<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

『求婚の密室―笹沢左保コレクション 』  笹沢左保  光文社文庫

 東都学院大学教授・西城豊士は、自らの誕生日を祝うため軽井沢の別荘にルポライター天知昌二郎を始め、十三人の男女を招待した。西城はここで娘・富士子の婚約を発表するつもりでいた。だが、翌朝、密室状態にあった離れの地下室で、西城夫妻の服毒死体が発見される。床にはWSの文字が…。ダイイング・メッセージと密室の謎に挑む、会心の本格推理小説。

1978年発表の作品。
別荘のパーティに呼ばれた13人はどの人も表には出せない繋がりがある人ばかり。そんないわく付きな人ばかりの中での主宰の西条夫妻が密室の中亡くなって発見される。
何人もがそのトリックを見つけようと持論を発表するが結局アリバイと密室の謎を解けないでいる。
タイトル通り西条夫妻の娘との求婚と、密室。
今回ルポライター天知昌二郎が探偵役として登場するのだが、この辺がちょっとTVドラマのような感じ。。
情熱的だけどクールな天知が雑誌編集長の田部井とキャラがたっているし、登場人物もその背景もしっかり描かれてるし、密室の謎と犯人は最後まで引っ張ります。
うーん、面白いです。

また解説を読んでなるほど。。。と更に思えるんですね。
ま・・・ちょっと色っぽいシーンは控えて欲しかったけど、それもちゃんと繋がってます。
密室モノって手の内が限られてるものだけど、それでも面白く気付かずに導いてくれます。
この手の作品が好きな方は是非。

9点

解説にあった、あれ  これはクイーンの○○○○だったのですね。。。
…なるほど。そういえばそうだ。
急に30年ほど前に読んだ作品が出てきて驚いた…
やられた!
ミステリーファンになった頃を思い出しました。
2011.05.07 Saturday 01:05 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 『霧に溶ける―笹沢左保コレクション 』 笹沢 左保  光文社文庫 | main | CD『smile again』  米倉利紀 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2020.02.17 Monday 01:05 | - | - |