<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

『家日和』  奥田 英朗  集英社

家日和
家日和

ネットオークションにはまる専業主婦。会社が倒産し、主夫となる営業マン。夫と妻。ちょっとずれていて、でも愛情がないわけでなく…。ずっと外にいた夫の王国か。ずっと家にいた妻の城か。ビター&スウィートな「在宅」小説。

6編の短編集。在宅小説って何?と思ったら、主人公が日常の生活(家)で起こる事を描いた小説。短編ながらどれも面白い。

「ここが青山」
会社が倒産し、主夫になることにした主人公。代わりに妻が働きに出始めたが…。
暗い話と思ったらそうではない。むしろエンジョイしている。家庭内ではさほど問題にもならず快適なのだが、周りにはそうには映らない。
男性ならではの、ちょっとした拘り、大雑把な女性より主夫に向いてるんじゃないかな。

「家においでよ」
妻が出ていった後、家の中を趣味のものを一つ一つ吟味しながら揃えていく、それは独身時代に揃えたかったものだったりと、とても居心地のいい空間となっていた。
 寂しくなった家の中で、お気に入りの家具を揃えることで寂しさを紛らわす…どころか妻の心配はしなくていいのか??って思ったけど、妻が出て行った理由もさほど大したものではなかったのかな。一人になって見えてくるものは、妻だけでなく友人達の本心や家庭だったりして。

「夫とカーテン」
カーテン屋をオープンさせるといって、既に会社を辞めてきた夫に呆れるプロのイラストレーターの妻。破天荒な夫にカリカリするのだが、そんな時こそいい作品が出来る。夫への怒りとインスピレーションは比例するのか。ただ困った人・と思っていたのが、自分の作品の出来に左右されてたと知ってから、夫の良いところも見えてくる。けれど、この妻だからこそ夫も自由気ままに出来るのかも。フフッと笑える夫婦です。

「麦と玄米御飯」
どの作家さんもそのような気がするけど、N木賞を獲ると某賞を獲った作家さんが主人公の物語を書かれてるような(気のせい?)。
 某賞を獲り、家庭にもゆとりが持てるようになった妻は、パートを辞め近所に住むロハスにのめり込む夫婦に感化され、我が家にもロハスをガンガン取り入れ始めた。
作家の主人公は少しエスカレートし始める妻に困惑しながらも、そのロハスで被るストレスを小説にしたいと思ってしまう。。
 きっと小説が行き詰ってしまうと、家庭の中でネタを探してしまうのかも。そんな心理がありつつ、暴走しそうな妻に困惑しながら態度では表せなかったりする、このうろたえっぷりが面白い。

 毎度思うけど、女性の描き方やその呟きが、リアリティがあって面白い。
前に『マドンナ』という女性OLが主人公の短編が、実に女性が女性らしくてビックリしたけど、普通の主婦も描けるのにまたビックリ。
 大した事件は起こらない、でもちょっとしたハプニングや、会話のネタになるぐらいの出来事が面白く描かれている。
とても楽しめた。

…奥田さんって結婚してたっけ??

8点
2007.10.24 Wednesday 08:57 | comments(4) | trackbacks(10) | 
<< DVD『フラガール』 | main | ■未完成日記2007■10月分まとめ。 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2018.10.13 Saturday 08:57 | - | - | 
こばママ (2007/10/25 10:26 PM)
はじめまして。

奥田さんの本は読んだことがありませんが、面白そうですね!
読みたくなっちゃいました。
みかん (2007/10/26 1:42 PM)
こばママさん、こんにちは♪
奥田さんの作品は面白いのが多いですよ。
この本は心地のいい面白さがありました。
もうすぐ映画化される『サウスバウンド』は
破天荒な面白さがあるし、
映画化ドラマ化された伊良部医師のシリーズも
馬鹿馬鹿しい面白さがありました。
良ければ読んでみてくださいね。
Roko (2007/11/03 8:45 PM)
みかんさん☆こんばんは
玄米ばかり食べさせられている作家は奥田さんの分身でしょうか?
口うるさくても、美味しい御飯を作ってくれる奥さんが欲しいと思ってるのかなぁ?
みかん (2007/11/08 11:46 AM)
Rokoさん、こんにちは。
お返事遅れてスイマセン。
あはは、どれも奥田さんの分身に見えますね。
思い出しましたが、エッセイを読む限りは奥田さんは独身だったような…。
堅苦しくない気さくな文章にホッコリします(^^)









【家日和】
読んでて、「フフフッ」と微笑んでしまいました [:ラッキー:] ネットオークションにはまる専業主婦。会社が倒産し、主夫となる営業マン。夫と妻。ちょっとずれていて、でも愛情がないわけでなく…。ずっと外にいた夫の王国か。ずっと家にいた妻の城か。ビター&
| じゅずじの旦那 | 2007/10/24 11:54 AM |
「家日和」 奥田英朗
{/book/}「家日和」奥田英朗 『ガールズ』や『マドンナ』などで30代OLや中年男性課長を描いた奥田英朗が、今回は“家にいる人”を描いた。 主婦と夫の何気ない日常を描いた6編が収録されている。 「サニーデイ」 ネットオークションへの出品にハマって、家の中の不用
| ミチの雑記帳 | 2007/10/25 9:44 AM |
家日和 奥田英朗
装丁は大久保伸子。写真は本城直季。 「小説すばる」2004年9月号から2006年12月号までの不定期掲載に加筆修正した短編集。 1997年「ウランバーナの森」で作家デビュー。02年「邪魔」で大薮春彦賞、04年「空中
| 粋な提案 | 2007/10/25 6:01 PM |
「家日和」奥田英朗
家日和 ところどころ鋭さにうなって、ところどころ笑って・・さらりと読むことができて、気軽に楽しむことができます。おもしろかったです。でも同じ系統だったら「ガール」の方が好きだし、短編よりも長編の方が好きです。 内容(「MARC」データベースより) ネ
| 本のある生活 | 2007/10/25 8:55 PM |
家日和 奥田英朗
ネットオークションにはまる主婦、主夫業を愉しむ失業中の営業マン、別居後の生活を謳歌する夫など、日常生活の中で見つけたささやかな楽しみに没頭してしまう人々をコミカルに描いた短編六編。 日常の中で見つけた楽しみから得られた高揚感がリアルに描かれていて、読
| かみさまの贈りもの〜読書日記〜 | 2007/10/26 8:31 AM |
「家日和」奥田英朗
タイトル:家日和 著者  :奥田英朗 出版社 :集英社 読書期間:2007/08/06 - 2007/08/07 お勧め度:★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] ネットオークションにはまる専業主婦。会社が倒産し、主夫となる営業マン。夫と妻。ちょっとずれていて、でも愛情
| AOCHAN-Blog | 2007/10/28 12:09 AM |
『家日和』 奥田英朗
家日和posted with amazlet on 07.10.31 奥田 英
| Roko's Favorite Things | 2007/11/03 8:38 PM |
『家日和』 奥田英朗 その1
『サニーデイ』 んなあ、いいこたあ、いちどもなかったぞ。 んやあね、このお話は、中年の主婦がインターネット・オークションに 手を出したところ、いいことが次々に起こりました、 ってことなんだけどね、 しわが無くなったり、 便秘が解消されたり、 廻りから
| キューピーヘアーのたらたら日記 | 2007/11/04 8:27 PM |
『家日和』 奥田英朗 その2
『グレープフルーツ・モンスター』 あぶねえ、このおばさん。 『夫とカーテン』 うらまやしい、じゃないや、うらやましい限りのお話。 転職ばかりしている夫。 ある日突然、品川でカーテン屋を始めると言い出した。 問い詰めると、もう会社には辞表を出した後
| キューピーヘアーのたらたら日記 | 2007/11/04 8:29 PM |
奥田英朗『家日和』
家日和奥田 英朗集英社このアイテムの詳細を見る 今回は、奥田英朗『家日和』を紹介します。本書は家庭にフォーカスを当てた短編集です。何かあるあると思わず言ってしまうようなものばかりですね。全体的に女性に優しい感じがしますね。一番良かったものは妻と玄米御
| itchy1976の日記 | 2009/11/02 2:41 PM |