオロオロしながらも大人の中で悩み成長していく姿が見える・・・と良かったんだけど、まだまだ迷走中のようで、読んでいてもスッキリする部分が少なく、読みづらかったというのが正直な感想。物語の前半は純の現在位置を説明、後半から事件らしきものが出てくるのだが、もう一つの日本という設定に私がついていけないのか、事件もちょっと弱い感じがして物足りなさを感じてしまった。
ストーリーにモヤモヤ感はあっても事件の解決はズバッとして欲しいのがミステリーの醍醐味な気がするので、折角の設定が勿体無いな…と感じてしまった。
既に次の話も出ることが決まってるようなのですが、今回この一冊を読むのに一週間以上かかってしまうぐらい苦手意識が出てしまったので、しばらくは見守りたいな…と思います。。

6点
2012.01.26 Thursday 00:18 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< マンガ『さようなら女達』  大島 弓子 白泉社文庫 | main | ■未完成日記2012■1月分まとめ。 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2020.02.17 Monday 00:18 | - | - |