<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

『それからはスープのことばかり考えて暮らした』  吉田 篤弘 暮しの手帖社

それからはスープのことばかり考えて暮らした
それからはスープのことばかり考えて暮らした
  
どんなときでも同じようにおいしかった。だから、何よりレシピに忠実につくることが大切なんです…。ある町に越してきた映画好きのオーリィ君と、彼にかかわる人たちとの日々の暮らしを描く短編集。

短編連作と表現した方がいいかな。
新しい街に引っ越してきたオーリィくんが出会った人達はみんな気さくで優しく、そして暖かい。
数駅先にあるこじんまりとした映画館ではお気に入りの映画が見れ、そして住まいに近い場所に「3」という美味しいサンドイッチ屋があり、窓からは教会が見える…。そんなお気に入りの場所が多い街で暮らすオーリィくんの世界が見られます。
そんなにスープが得意だった訳じゃないけれど、スープ作りを託されると、拘らずにはいられない。どんなスープが美味しくてサンドイッチに合うのか…。
そのスープ研究が、まわりの人を暖かくするのだ。

とても暖かい人達が出てくるし、とてもゆっくりとした時間が物語の中に流れている。とくに何があるわけでもないけれど、今の時間を、そして出会う人達を大事にしているだけなんだと思う。そんなオーリィくんに引き寄せられる人達。
スープのようにジンワリ暖かくしてくれる作品でした。

9点
2007.02.22 Thursday 00:01 | comments(2) | trackbacks(1) | 
<< CD『JADE』 JIMSAKU | main | DVD『花よりもなほ 』 >>

スポンサーサイト

[ - ]
2019.10.03 Thursday 00:01 | - | - | 
Roko (2007/02/24 9:35 AM)
みかんさん☆おはようございます。
何て事ない日常が、どうしてこんなに魅力的なのかなぁ?って思える作品でしたね。
安藤さんが作ったサンドイッチを食べてみたいなぁ!(*^_^*)
みかん (2007/02/25 1:52 PM)
Rokoさん、こんにちは♪
そうですよね。オーリィくんの日常は不思議だけどいい雰囲気です。

オーリィくんやマダムが気に入ったと言うサンドイッチやスープが本当美味しそうです。。










『それからはスープのことばかり考えて暮らした』 吉田篤弘
それからはスープのことばかり考えて暮らしたposted with amazle
| ついてる日記? | 2007/02/24 9:31 AM |