<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

マンガ『いとしのムーコ(14)』みずしな 孝之   イブニングKC

[ マンガ ]

暑ーい夏を迎えるムーコ第14巻はグラス納品のため、こまつさん&ムーコが秋田犬発祥の地・秋田県大館へ向かいまーす。いまや大人気の秋田犬とのドキドキな初遭遇やあの名犬との接触も?シリーズ「秋田犬」編を全話収録。さらにムーコがとろけたり、お得意のぴー専用タオルを奪われたりと、ちょっとおバカだけど超ラブリーなムーコの活躍がいっぱい!夏恒例の若かりしこまつ&うしこうストーリーもありますよ!!

 

相変わらず可愛いムーコ、今回は新しくお出かけして大きな秋田犬の兄弟と出会ったり。いつでも全力なムーコもたじろぐ様子が面白かったです。ちょっと夢落ちが多かったかな〜ムーコも最近は寝てるのが多いのかも。表紙もムーコのドアップが良かったよ。

2019.04.28 Sunday 05:37 | comments(0) | trackbacks(0) | 

マンガ『はぴはぴ くるねこ 4』 くるねこ 大和  KADOKAWA

[ マンガ ]

シリーズ累計200万部突破の大人気・猫コミックエッセイ!!

引き取り手のない猫がいっぴき、またいっぴき……。
拾った子猫の育児に病院通い、いたずらに笑った後は一緒に昼寝。
里親探しをしてるうちに、情が移って自ら引き取り……。
気が付けば自宅にたくさんの猫が!

そんな作者・くるねこ大和と猫たちの生活を描いた、
大人気・猫コミックエッセイ『はぴはぴ くるねこ』の待望の第4巻!

毎度おなじみ『くるねこ愚連隊篇』のほか、
くるねこ家の庭にいたところを保護した猫の「胡ぶん」と、
以前にくるねこ家で育てられ里子に出た「あずき」の一時預かりを描いた『胡ぶん&あずき篇』、
「くるねこ愚連隊篇」の「ぼん」の最期を描いた『ぼん篇』、
そして『描き下ろし篇』を収録します。

猫だらけの生活に笑い、猫たちの個性に和み、そして「いのちの大切さ」を知る。
“はぴはぴ”ほっこり、そして、“ぎうぎう”な日々を、笑いと涙で描く『はぴはぴ くるねこ』をよろしくお願いします。

 

3巻でくるねこ家に入ったシマゾー。お外歴が長く、でも優しいまま。色んな外猫ちゃん達を守ってきたのかな。さらにお友達だと思われる胡ぶん(のちにオレちゃん)も呼び寄せるなんて。オレちゃんの命も救っちゃうなんて素敵ね。また救う命もあれば、去る命もあって…。長年くるねこ家で手のかかるけど可愛いボン兄の死。くるさんは衝撃的な絵で表現しています。分かっていてもショックだし辛い。…や〜書いていても泣ける。寂しいけどボン兄の思い出は沢山ある。くるねこ家をみんなで見守ってくれるかな。ありがとう、またね、と私も言いたい。

2019.04.07 Sunday 01:27 | comments(0) | trackbacks(0) | 

マンガ『早乙女くんとQちゃん (3) 』くるねこ大和 バーズ エクストラ

[ マンガ ]

元のらねこのQちゃんは、相変わらずわがままお姫様。すっかり大きくなったフランシスコ&アンジェリコは相変わらずやんちゃ坊主。飼い主の早乙女くんも、相変わらず彼らには翻弄されっぱなし。それでも、変わらない毎日は幸せの証。読んだらほっこりすること間違いなしの、ほのぼの猫まんが、第3巻!

 

読み切りのマンガだったり早乙女くんの日常だったりとりとめのない話なんだけど、繋がってる。見たことのあるようなしぐさをする猫たちに笑ってしまう。また「八幡さまで拾った仔」、黒猫だったりヤッハー君だったり…また泣かせるよ、くるさん。みんなご縁で繋がってるってことなのかな。

…ん、Qちゃんの登場回数少なくない?

 

2019.04.02 Tuesday 18:29 | comments(0) | trackbacks(0) | 

マンガ『ムギのころ(2) 』片倉 真二  (イブニングKC)

[ マンガ ]
---
講談社
¥ 918
(2019-02-22)
コメント:マンガ『ムギのころ(2) 』片倉 真二  (イブニングKC)

時は1990年代。女子高生のめぐは実家が相撲部屋。ある日めぐが、子猫を拾ってきてから部屋は猫中心の生活に。さらにさらにわけありの黒猫も迷い込み、力士たちは飼い主探しに東奔西走。大きな大きなお相撲さんと小さな小さな子猫たちが織りなす相撲部屋子猫物語の第2巻! 猫又みたいな謎の悪霊さんも登場していっそうにぎやかに!!

 

web上で読んでたけどやっぱり冊子でも…フフフ…♪可愛いよね、でも猫のフォルムがみんな同じだから…(笑)新しく加わった黒猫のポーちゃん。そして地縛霊みたいなのまで出てきてストーリーとしてのまとまりに??なんだけど、面白いからいいか。全体に可愛いし。後ラストの1話は無責任に猫を飼い、そして捨ててしまうアホな大人と、家庭の暖かさを求めた女の子が捨てられた猫を飼いたいという出会いの話。猫と女の子は確かに繋がってた筈なのに、周りの大人はどうだったのだろう。マンガだけど感情が入っちゃうものだったな。。減らない野良猫や外飼いの猫を見ると…色々感じるよね。。。

 

因みに…私は犬も好きなんだけど出会いが全くない。。

2019.02.26 Tuesday 11:25 | comments(0) | trackbacks(0) | 

マンガ『ねこノート 5 』  マーガレットコミックス

[ マンガ ]

“ねこは何だってお見通しですよ”(ユージェニー) “過ぎた時間を敵にまわして何になるんだ”(こぎん) “幸せそうな顔を見るのがオレは好きだ”(コタロー)
じっと見すえた瞳の奥に、ねこ達はどんな想いを巡らせているの? 真実に興味津々のあなたへ贈る第5巻。(完結巻)

 

年に一冊ぐらいのペースで出ていた「ねこノート」も最終巻か…。残念。一話一匹完結の話が今回は9匹分。それぞれの猫の物語があって猫の気持ちだったり、その時の状況・シチュエーションでの話だったりで今回も面白かった。リアル猫友は少ないのでそれぞれの猫事情を見た感じで良かったかな。とにかく描かれてる猫たちが可愛いしイラストというよりリアル猫の絵なので余計にリアリティが増して感情も入っちゃうのかな。

それにしても毎回たのしみにしていたので残念。でもこの作家さんは絵本とか猫のイラストの大人のぬりえ的な活動もされていて、そちらでも楽しみかな。また新たにマンガを描かれるかもしれないけど、その時はまた追っかけたいなぁ。

2019.02.25 Monday 11:20 | comments(0) | trackbacks(0) | 

マンガ『海街diary 9 行ってくる』 吉田秋生 小学館

[ マンガ ]

大ヒット☆鎌倉での四姉妹物語…ついに完結 

春夏秋冬、いつもこの街にいた。いつも一緒だった。
そして―――すず、旅立ちの時…

浜田は千佳(ちか)と入籍し、エベレスト登山のために旅立った。
幸(さち)と佳乃(よしの)もそれぞれの恋が進展。
すずは中学生最後の夏が終わろうとしていることを実感する…。

すずが中学1年の夏、蝉時雨のやむ頃から始まった家族の物語、ついに完結! 
すず、そして弟・和樹の“その後”を描いた番外編「通り雨のあとに」も収録。

 

大事に読んでいたこのマンガもとうとう最終巻。四姉妹がそれぞれの道に進む新たな出発点になる時が来たといった感じ。それぞれの物語があり、並行して家族との物語が寄り添っている。進む道が合っているのか分からないが進むしかない。けれど大切に生きていきたい、ということなのかな。またハッピーエンドに終わるのかと思いきや、番外編のストーリーは、また印象的なものだったな。。やっぱり一人で生きていないし、誰かに繋がっていてるってことなのかな。10年後に会っているっていうのは逆に良かったと思っていいのかな。。ネタバレなしで書くと「なんのこっちゃ」だが、何回も読み返したくなるマンガだったってことで。

2018.12.20 Thursday 05:17 | comments(0) | trackbacks(0) | 

マンガ『おじさまと猫 2』 桜井 海 スクウェア・エニックス

[ マンガ ]

「今すぐ抱きしめたいと思ったんだ」ある日、一人の男性が一匹の猫と出会った。猫など飼ったことのない彼にとって、その「ふくまる」と名付けた猫との日々は驚きと、そして喜びの連続だった。それはふくまるにとっても同様で。手さぐりで進む二人の日常は、止まっていた男性の時間をゆっくり動かしてゆく…。これは誰かに愛されたかった猫とおじさまの、心温まる日々を紡いだ物語。

1巻累計34万部猫マンガ、待望の第2巻発売! 
SNS未発表の新作エピソードを60P以上収録!

続きを読む >>
2018.12.14 Friday 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | 

マンガ『犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい(1)』 松本 ひで吉  講談社

[ マンガ ]

100万リツイート突破の話題作! ツイッターで大人気の『犬と猫どっちも飼ってると』シリーズがついに単行本化です。天真爛漫な犬くんと、魔王のように凶悪ながら愛らしい猫さま。どっちも飼えば100倍たのしい、笑いありホロリありのエッセイコミックです。とっておきハプニング満載の、描きおろしエピソードも大量収録しました☆

 

web上で読んでたけど、やっぱり購入。犬は天真爛漫で猫はかなりブラックなんだけど…可愛い。たわいのない話と言えばそれまでだけど、あるあるが多くて面白いかな。

 

 

2018.12.02 Sunday 17:40 | comments(0) | trackbacks(0) | 

マンガ『ムギのころ(1)』片倉真二 

[ マンガ ]

1990年代、とあるふつーの女子高生だった私。いつもの朝、いつもの朝ごはん、いつもの登校風景……に紛れる子猫1匹。この子猫との出会いで、私の生活は一変。お父さん、お母さん、そして大きな大きなお相撲さんを巻き込んで、子猫が成長していく事に。そう、私の実家は相撲部屋なんです。

 

『ペン太のころ』の作者の新しいWeb連載の単行本化。表紙からペン太かと思ったら違った…。不思議な設定ながらやっぱり可愛いので見てしまうなぁ。Webで見る分には大きいからいいけど、本になると絵が小さくて可愛さ半減なのが残念。ただ『ペン太〜』を読んでいたからかもしれないが、モデルになってる子がいるので…気になるよね。今ではネットで色んな情報があるので何とか調べられるけど、当時は情報も入らないし間違った育て方をする人もいた、そんな知識のギャップも描かれるのかな?。

2018.11.20 Tuesday 05:33 | comments(0) | trackbacks(0) | 

マンガ『はぴはぴ くるねこ 3』 くるねこ 大和  KADOKAWA

[ マンガ ]

シリーズ累計200万部突破の大人気ネココミックエッセイ!!

引き取り手のない猫がいっぴき、またいっぴき……。
拾った子猫の育児に病院通い、いたずらに笑った後は一緒に昼寝。
里親探しをしてるうちに、情が移って自ら引き取り……。
気が付けば自宅にたくさんの猫が!

そんな作者・くるねこ大和と猫たちの生活を描いた、
大人気・猫コミックエッセイ『はぴはぴ くるねこ』の待望の第3巻!

毎度おなじみ「くるねこ愚連隊篇」のほか、
台風の翌日に自宅の中庭に迷い込んでいるところを保護した猫の一家たちの生活を描く「台風一家&シマ蔵篇」、
さらには「描き下ろし篇」を収録します。

猫だらけの生活に笑い、猫たちの個性に和み、そして「いのちの大切さ」を知る。
“はぴはぴ”ほっこり、そして、“ぎうぎう”な日々を、笑いと涙で描く『はぴはぴ くるねこ』をよろしくお願いします。

 

最近体調が思わしくない阿仁イ。今はくるさんの寝室で過ごすことが多いが、お薬などで体調をコントロール出来ている。トメちゃんがいなくなった後も個性派ぞろいのくるねこ家は慌ただしい。そんな中、台風一過に現れた野良の家族らしい「台風一家」。保護するかどうか迷ったけど、家の中に入れる事に。マンガの中ではすんなり受け入れた感じだけど実際は結構大変だったみたい。結構お世話のいる猫たちが多い中、里子に出したり、個人的にはシマ蔵の事がとっても気になる。年齢を重ねた子も多いので大変だとは思うけど、みんな幸せに過ごせるよう見守りたいな。

2018.11.07 Wednesday 01:32 | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 12 PAGES | >>