<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

TOSHIKI KADOMATSU Performance 2009 “NO TURNS” in 名古屋

200911161231000.jpg

TOSHIKI KADOMATSU Performance 2009 “NO TURNS”

NEWアルバムが発表されて約半年・・・
私にとっては1年半ぶりのコンサートでございます。


以下、ネタバレ注意↓
 200911140842001.jpg
▲今回は前の方の席なのでこれだけ・・・。



          ↓
          ↓
          ↓
          ↓
          ↓
          ↓
          ↓
          ↓ 
          ↓
          ↓
          ↓
          ↓
          ↓
          ↓
          ↓
          ↓
          ↓
          ↓
          ↓
          ↓
          ↓
          ↓
          ↓

  at 愛知県芸術劇場(大ホール) 1F11列25

セットリスト

〜Premonition of Summer-WAY TO THE SHORE
1:REMINISCING
2:What Do You Think
3:もっと
4:You can go your own way
5:美しいつながり
6:鏡の中の二人
7:WINDOW ON THE SHORE(BEACH'S WINDOW改)
8:Let Me Say
9:君をこえる日
10:TOKYO TOWER
11:PANSY
12:Falling Love
13:Love Junky
14:木漏れ陽
15:I Must Change MY Life & Love For Me
16:GALAXY GIRL
17:THIS IS MY TRUTH
18:ALL IS VANITY
19:GIRL IN THE BOX

アンコール
1:CAT WALK
2:TAKE YOU TO THE SKY HIGH
3:No End Summer

モアアンコール
 夜の蝉
モアモアアンコール
  砂浜

(16曲目が会場によって変わるようで、名古屋はコレだった気がします/汗)


角松敏生(Vo,g)
江口信夫(Ds)
松原秀樹(B)
今 剛(G)
梶原順(G)
小林信吾(Key)
森 俊之(Key)
田中倫明(Perc)
千秋(Cho)
凡子(Vo&Cho)

満を持して始まった“NO TURNS”ツアー。 
 
ほぼ定刻通りに始まったオープニングは懐かしい曲から。
NEWアルバムから数曲のあと、凡子さんのアルバムプロデュースの話。もうすぐ正式リリーズ日の発表があるそう。
 
凡子さんとの「鏡の中の二人」これ良かった〜♪
凡子さんの艶っぽい歌声にウットリです。
この後、懐かしい曲ということで、3枚目のアルバム『ON THE CITY SHORE』が思い入れがあるという話に。
このセルフプロデュースで評価をいただいた、ということが本人の自信となったアルバムなんだそうです。
ただ…タイトルが変!英語が変!BEACH'S WINDOってなに?
ということでタイトル変更となった〜そうです。
で、このアルバムから2曲。
そしてシングルの曲が3曲(これが私のツボ)
 
またあの時活動を凍結してなかったらどうなってたんだろう、と考える日もあったそうですが、今、現在の自分が好きなので、あの時休んでよかったんだと思ったそうです。
その頃の曲も…。
その後はNEWアルバムからと盛りだくさん。
 
みなさん大阪でモアモアまであった事を知ってるのか、殆どの方が帰られず、かっどまつ!!のコール・・・そして更に進化形へ(笑)
最後のファンクラブのみの発売だったCDの中から杏里さんの「砂浜」まで、しっかり聴いてきました。
 
 
 
今回は真正面の位置で全員が見れる場所、前の席の人も女性だったので見やすかった♪
とにかく角松さんしか見てなかったなぁ(笑)目線が合うような距離だけど、きっと向こうからはコチラの顔は見えてないと思うので、ガン見(ウフ)。。
シングルカットされてた曲ばかり並んだ時は大興奮。その頃の思い出もあってテンション上がってしまうんですよね(笑)
「君をこえる日」を力強く歌い上げていたのにもジーンときた。
 
なにより角松さんのトークが前向きだったのが印象的。
新しいファン獲得もだけど今のファンも大事にしたい…今の自分が好き…毎年アルバムは発表していきたい…来年2010年は50歳の節目の年だしなんかやりたいなあ…再来年2011年はデビュー30周年…今度も横浜アリーナでして欲しいという意見も多い…などなど。
是非やって欲しい!
会場の拍手もかなり大きく長かったし、角松さんもこの拍手でちょっと自信ついたかも〜などと(笑)
満席とは行かないけど4階席まではしっかり埋まってたし、いつも以上に暖かい声援と拍手が続いたお客さんたちに、角松さんも嬉しそうでした。
 
演奏も勿論良かったけど、まだまだ角松さんの曲が聴いていける楽しみを得られた3時間のコンサートでした。
 
 
 
 
 
しかし・・・引っ越して乗り継ぎが増えた分、ダッシュで帰らないと間に合わない…この会場近くは、よく車で来るけど、自分で運転してないんで1人では無理。。
余韻を脳内のみで感じつつ、即効帰路に着いたのでした…はぁ〜
2009.11.14 Saturday 23:59 | comments(2) | trackbacks(0) | 
<< 『屋久島ジュウソウ』  森絵都 集英社 | main | 『ビロウな話で恐縮です日記』  三浦しをん 太田出版 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2020.07.07 Tuesday 23:59 | - | - | 
祥 (2009/11/22 1:43 AM)
>ガン見(ウフ)。。
あー、楽しそうだなぁ。羨ましい(笑)
そうそう、席が前だと、紙ヒコーキの数少ないですよね(笑)
私は最前とれて5列目でした。同じくガン見しましたよ(笑)
目悪いから見えないハズが、一緒に行った友人と、
絶対にアタシの方見てた!いや、アタシよー!と醜い争い(笑)
よかったですねー。新潟はもう来ないんじゃないかなぁ。
また行きたい気持ちはメチャクチャあるんですけどね。

>なにより角松さんのトークが前向きだったのが印象的
おー、それはそれは!すごくいい事ですね。
是非ともずっと続けて、私達を楽しませて欲しいですね!

しかし、たまらない曲順ですね。お疲れさまでしたー。
ウラヤマシー!(笑)
みかん (2009/11/25 8:17 PM)
>祥さん
前の席だと・・・視線外せませんよね〜(笑)
暫くはこの大所帯で廻ることはないかも…
という寂しい話もあったので
これからは主要都市だけになってしまうのかな??

まずは健康で(笑)ずっと唄ってて欲しいなぁ
そして・・・目指せ30周年!!
〜と節目の年にドカンとやってもらいたいな(笑)