<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

DVD『模倣犯』

模倣犯
模倣犯 (2002/日本)

東京の下町で豆腐屋を営む有馬義男。20歳になる孫娘・古川鞠子が失踪してはや10か月、事件は何の進展も見せていなかった。そんなある日、下町の大川公園のゴミ箱から女性の右腕とショルダーバッグが発見される。それを報じるワイドショーの生放送中に“片腕とバッグは別の人間のもので、バッグの持ち主は古川鞠子という女だ”と、犯人からの電話が入る。すると、今度は各局にも犯人からの犯行声明が届く。そこには、それぞれ別人の被害者と思われる女性の淫らな写真が添えられていた。日本中が騒然となる中、有馬は鞠子を救い出すべく必死の捜索を行うのだったが……。
公開当初見ているのだが、その時の感想はイマイチ…だった。当時も読んでなかったが、未だに原作は読んでない。
なので原作との違いはよく分からないが、今回改めて観てみると、まあまあ面白かったと感じた。多分原作を読んでないからだろうなぁ。
理性で人を殺す…とピースの最後まで計算づくのゲーム。
イライラさせる展開は狙ったものでしょうね。。
しかしピースの最後はそれまでを台無しにしてしまったような…。その後のラストをああいう風にするなら、もっとサクッと消えて欲しかったです。
あと、このタイトルが『模倣犯』となった、そのくだり部分の説明が少なく、アレ?って感じ・・・タイトルにまでしてるのだから、もっとそこを教えて欲しかったな。
2007.03.05 Monday 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 『シュミじゃないんだ 』  三浦 しをん  新書館 | main | 『おらんくの池』  山本 一力 文藝春秋 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2020.07.07 Tuesday 00:01 | - | - |