<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

『再婚生活』 山本 文緒  角川書店

山本 文緒
角川書店
¥ 1,470
(2007-06)

直木賞受賞、山手線円内にマンションを買い、再婚までした。恵まれすぎだと人はいう。人にはそう見えるんだろうな−。夫婦という葛藤。涙する心と孤独の病、鬱。病んだ心が静かに恢復してゆく。著者3年の沈黙を破る告白日記。

前作『日々是作文』の続きとなる一冊。
日記エッセイとして仕事を再開したけど、病気は一進一退といった状態から徐々に悪化。入院しても続けていたが、それも無理となってきた。。
と、そのクダリまで読んで病院で書いていることが当たり前と思っていた文緒さんに、本当に頑張っちゃう人なんだと感じた。
1日1日気持ちの浮き沈みがあり、気持ちのコントロールが出来なくて落ち込んでしまい、薬に頼るしかなくなる。入院して少し改善されることはあっても、その場しのぎに見えることもある(私的にです)。
そしてエッセイの休止後(多分かなりの月日が経ってると思う)の日記には明らかに変化があった。
エッセイにも触れられているけど、転院した先生とその時に出会った(街の)整体師からの指導にあったのかも・・・と思う。
・・・まぁその辺は私的に気付いたり感じることが多かった。
どう思ったかは書かないけど・・・、エッセイ日記に書かれていた揺れ動く気持ちに心も体もついていけない様子やパニックになる要素だったり、入院中の様子や先生との会話など、きっと書いているときは苦痛だったと思うけど、同じ病気だったりその関係者だったりする人には訴えてるものが伝わる文章に思う。

この1冊に約3年分綴られている。出だしとラストでの文章の違いで随分ホッとした。
再婚日記なのだからこれからも王子との日記を続けて欲しい。
2009.09.05 Saturday 00:40 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 『日々是作文』 山本文緒  文芸春秋 | main | マンガ『くるねこ丼』 くるねこ大和  エンターブレイン >>

スポンサーサイト

[ - ]
2019.10.03 Thursday 00:40 | - | - |