<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

DVD『僕の彼女はサイボーグ』

  (2008/日本)


21歳の“僕”を救うために未来の“僕”が現在の自分に送ったという最高にキュートな“彼女”は、やることなすことすべてが大胆でラフなサイボーグだった。“彼女”は“僕”のピンチを幾度となく救ってくれるが、感情を一切持たない“彼女”に思いが伝わらず、“僕”は一方的に別れを告げてしまう。しかしそれは、決して起こるはずのなかった、運命を変えてしまう“恋”の始まりだった。(シネマトゥデイ)
 彼女シリーズ第3弾・・・クァク・ジェヨン監督ということで、ほぼ韓国映画ですよね。。
SF恋愛ものなのですが、なかなか面白かったです。ポワンとした青年のまえに突然美女が現れるなんて、いかにもという感じですが、最初はコミカルなシーンも多いし可愛らしい二人に楽しませてもらえます。また一途なところがいいですよね(過ぎるけど…)

ただ、何度かタイムトラベルするのですが、結構過去を変えちゃってるんですよね…。
これでいいのかな〜なんて思いましたが、最後のところはミステリー小説を読み返してるようで、私は楽しめました。

これも好き嫌いは出てしまうと思うのですが、主役の二人小出恵介くんや綾瀬はるかちゃんが好きだしその二人の世界って感じが好きなので、十分に楽しめました。

辻褄が合わなくなる〜とかではなく、単純に二人のラブストーリーをメインとして見れば面白くみれるのでは…

私は結構気に入りました。
2010.04.02 Friday 18:38 | - | trackbacks(6) | 
<< DVD『ウィニング・パス』  | main | DVD『アフタースクール』 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2019.10.03 Thursday 18:38 | - | - | 
僕の彼女はサイボーグ/綾瀬はるか、小出恵介
クァク・ジェヨン監督の記念すべき日本進出第一作目。前から漠然とだけどこの監督は日本の制作環境のほうが合ってるような気がしてました。だってクァク・ジェヨン監督ってアイデアは多彩なわりにやりたいこと何でもやり過ぎてまとまりがなくなっちゃうから、多少制約が
| カノンな日々 | 2010/04/05 10:02 AM |
僕の彼女はサイボーグ
ラブストーリーなの?  
| Akira's VOICE | 2010/04/05 10:07 AM |
「僕の彼女はサイボーグ」理想のプログラムを描いた先にみた理想のサイボーグ彼女
31日公開の映画「僕の彼女はサイボーグ」鑑賞した。この映画は1人で誕生日を迎えた青年の前に突如現れた美人の彼女と付き合う事になるが、その彼女は未来から来たサイボーグである使命を果たすために青年の前に現れて色々な危機を救うストーリーである。猟奇的な彼女
| オールマイティにコメンテート | 2010/04/06 10:02 PM |
「僕の彼女はサイボーグ」
「僕の彼女はサイボーグ」試写会 東京厚生年金会館で鑑賞 まさにクァク・ジェヨンの描く彼女! 最強で最高にチャーミング。 猟奇的→僕カノ→カノサイ(?)という彼女三部作。といってもおかしくないです。 どうみても、チョン・ジヒョンとチャ・テヒョンのイメ
| てんびんthe LIFE | 2010/04/07 10:46 PM |
僕の彼女はサイボーグ
製作年:2007年 製作国:日本 監 督:クァク・ジェヨン
| いつか深夜特急に乗って | 2010/04/22 10:32 PM |
『僕の彼女はサイボーグ』@サロンパスルーブル丸の内
20歳の誕生日、祝ってくれる友達もいないジローは、街で“彼女”と出会う。最高に楽しい一日を過ごすが、誕生日が終わる頃、彼女は姿を消してしまい、それから会うことはなかった。1年が過ぎ、去年と同じように一人で誕生日を祝っているジローの前に、“彼女”は現れた
| 映画な日々。読書な日々。 | 2010/06/07 3:09 PM |