<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

『霧に溶ける―笹沢左保コレクション 』 笹沢 左保  光文社文庫

 ミス・コンテストの最終予選に残った五人の美女。最終審査を前に、脅迫、交通事故など彼女たちを襲う事件が次々と発生し、ついには怪死事件が!自殺か?他殺か?警視庁特捜班の前には、巧妙なアリバイ工作、鉄壁の密室など、複雑に絡み合った“犯罪連立方程式”が立ちはだかる。周到な伏線が、読者を不可能犯罪の迷宮へと誘う、笹沢本格推理の決定版。

1960年、デビューした年に初版ということで、今のご時世とは違うけれど、難解な事件が立て続けに起こり、それはミスコンの最終審査に残った5人に関係あるのではと、『招かれざる客』に出てきた倉田警部補が担当する訳ですが。。
登場人物が限られていて、謎の多い殺人現場、そしてそれぞれ事件の犯人が見えない。
複数のトリックがそれぞれに繋がっていて、最後まで難解。そして事件を解決し読了し終えれば、なるほどとため息が出る。
ミステリーとしては贅沢すぎる展開。
あくまで主人公達の話がしっかりあってこそのトリック、どうだ!とトリックを読ませる内容ではないのが良い。
これが50年前のものとは思えないなぁ。

やはり時代背景が違うのが目に付くけど、それでもやっぱり面白かったです。

10点
2011.05.06 Friday 00:59 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< CD『ひとつだけ/the very best of akiko yano』 矢野 顕子 | main | 『求婚の密室―笹沢左保コレクション 』  笹沢左保  光文社文庫 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2020.02.17 Monday 00:59 | - | - |