<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

『赤い月、廃駅の上に』  有栖川有栖 メディアファクトリー   

廃線跡、捨てられた駅舎。赤い満月の夜、異形のものたちが動き出す−。戦慄の表題作ほか、恐ろしくも、どこかやさしくせつない全10編のテツ怪談を収録。『幽』連載を中心に単行本化。

10編の鉄道に関わるホラーミステリー集。
鉄ちゃんでこれまでにも鉄道に関わる作品をコッソリ(?)書いてきた有栖川さん。今回はその鉄っぷりを発揮した、しかもミステリーというよりホラーでの作品集となってます。
 
鉄オタたちが鉄道にまつわる話をしていくものや、亡くなった人達が三途の川を渡るために乗っていく列車の話など、1編が短いけれどピリッと効いた話が多く、ホラーながらも楽しめるものばかりでした。
 
9点
2009.06.09 Tuesday 14:08 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< 『片耳うさぎ』  大崎梢 光文社 | main | CD『NO TURNS』  角松敏生 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2020.02.17 Monday 14:08 | - | - | 









「赤い月、廃駅の上に」有栖川有栖
赤い月、廃駅の上に (幽BOOKS)(2009/02/04)有栖川有栖商品詳細を見る 有栖川有栖の新天地! 恐ろしくも、どこかやさしくせつない10の奇談。車窓...
| しんちゃんの買い物帳 | 2009/06/20 7:58 PM |