<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

『なんにもうまくいかないわ』 平 安寿子 徳間文庫

 子なしシングルの負け犬も40過ぎたらオオカミだ−。なんでもかんでも己のことを喋ってしまう「私生活の無い女」志津子を中心に、独特の「饒舌体」で一気に読ませるコメディーなどを収録。

40を過ぎて独身のキャリアウーマン。仕事とプライベートの境がなく、なんでも自分の事を隠さず言ってしまう、自分も人も振りまわしてしまう志津子さん、この志津子さんに関わる人達から見た短編連作となっている。
1編目で、同級生の主婦からみた志津子さんとの関係を読んでると、心底嫌いになりそうな彼女…なんだけど、やっぱり憎めない…と思ってしまう(私には合わないが…)
お金はあるけど愛情に飢えてるのか、幸せな感じがしなくて慌しい。
運転が下手なのにベンツに乗ってたり、常に若い男性と居たりと、それなりに幸せな気もするけど、満たされない彼女。
ユーモアを越えてひいてしまうのですが…それでも彼女の積み重ねてきたものが見えたとき、彼女の必死さみたいなのがどうしてかが見えてくる。
ドタバタだけでは終わらないのがミソ。
ちなみにこの志津子さんにはモデルがいるそう。これを書き上げてから数年経ってるけど、その人は今もこんな感じのまま年を重ねてるのだろうか・・・気になる。。

7点
2009.09.02 Wednesday 00:58 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< CD『Light and Shadows』  CASIOPEA  (1997/9/3) | main | 『日々是作文』 山本文緒  文芸春秋 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2020.07.07 Tuesday 00:58 | - | - |