<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

DVD『隠し剣 鬼の爪』

隠し剣 鬼の爪 通常版
隠し剣 鬼の爪 通常版(2004/日本)

 時は幕末。東北の小藩、海坂藩。3年前に母を亡くし、いまだ独り身の下級武士・片桐宗蔵はその日、思いがけぬ再会に胸を痛める。それは、かつて宗蔵の家に奉公に来ていた百姓の娘きえ。伊勢屋に嫁ぎ、幸せに暮らしているものと思っていたきえの姿は、やつれ、あまりにも寂しげだった。数ヵ月後、妹の志乃からきえが病に伏せっていると聞いた宗蔵は、ついに伊勢屋からきえを強引に連れ帰るのだった。日に日に快復していくきえを見て、喜びを実感する宗蔵だったが、そんな時、藩の江戸屋敷で謀反が発覚、首謀者の一人、狭間弥市郎と浅からぬ因縁を持つ宗蔵もこの騒動に深く巻き込まれてしまうのだった。

(ネタバレあり)
************************

映画『たそがれ清兵衛』と同じ藤沢周平原作・山田洋次監督のこの映画。風景も雰囲気も似てる…確かに細かく作られていて当時の生活が見えるよう。冴えない宗蔵がきえに対して優しく接しているあたりはこのキャストでよかったなと思います。
原作を読んでないので、違いは分かりませんが、殺陣のシーンはちょっと物足りなかったですね。隠し剣…なるほど〜!でもなんだかあのシーンに似ているような。。
比べなくてもいいのだが(でも比べてしまうけど)、『たそがれ清兵衛』に比べ、山田洋次監督の色が出ていてほんわかしていた。宗蔵が大人しく平凡な男なので、かっこよく決めるシーンはちょっと無理があるのかもしれないけど、それにしても静と動の動の部分が極端に少なかった。。
しかし、そこまで忠実に守っているのなら、ラストのシーンは今までキッチリ守ってきた幕末の時代風景だったのが、そこだけ現代風な撮り方になっていて残念だった。
2005.07.07 Thursday 17:55 | comments(0) | trackbacks(5) | 
<< マイベス!横山秀夫作品 | main | 『さよならワルガキング』  笹生 陽子 じびき なおこ(絵) 汐文社 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2019.10.03 Thursday 17:55 | - | - | 









隠し剣 鬼の爪
おすすめ度(評価):★★★★★  『隠し剣 鬼の爪』という変なタイトルからあまり見たいと思えなかった映画である。  実際に見てみると、映画としては地味な作品である。しかし、映画としてはよくできていていい映画だと思う。山田洋次監督の前作である『たそが
| おすすめ本と最新映画情報【書評と映画レビュー】 本検索、本通販、映画館、読書感想文、評論、批評 | 2006/03/09 9:39 AM |
隠し剣 鬼の爪
静かに優しく胸を打つ素敵な時代劇!
| Akira's VOICE | 2006/03/09 10:28 AM |
隠し剣 鬼の爪
「隠し剣 鬼の爪」★★★★ (名劇2)2004年日本  監督
| いつか深夜特急に乗って | 2006/03/12 6:26 AM |
隠し剣 鬼の爪
洋画もいいけど邦画もね♪ってことで、こちら名匠・山田洋次監督の『たそがれ清兵衛』に続く時代劇でございます。 永瀬正敏と松たか子が出演というのも気になるところ。 題名にもある“隠し剣 鬼の爪”というのはいったいどんなすごい秘技なのかしら?と、終盤にほんの
| mika;hana | 2006/03/12 9:44 AM |
隠し剣 鬼の爪
隠し剣 鬼の爪 海坂藩の剣術指南役・戸田寛斎は、二人の弟子のうち腕の立つ狭間弥市郎ではなく、貧乏な平侍である片桐宗蔵に秘剣“鬼の爪”を伝授した。 その後宗蔵は、以前屋敷に奉公に来ていた娘・きえが嫁ぎ先でひどい扱いを受けていると知り、無理やりに屋敷に
| とりあえずな日々(仮) | 2006/05/22 11:49 PM |