<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

『夜のピクニック』 恩田陸 新潮社

夜のピクニック
夜のピクニック

第26回吉川英治文学新人賞受賞作
第2回本屋大賞受賞作。
「本の雑誌」が選ぶ2004年度1位。

北高校の年行事の一つ、朝の8時から仮眠を少し取るだけで翌日の朝8時まで、全校生徒で80卻發続ける『歩行祭』が行われる。完走する為にただ歩き続ける。途中にイベントも何もなくただひたすら歩くのだ。

主人公、貴子と融達が、スタートしてからゴールするまでの様子が書かれているのだが、自分が一緒に歩いているような気になる。この作品は恩田サンの母校での体験が元になっているようだが、なるほど、風景も丁寧に書かれてるし、苦しくなるポイントもそしてハイになってしまうあたりも、なるほどリアリティがある。
ハイテンションになったり落ち込んだり励まされたり…友情と恋愛と親子の関係など、丸一日でいろんなことが考えられる時間。そしてゴールし終わった時、何かが得られた、そして始まりなんだと彼女達の変化が伝わってくる。
学生時代辛くても頑張りとおした時の感覚を思い起こされる。

高校生活最後の『歩行祭』に貴子は自分である賭けをする。知らず知らずにもそのことで頭がいっぱいになりずっと目で追っている。彼女は静かだけどこの『歩行祭』に賭けた気持ちがヒシヒシと伝わってくる。
出てくる登場人物すべてが生きていて誰もが誰かのためになっている。
爽やかで万人にオススメ出来る青春物語。

10点
2005.04.27 Wednesday 20:30 | comments(4) | trackbacks(5) | 
<< 『時計を忘れて森へ行こう』 光原百合 東京創元社 | main | ■未完成日記2005■4月分まとめ。 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2018.02.24 Saturday 20:30 | - | - | 
exp#21 (2005/10/07 2:17 AM)
こちらまでTBありがとうございました。ほんと意気込みがひしひしと伝わり、爽やかないい本でした。こういうの好きですね。ちょっと綺麗すぎって思うところもありましたが。
みかん (2005/10/07 10:33 AM)
そうですね〜。
爽やかですが、そうであって欲しいというのもありますよね。
変に大人になってなくて好きです。
一つの大きなイベントに気持ちが高揚していく感じが伝わってきて良かったです。
Ageha (2006/10/28 3:21 PM)
一番驚いたのはサイドバーの角松敏生。
身近になかなかファンがいないので
きゃ〜〜と過去ログを少し読ませていただきました。
いきなり大量にTBしてすいません。
またゆっくり読ませていただきますね。

正直本はあまり読まないほうなんですが
ハマるとというか、ノルと2時間くらいで
1冊読破という極端なひとでして、
現在は映画の原作メインで本はレビューを
時々載せてます。
正直夜ピクは映画のほうはイマイチ
周りの反応がよくないんですが
小説は自分がそこにいる気分になれると
とても面白くて懐かしくて
胸キュンになれるいいストーリーでした。
みかん (2006/10/30 10:00 PM)
Agehaさん、こんばんは♪
TB&コメントありがとうございます。

>>でしょでしょ、Reading Diary♪なのに(爆)
T氏の記事はメモ代わりぐらいなんですが、
地味に布教活動してます。。

私は読んだ本が映画化〜という流れから
映画も見るようになったのです。。
最近特に多いですよね…。
本と映画は基本的には別物として見てますが、
やはり比べてしまいますね(^^ゞ
それも楽しみの一つです。
夜ピクは小説のイメージが強いので、
意見も分かれるところですね。
小説は私も大ヒット。
人に薦められる本って少ないと思うのですが、
この本は自信を持って薦められます。









BOOK◆STAR「夜のピクニック」
 夜のピクニック 恩田 陸 著    甲田貴子が通う高校には、夜通しで歩く「歩行祭」という行事があった。貴子は一つ心に決めた賭けがあった、その賭けが成功すればあの子を・・・    2005年度の本屋大賞(全国の本屋の店員さんがお勧めする本の賞)
| しっかりエンターテイメント! | 2005/10/07 2:18 AM |
フタリ。~「夜のピクニック」~
『みんなで夜歩く、ただそれだけのことが どうしてこんなに特別なんだろう』 その答えを体感する物語。 原作の感想はコチラで。→「夜のピクニック」 確かにただ、歩くだけのお話なんで、 「彼らといっしょに歩けるかどうか」で 映画を見終わったときの感想がちゃ
| ペパーミントの魔術師 | 2006/10/28 3:16 PM |
「夜のピクニック」恩田陸
タイトル:夜のピクニック 著者  :恩田陸 出版社 :新潮社 読書期間:2006/10/10 - 2006/10/12 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 夜を徹して八十キロを歩き通すという、高校生活最後の一大イベント「歩行祭」。生徒たちは、親しい友人と
| AOCHAN-Blog | 2006/10/30 9:19 PM |
夜のピクニック
青春学園モノのストーリーは、読む側の年齢や学校の雰囲気によって感じ方が大きく変わって、さまざまな反応があるのがおもしろいところ。 作品に似た雰囲気を体験した人にとってはそうだ!これ!っと昔の思い出がどわっとでてきてノスタルジーの世界に浸れるだろうし
| 本を読もう | 2007/04/14 8:23 AM |
「夜のピクニック」恩田陸
夜のピクニック(2004/07/31)恩田 陸商品詳細を見る 夜を徹して八十キロを歩き通すという、高校生活最後の一大イベント「歩行祭」。朝の八時から...
| しんちゃんの買い物帳 | 2008/02/19 11:47 PM |