<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

DVD『ラッシュライフ』

  (2009/日本)

己の美学を貫く孤高の泥棒・黒澤は、いつもと同じように他人の部屋の中を物色していたところ、突然帰って来た家の住人らしき男とはち合わせしてしまう。一方、道を見失って神に救いを求める青年・河原崎は、教団の幹部から車の運転を依頼されて向かったマンションで、あこがれの教祖の想像もしなかった姿を目撃する。(シネマトゥデイ)
続きを読む >>
2010.03.10 Wednesday 12:20 | - | trackbacks(2) | 

DVD『ラブソングができるまで』

ラブソングができるまで
ラブソングができるまで (2007/アメリカ) オススメ♪

すっかり人気のなくなった80年代のポップスター、アレックス。そんな彼のもとに、人気絶頂の歌姫からデュエット曲の作曲と収録のオファーが舞い込む。絶好のカムバック・チャンスを得るアレックスだったが、彼に作詞の経験はない。そこで、彼は作家志望のソフィーを巻き込むことに。(シネマトゥデイ)

続きを読む >>
2008.08.21 Thursday 21:07 | comments(2) | trackbacks(26) | 

TV『レーシング・ストライプス』

レーシング・ストライプス
レーシング・ストライプス(2005/アメリカ)

嵐の夜、サーカス団とはぐれたシマウマの赤ちゃん。近くの農場主に拾われ、その娘チャニングに“ストライプス”と名づけられて育つ。自分は変わった馬だと信じる彼は、競走馬を目指して努力していく。


続きを読む >>
2006.12.02 Saturday 22:09 | comments(0) | trackbacks(0) | 

DVD『レイクサイド マーダーケース』

レイクサイド マーダーケース
レイクサイド マーダーケース(2004/日本)

湖畔の別荘に集まった3組の家族と塾の講師は、中学受験を控えた子供のために勉強合宿を行っていた。参加者の一組の並木俊介と美菜子は別居中だったが、受験のために、仲の良い夫婦を演じていた。そこへ俊介の愛人が現れ殺害される……。(Yahoo!JAPAN MOVIESより)
続きを読む >>
2005.10.24 Monday 00:44 | comments(6) | trackbacks(15) | 

DVD『恋愛適齢期』

恋愛適齢期
恋愛適齢期(2003/アメリカ)

63歳にして独身の大富豪ハリー・サンボーンは、新しい彼女と一緒に、ビーチにある彼女の母親の別荘へやって来た。ロマンチックな週末の到来に心を躍らせる二人だったが、なんと二人はその別荘で彼女の妹と母親のエリカと鉢合わせをしてしまう!彼女の家族との衝撃的な初対面を迎えてしまったハリーは、それだけでなく、急な心臓発作を起こし、しばらくその別荘で療養生活を送ることになってしまった。母親のエリカは、招かれざる客であるハリーの傍若無人な振る舞いに憤りを感じていたが、若い女性にしか興味がないハリーはエリカの名前さえ覚えようとしない。恋の足音は未だ聞こえないようだけれど…。
続きを読む >>
2005.03.06 Sunday 22:49 | comments(0) | trackbacks(13) | 

DVD『レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード』

レジェンド・オブ・メキシコ デスペラード
レジェンド・オブ・メキシコ デスペラード(2003/メキシコ・アメリカ)

過去を背負い、世間と現実から身を潜めて生活していたエル・マリアッチは、過去に“伝説のガンマン”とも呼ばれた男だった。そんなエル・マリアッチに、一人の男が近づく。CIAの悪徳捜査官・サンズだ。彼は、麻薬カルテルのボスが計画しているメキシコ大統領の暗殺を阻止して欲しいとエル・マリアッチに依頼する。流血の復讐という動機に駆り立てられ、ガンマンとしての息吹を吹きかえしたエル・マリアッチ。彼のもとに、二人の仲間・ロレンゾとフィデオは向かう。クーデター計画の裏でそれぞれの思惑が交錯する中、メキシコは11月2日“死者の日”を迎える―!
続きを読む >>
2004.11.29 Monday 16:53 | comments(0) | trackbacks(0) | 

DVD『リクルート』

リクルート
リクルート(2003/アメリカ)

マサチューセッツ工科大学の学生ジェイムズ・クレイトン。彼はその優秀な成績から、卒業後の進路もPCメーカーから特別に誘いを受けるなどエリート街道を約束されていた。そんなジェイムズはある日、アルバイト先のバーでウォルター・バークという男に出会う。彼はCIAのベテラン教官でリクルート担当者。バークはジェイムズに関する情報を全て調べ上げたうえ、その能力を見込んで採用するために訪れてきたのだった。ジェイムズは悩んだ挙げ句、就職先をCIAに絞り、採用試験をクリア、晴れて訓練生となるのだが…。
続きを読む >>
2004.11.19 Friday 17:07 | comments(0) | trackbacks(0) | 

DVD『ラブストーリー』

ラブストーリー
ラブストーリー(2003/韓国)

『猟奇的な彼女』のクァク・ジェヨン監督による恋愛映画。

現代に生きる女子大生ジヘは、ある日母が大切にしまってあった沢山の手紙と日記をを見つける。35年前、母がまだ学生の頃のものである。母が作る歴史は自分へと繋がる…現代の娘が静かに振り返る。。。

娘と母のラブストーリーが並行して進む。純粋に惹かれあう二人の行く末に娘たちの世界があるのだが…35年前、母が娘と同じように恋に落ちても、時代背景の違いが同じような進み方はしないのである。例えば階級の差、ベトナム戦争…そういう時代に巻き込まれながら貫こうとする二人の行く末は最後まで本当に目が離せないものだった。

ジヘの父は若くして亡くなっていて母は長期旅行中という設定なので最後の最後まで、ジヘの父親は誰なのか分からなかった。偶然じゃなく運命なんだという台詞もラストで納得。日本では意識の薄いベトナム戦争がリアルに感じられ、歴史に惑わされた時代というのも感じられた。

この手のものは…やはり韓国映画でないと。
切ないけど嬉しくなる作品でした。

>>オススメ
2004.07.22 Thursday 07:27 | comments(4) | trackbacks(3) | 

DVD『ライフ・イズ・ビューティフル』

ライフ・イズ・ビューティフル
ライフ・イズ・ビューティフル(1998/イタリア)

1939年、ユダヤ系イタリア人のグイドは、本屋を開くのが夢。ホテルマンの叔父を頼ってこの街にやってきた。
そこで、彼は小学校教師のドーラに一目惚れしてしまう。彼は、彼女の気を引こうと突然現れ彼女を楽しませた。
そして彼女と結婚となるのだが、当時ナチスの支配下だった為ユダヤ系の事を隠さずに居たグイドは…

前半はラブコメディで、面白い。グイド役のロベルト・ベニーニ(監督も)は喜劇役者でもあって動きも言葉もリズムがあって面白い。
「今日は、お姫様」というフレーズと、シャレと豊かな空想力と嘘とで何とかしてしまう。強引だけど楽しいグイドがとても魅力的だ。骨董屋やホテルなど、華やかで豪華な場所、グイドの言葉遊びの面白さ、ドーラとの恋などとても楽しい。

しかし、後半は悲しい運命に巻き込まれていく。明と暗。でもこの状況の中もグイドは変わらない。
彼は守りたい者達を常に楽しく幸せにしたいのである。そのために又夢のある嘘をつく。
「人生とはすばらしい」と家族への愛を貫き通す、感動作。
悲しいコメディでした。

>>オススメ
2004.07.17 Saturday 07:36 | comments(0) | trackbacks(0) | 

DVD『ラブ・アクチュアリー』

ラブ・アクチュアリー
ラブ・アクチュアリー(2003/イギリス)

幸せなクリスマスへの期待を誰もが胸に抱く12月のロンドン。就任早々、秘書に恋をした英国首相、義理の息子との関係に悩む父親、南仏へ傷心旅行に出かける小説家、長く職場の同僚を思い続けているOL。学園のアイドルに恋心を抱く11歳の少年。夫の浮気に気をもむ熟年の主婦、親友の新妻に思いを寄せる新進画家、新曲のクリスマスソングにすべてを託す元ロックスター。…それぞれ異なる人生を送っている彼らだったが、ひとつだけ、その全員に共通する事柄があった。それは“クリスマスに人生のクライマクスを迎えたい”という想い―。そしてイブの夜。19人の人々のドラマは、ひとつのハッピーエンドに向かって動き始めた。
続きを読む >>
2004.07.01 Thursday 11:28 | comments(4) | trackbacks(20) | 
 | 1 / 2 PAGES | >>