<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

DVD『フラガール』

フラガールスタンダード・エディション
フラガールスタンダード・エディション (2006/日本) オススメ♪

時代の波で閉鎖に追い込まれた、とある炭坑の村では、危機的な状況の中、炭坑で働く人々はツルハシを捨て、北国の寒村を“常夏の楽園”に変えようと立ち上がった。村の少女たちは腰みのをつけ、肌もあらわにハワイアンムード満点のフラダンスを踊りはじめるのだが……。 (シネマトゥデイ)
炭鉱の街を復興させようと出来た常磐ハワイアンセンター、そこで踊るフラガール達の実話に基づいて作られた映画。
華やかな映画なんだろうと思ってたけど、実際は違ってた。
ステージは華やかで、常にダンサーは笑顔。けれども、その笑顔の裏には色々な人間模様がある。
炭鉱事故で親を亡くした女性、夫を亡くした女性、そして母一人で育てられた女性、そして父が急に解雇された女性…。みんな何かの悲しい過去を持っているが、それでも踊るフラガール達。
フラには、一つ一つの踊りに意味を持つ。相手を思いやる気持ちだったり感謝の言葉だったり。フラを踊り続けることで、街のみんなにもそして仲間・自分自身に元気と感動を与えているのが素晴らしい。

そしてこの物語は実話であること。約1年ほどを描いた映画だけど、彼女達の頑張りが輝いたラストに感動した。
2007.10.23 Tuesday 09:04 | comments(4) | trackbacks(23) | 
<< CD『Make My Time』 JIMSAKU | main | 『家日和』  奥田 英朗  集英社 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2019.10.03 Thursday 09:04 | - | - | 
くまま (2007/10/26 8:35 AM)
大ヒットしたのも頷ける作品でしたね。
しずちゃんの、ぼーっとした感じも、適役だったし。ただ、難を言えば、お母さんがきれいすぎでした(笑)。
みかん (2007/10/26 2:57 PM)
評判どおり、しずちゃんも良かったですね。
…お母さん美人でした?しまった、顔が浮かんでこない…(>_<)

高橋克実さんの、怖いお父さんも有りだと気づきましたが、映画レビュー書く時点になって、主役が松雪さん、ということにも気づきました(ずっと蒼井優さんだと思って見てた)
(-_-)もう一度見直したい!
kimion20002000 (2007/11/03 7:10 PM)
TBありがとう。
劇場、DVD,TVと、都合三回見ましたけどね。
いい意味で、大衆映画の最高峰だと思っています。
みかん (2007/11/08 11:43 AM)
kimion20002000さん、
お返事遅れてスイマセン。
しずちゃんのシーンは本当に泣けました。
家族のために、そして辛いことがあっても笑顔で踊らなければならないけど、フラが彼女達の支えだったのも伝わってきます。
私はDVDとTVでしたが繰り返して見ても良かったです。









映画「フラガール」
泣けるよ、泣けるよ、と最初からそう思いながら観た、・・そう思いつつも思いの片隅に、わざとらしく感動を押し付けられるのではとの疑念もあったのだが・・ 時は昭和も40年、時代の波に押され風前の灯の常磐炭鉱、大量解雇の嵐が吹き荒れるなか、閉山の穴埋
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2007/10/24 1:49 AM |
映画【フラガール】
福島県いわき市の常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)には子供のころ連れて行ってもらったことがある。私を含め、そういう思い出を持つ宮城県民は非常に多いと...
| ぱんどらの本箱 | 2007/10/24 9:28 AM |
【フラガール】
観ました、、、泣きました、、、しかも、号泣。 確かに泣き上戸のオレですが、これはハマった!!! 《昭和40年代、福島県の炭鉱町に誕生した常磐ハワイアンセンターにまつわる実話を基に、フラダンスショーを成功させるために奮闘する人々の姿を描いた感動ドラマ
| じゅずじの旦那 | 2007/10/24 11:53 AM |
フラガール
泣いて笑って、笑って泣いて...。最後まで楽しめる作品に仕上がっていました。 昭和40年。「もはや戦後ではない」という言葉が実感を持って語られるようになった頃の日本。それまで石炭に頼っていたエネルギー源が石油に置き換えられていき、炭鉱が次々と閉鎖され
| 日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜 | 2007/11/01 7:04 AM |
「フラガール」
「フラガール」九段会館で鑑賞 またまた昭和のお話です。昭和40年。当時福島県の炭鉱町で炭鉱を閉山し、あの『常磐ハワイアンセンター』をつくっていった実話だそうです。昭和の時代を回顧する作品がこのところ続いて公開されていますが、なんでこんなに辛くてもの
| てんびんthe LIFE | 2007/11/01 7:11 AM |
『フラガール』
人生には降りられない舞台がある・・・。まちのため。家族のため、友のため、そして自分の人生のために、少女たちはフラダンスに挑む。   ■監督・脚本 李相日■キャスト 松雪泰子、蒼井優、豊川悦司、山崎静代(南海キャンディーズ)、富司純子、岸部一徳、高
| 京の昼寝〜♪ | 2007/11/01 8:10 AM |
フラガール
でかい・・・しずちゃん。
| ネタバレ映画館 | 2007/11/01 8:18 AM |
フラガール(映画館)
未来をあきらめない
| ひるめし。 | 2007/11/01 10:19 AM |
フラガール
感情豊かに舞い上がった笑いと涙が気持ち良い!
| Akira's VOICE | 2007/11/01 10:22 AM |
『フラガール』
※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 「まいったな。 まさか、李相日監督の映画で涙が出るとは思わなかった」 ----『69 sixty-nine』のこと、 いつもよく言わなかったものね? でも、これもあの映
| ラムの大通り | 2007/11/01 10:28 AM |
フラガール
映画「フラガール」の感想です
| ジャスの部屋 -映画とゲーム- | 2007/11/01 10:48 AM |
フラガール/松雪泰子、豊川悦司、蒼井優
南海キャンディーズのしずちゃんが一人で踊っていた劇場予告編はかなり以前から見せられていたので、全容が掴めないものの何だか気になる作品だったわけですが、公開が目前にして宣伝量も一気にアップしていくに従って前評判おグングンと高まっていきましたね。いつの間
| カノンな日々 | 2007/11/01 11:04 AM |
『 フラガール 』
 公式サイト 映画 『 フラガール 』 [劇場鑑賞] 2006年:日本 【2006年9月23日公開】[上映劇場 ] 監 督:李相日 脚 本:李相日 羽原大介 [ キャスト ]  松雪泰子 豊川悦司 蒼井優 山崎静代 岸部一徳
| やっぱり邦画好き… | 2007/11/01 11:55 AM |
フラガール (2006) 120分
昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。時代は石炭から石油へと変わり、閉山が相次ぎ、町は先細りの一途をたどっていた。
| 極私的映画論+α | 2007/11/01 1:00 PM |
★「フラガール」
ホントは「レディ・イン・ザ・ウォーター」を見るつもりだったけど・・・ 時間の都合で邦画の「フラガール」。 予告編は何度も見てるのであらすじは大体判ってるけど・・・。 炭鉱娘が感動させてくれるのか???ってちょっと心配。
| ひらりん的映画ブログ | 2007/11/01 11:11 PM |
映画「フラガール」
映画館にて「フラガール」 昭和40年、福島県の炭鉱町に誕生した常磐ハワイアンセンターにまつわる実話を基に、フラダンスショーを成功させるために奮闘する人々の姿を描く。 「黒いダイヤ」ともてはやされた石炭の時代も終焉を迎えつつあり、危機的状況にある炭鉱の町
| ミチの雑記帳 | 2007/11/02 6:07 PM |
NO.177「フラガール」(日本/李相日監督)
邦画のエンタテイメント・シネマの最高峰として、 堂々とアカデミー(外国作品)賞を競えばいい! 僕がとても注目している映画の、製作・配給会社にシネカノンがある。 代表は李鳳宇。1960年生まれの彼は、1989年にシネカノンを立ち上げ、「シュリ」「ブラス」「地雷を
| サーカスな日々 | 2007/11/03 7:08 PM |
【劇場鑑賞101】フラガール(hula girl)
昭和40年 東京から来た カリスマダンサー 集められた 炭鉱の娘たち 北国を常夏の楽園に!! 40年の時を越え語られる奇蹟の実話。 人生には降りられない舞台がある――― まちのため、家族のため、友のため、 そして自分の人生のために、
| ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2007/11/04 3:31 PM |
『フラガール』
『フラガール』公式サイト スパリゾートハワイアンズ 監督:李相日 音楽:ジェイク・シマブクロ 出演:松雪泰子 、豊川悦司 、蒼井優 、山崎静代 、池津祥子 、    徳永えり 、三宅弘城 、寺島進 、志賀勝 、高橋克実 、岸部一徳 、富司純子 20
| Rabiovsky計画 | 2007/11/05 12:38 AM |
フラガール 06年205本目
フラガール 2006年   李相日 監督松雪泰子 、豊川悦司 、蒼井優 、山崎静代 、岸部一徳 、富司純子 この映画は、2006年度 猫姫大賞に選出しました。 久しぶりに、姉君とデイト。 彼女はスネーク何とかって言う飛行機の映画をご所望でしたが却下。で、
| 猫姫じゃ | 2007/11/05 9:19 PM |
フラガール
「フラガール」評価 ★★★★★★★★★★(絶対的賞賛作品)『あらすじ』 昭和40年、福島県いわき市。炭坑町として賑わいを見せるも時代の移り変わりより石炭から石油へとエネルギーの需要は移ってゆく。そんな町で暮らす高校生の早苗は、通学路で見つけた「ハワイ
| 何を書くんだろー | 2007/11/06 8:35 PM |
「フラガール」鑑賞
僕は何ボーイ? 石塚です。
| BIGLOBE平主任ブログ | 2007/11/30 12:06 AM |
フラガール
“もう石炭の時代じゃないでしょう!” “時代が変わったからって、俺たちまで変わる必要なんかねぇ!” 蒼井優主演の“フラガール”を観てきました。 昭和40年、福島県いわき市。炭鉱の町として繁栄してきたこの町も、石炭から石油へとエネルギー産業が大きく転
| たにぐちまさひろWEBLOG | 2007/12/21 10:59 PM |