<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

DVD『ちょんまげぷりん』

江戸時代からやって来たちょんまげ頭の侍、木島安兵衛をひょんなことから居候させることになった、ひろ子と友也の母子。友也のために偶然作ったプリンから、お菓子作りの才能を開花させた安兵衛。彼は人気パティシエとなり、ひろ子や友也とのきずなも深まっていくが……。 (シネマトゥデイ)
 (2010/日本)
 原作は荒木源の『ちょんまげぷりん』です…文庫にもなってますが未読なんです。

文政時代から平成の時代にやって来た木島安兵衛。
偶然シングルマザーで仕事も家事も子育てもいっぱいいっぱいなひろ子と出会う。
戸惑いながらも武士の心は忘れず、けれど平成の世を生きる為に自身が出来ることをする。それが主夫でありパティシエだったという。
お互いの距離感を保ちつつ、息子の友也を通して家族のような暖かさを感じます。

なかなか突飛な設定ながらも、安兵衛の生真面目な性格とひろ子のちょっとだらしない…というのが両極端で、でもバランスをとっているんです。とくにシングルマザーのひろ子は結構現代の女性をリアルに描いていて、そちらにも共感出来るんです。
やっぱり展開の速さに物語の物足りなさを感じるのですが、いやな感じはしません。
ラストの部分も「そうなるのね」と、ちょっと先読みできますが、それでもいい着地点で良かったです。

主演の錦戸くんが意外と前面に出てなくて残念でしたが(笑)予想してたよりも面白かったです。。
2011.04.02 Saturday 20:11 | - | trackbacks(2) | 
<< ■未完成日記2011■3月分まとめ。 | main | CRYSTAL GEYSER presents STARDUST REVUE 30th Anniversary Tour 「30年30曲(リクエスト付)」 in 名古屋 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2019.06.15 Saturday 20:11 | - | - | 
ちょんまげぷりん/錦戸亮、ともさかりえ
ジェイ・ストームの製作の作品としてはこれまでの中で一番期待度の高い作品です。少なくとも予告編は好印象でした。ベスト作品は岡田准一くん主演の『おと・な・り』でそれ以外は ...
| カノンな日々 | 2011/10/28 6:39 PM |
「ちょんまげぷりん」 現代に生きるにはエネルギーがいる
好きな中村義洋監督の作品なのでさっそく観てきました。 全く異質なものを結びあわせ
| はらやんの映画徒然草 | 2011/10/29 9:02 AM |