<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

『配達あかずきん 』 大崎 梢 東京創元社

配達あかずきん (ミステリ・フロンティア)
配達あかずきん (ミステリ・フロンティア)

配達したばかりの雑誌に挟まれていた盗撮写真…。駅ビル内の書店・成風堂を舞台に、しっかり者の書店員・杏子と、勘の良いアルバイト店員・多絵のコンビが、さまざまな謎に取り組む。元書店員が描く本格書店ミステリ。

本格ミステリ…は聞いたことがあるけど本格書店のミステリって!(笑)。
本屋さんってよく行くけど謎も多いって感じてた。あのPOPって手作りで作ってるの?それとも手作り風?平積みされてる本や位置ってどうやって決めてるの?破れた本はどうしいてるの?…なんて買い手にはどうでもいい謎なんだけど、独自のルールがあるんだろうな…。そしてレジ先で見かける難解な注文をしているお客さんと店員さん。(店が静かだから話してる内容筒抜け…)。
そんな本屋の店員さんの一日が見える内容で、謎を吹っかけるのはお客さんが登場する。謎を解くのは、本屋店員歴が長い彼女かと思えば実はアルバイトの女子学生。難解とはいえお客さんの為に頭をグルグルフル回転で答えようとする姿は、そこに本があるからなのか??
本屋さんならではのミステリが続々5編。
「パンダは囁く」
ここ最近話題のあの本やこの本のタイトルが出たり、各出版社の企画イベントだったり某パンダの話題のでて本読みにはニヤリとさせられる。けれど、謎が解けた時のゾッとする感じに驚かされる。イキナリレベルの高いミステリです。
「配達あかずきん」
実家近くの本屋さんは実家にも配達してくれてました(週刊マンガだけど)。配達もカナリ手間のかかる仕事だったんですね。。そして事件が起こるのも理容店と読んでる側から見ても身近なところですよね…目の付け所が良いなぁ。
「ディスプレイ・リプレイ」
本屋では一番目に付く場所ですよね。一夜にして起こる奇怪な出来事にビックリです。ちょっとオチが読めてしまったのですが噂話からの発展が面白かったです。

ネット本屋もいいけどリアル本屋も頑張ってる、そしてこんな店員さんが居る本屋に行ってみたいですね。。

5編の短編集なので読みやすいし、キャラクターもしっかり出ていて楽しめました♪

9点
2007.08.07 Tuesday 01:51 | comments(4) | trackbacks(8) | 
<< CD『Re-Cool Reflections』  寺尾聰 | main | 今度こそ… >>

スポンサーサイト

[ - ]
2018.05.18 Friday 01:51 | - | - | 
(2007/08/11 3:56 PM)
TBありがとうございました。
毎日、暑いので、もうまいっています。
みかんさんは、お元気ですか?

本屋さんならではのミステリー、楽しめましたよね。
わたしは、このシリーズ第3弾の「サイン会はいかが?」を読み終わったところです。
成風堂を舞台にした事件まだまだ続きますよ。
みかん (2007/08/15 7:55 AM)
花さん、おはようございます。
私は元気にしてます♪
それにしても暑い日が続きますね…。

個性的なメンバーで面白かったのですが、
既に第3弾まであるのは嬉しい限りです。
早速図書館で予約していますが、いつになるんでしょう??
でも楽しみが増えて嬉しいです(^^)
Ageha (2007/08/28 12:52 AM)
TSUTAYABOOKSでバイトしてるAgehaさんで〜す。
と、いうても本屋大好きなのに
本人ほとんど本読まないひとなんで(おいおい)
ブロガーさんたちのレビューは
ホント助かります。とっても参考になるんで。

POPは自分たちが書くものもあれば
出版社やTSUTAYAの本部からくるものも
ありますよん。
これがタダで働いてくれる一番の宣伝マンですね。
この本おもしろそう。
売り場で探してみますです・・( ̄▽+ ̄*)
みかん (2007/08/28 9:48 AM)
Agehaさんは本屋さん勤めなんですね。
本好きには本に囲まれていい職場だな〜
なんて思うのですが、この本を読むと、
本も扱うけどお客さんも扱う(笑)
本好きだけでは出来ない仕事なんだと
判りました(^^)
この本は短編連作となってるので
とても読みやすいですよ。

最寄の本屋さんはPOPが多く、
POPを見て衝動買いしてしまうことも(笑)。









配達あかずきん
**************************************************************** 「いいよんさんわん」―近所に住む老人に頼まれたという 謎の探求書リスト。コミック『あさきゆめみし』を購入後 失踪した母の行方を探しに来た女性…。駅ビル内の書店 成風堂を舞台に、しっかり者
| 気楽に♪気ままに♪のんびりと♪ | 2007/08/07 7:59 PM |
【大崎梢】配達あかずきん
 久しぶりの図書館本である。ソフトカバーということもあってか、状態はなかなかよろしい。が、表紙をめくると左上隅に、何やら茶色の液体をこぼしたとおぼしき染みが…。こういうのは不注意とはいえ、ペナルティがあってしかるべしかと思うのだが。 東京創元社 200
| higeruの大活字読書録 | 2007/08/07 9:57 PM |
配達あかずきん成風堂書店事件メモ 大崎梢
東京創元社ミステリ・フロンティア。「本の雑誌」2006年上半期ベストテン第2位。COVER PHOTO:(c)WONDER WARKZ。BOOK DESIGN:岩郷重力+WONDER WARKZ。 駅ビル内の成風堂書店でしっかり者の書店員・木下杏子と勘の
| 粋な提案 | 2007/08/11 12:08 AM |
(書評)配達あかずきん 成風堂書店事件メモ
著者:大崎梢 配達あかずきん価格:¥ 1,575(税込)発売日:2006-05-
| たこの感想文 | 2007/08/11 12:51 AM |
「配達あかずきん」大崎 梢
配達あかずきん大崎 梢 (2006/05/20)東京創元社 この商品の詳細を見る 世間で評判が良い本ですが、大絶賛とまでは行かなかった。 本屋さんに持ち込まれた謎を書店員の杏子と、 バイトの多絵(こちらが鋭い)が謎を解く書店ミス
| しんちゃんの買い物帳 | 2007/08/11 10:09 AM |
配達あかずきん
配達あかずきん  威風堂書店事件メモ  大崎梢  東京創元社 2006年5月 近所に住む老人に頼まれた本とはいったいどの本なのか。暗号のような言葉から推測していく「パンダは囁く」 コミック「あさきゆめみし」に重要なことが書いてあったと娘に電話を
| <花>の本と映画の感想 | 2007/08/11 3:48 PM |
「配達あかずきん 成風堂書店事件メモ」大崎梢
配達あかずきん あちこちのブログで見て気になってたんです。で、図書館で初めてじっくり表紙を見て驚きました。これってミステリ・フロンティアの表紙だったんですね。で、さらにじっと見ると表紙の装丁が見覚えのあるものと違うのです。うーん、これはいったいどう
| 本のある生活 | 2007/08/11 11:36 PM |
「配達あかずきん」大崎梢
タイトル:配達あかずきん 著者  :大崎梢 出版社 :東京創元社 読書期間:2006/10/25 - 2006/10/26 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 「いいよんさんわん」―近所に住む老人に頼まれたという謎の探求書リスト。コミック『あさきゆめみし
| AOCHAN-Blog | 2007/08/12 4:29 PM |