<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

CD『Platinum』  Casiopea 

Platinum
プラチナム

デビュー作のつもりで……1曲目から軽目のダンス・ビート。このビート感は最後のS&Gの名曲まで続く。マンネリ打破を意図してレコード会社を変え,{オーラ}レーベルまで作った意欲作。楠木有勇行にジャパンら多彩なゲストのNY録音。踊れる新作。

1. Access
2. AKASHA
3. Magnetic Vibration
4. MESPERE
5. DO―LOO―DOO?
6. Get Back to the Good Thing
7. Princess Moon
8. Sunset Rhapsody
9. Believe in Yourself
10. 賛歌“SUNCA”
11. Bridge over Troubled Water
   (1987/9/1)

野呂一生(Gt)、向谷実(Key)、櫻井哲夫(Ba)、神保彰(Dr)
前作「SUN SUN」の次に出たアルバムだったと思います。
楠木勇有行さんがボーカルで加わっているという、インスト系の曲に歌詞が乗ってるわけですから、当時は不思議な感覚で聴いてました。
新しい…とは思わず、楽器が一つ増えた感じかな。

当時、賛否両論あり私は有りだと思ってたのですが、今はあまり聴かないアルバムですね。カシオペアの曲はやはりそれぞれの演奏をじっくり聴きたいと思ってるからだと思います。

でもこのアルバムが唯一お嫁入りしたCD…
他はカセットでしか持ってなかった(何故だろう…??)
たしか楠木勇有行さんのCDも1枚持ってる。
当時はお気に入りだったようです。。
2009.01.23 Friday 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 『ワーキング・ホリデー』 坂木 司  文藝春秋 | main | CD『ACTIVE』 CASIOPEA  >>

スポンサーサイト

[ - ]
2020.07.07 Tuesday 00:01 | - | - |