<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

DVD『インスタント沼』

  (2009/日本)

 雑誌編集長の沈丁花ハナメは、担当雑誌が休刊になり退職。偶然見つかった手紙で知った実の父親に会いにいくと、骨董屋を営む怪しい風ぼうの“電球”という男が現れる。“電球”を訪ねるうちに自室で骨董屋をはじめることを思いついたハナメだったが、お宝が眠る蔵の鍵を“電球”に100万円で売りつけられ……。(シネマトゥデイ)
 三木聡監督のこの作品、冒頭からやってくれます、小ネタのオンパレード。
この時点で好き嫌いが出てしまうかもしれませんが…私はOKです。

ドタバタして、取り止めのないような展開なんだけど、意外にうまく着地してるのが不思議ですよね。
ちょっとでしか出てこない俳優陣も豪華、かなり個性的なキャラばかりで贅沢。
面白いけど切なさもあり。
個人的には主人公の部屋や骨董店のセンスもいいななんて思いました。
タイトルのインパクトも良かったんですが、なるほどって思わせる繋がりが良かったかも。


まあ、主人公の親の役を鎌田行進曲のあの二人が演じてるっていうだけで、もうウケてたんですけど…。

2010.03.15 Monday 11:23 | - | trackbacks(6) | 
<< 『図書館の女王を捜して』  新井 千裕  講談社  | main | CD『All the BEST!1999−2009』  嵐 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2019.10.03 Thursday 11:23 | - | - | 
インスタント沼/麻生久美子
脱力系コメディといえば私にの頭には真っ先にこの監督の名前が浮かんでしまう三木聡監督の最新作です。そして本作の主演の麻生久美子さんと三木聡監督と言えば、そうですあの『時効警察』です。いつもながら何とも奇妙なタイトルですけど、劇場予告編を観ると麻生久美子
| カノンな日々 | 2010/03/19 8:58 AM |
ハーフ沼
「インスタント沼」 「ハルフウェイ」 
| Akira's VOICE | 2010/03/19 10:39 AM |
「インスタント沼」
「インスタント沼」テアトル新宿で鑑賞 なかなか評判がよろしいようなので、きになってみてきました。 麻生久美子という女優さん存在感の薄さというか、線の細さというか、真面目さというか、あまり好印象ではありませんでした。 全作の「ウルトラミラクルラブスト
| てんびんthe LIFE | 2010/03/19 11:44 PM |
「インスタント沼」(日本 2009年)
会社を辞めた彼女が見つけた・・・取り戻した彼女らしさ。
| 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 | 2010/03/20 8:17 PM |
『インスタント沼』 @テアトル新宿
雑誌編集長の沈丁花ハナメは、担当雑誌が休刊になり退職。偶然見つかった手紙で知った実の父親に会いにいくと、骨董屋を営む怪しい風ぼうの“電球”という男が現れる。“電球”を訪ねるうちに自室で骨董屋をはじめることを思いついたハナメだったが、お宝が眠る蔵の鍵を
| 映画な日々。読書な日々。 | 2010/03/27 8:22 AM |
「インスタント沼」 意地なんて、蛇口をひねってジャー
このところ「おと・な・り」「ウルトラミラクルラブストーリー」と出演作が相次ぐ麻生
| はらやんの映画徒然草 | 2010/07/10 9:20 AM |