<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

DVD『トワイライト ささらさや』

サヤ(新垣結衣)は夫のユウタロウ(大泉洋)を突然の事故で亡くしてしまう。人に対して疑いを抱かないサヤが、一人で息子を抱えることを心配するユウタロウ。成仏できずに、いろいろな人の体に乗り移って、サヤのために手助けをすることに。のどかでどこか不思議な町ささらの人々に助けられながら、サヤは母親として成長する。

続きを読む >>
2020.01.09 Thursday 14:13 | comments(0) | - | 

BD『恋妻家宮本』

子供が独り立ちした中学教師の宮本陽平(阿部寛)と妻・美代子(天海祐希)は、25年ぶりに訪れた夫婦二人きりの生活に困惑してしまう。ある夜、妻側の記入欄がきっちり記載された離婚届を見つけた陽平は激しく動揺するが、美代子に意図を聞き出すこともできず悶々とした日々を過ごす。混乱しながらも陽平は、料理教室の仲間や教え子と関わる中で家族の在り方を見つめ直し……。

続きを読む >>
2019.12.17 Tuesday 11:27 | comments(0) | - | 

アニメ『秒速5センチメートル 』

[ アニメ ]
---
コミックス・ウェーブ・フィルム
¥ 4,491
(2008-04-18)

『雲のむこう、約束の場所』の新海誠が手掛けた連作アニメ。小学校の卒業と同時に離ればなれになった遠野貴樹と篠原明里。大雪の降るある日、ついに貴樹は明里に会いに行く決心をする。「桜花抄」「コスモナウト」「秒速5センチメートル」を収録。

続きを読む >>
2019.12.16 Monday 09:11 | comments(0) | - | 

CD『 I Feel The Light featuring Earth, Wind & Fire』Little Glee Monster

[ >>>邦楽 ]

▲Little Glee Monster 『I Feel The Light featuring Earth, Wind & Fire』Music Video Short Ver.

 

リトグリデビュー5周年の日に記念盤リリース!

2014年の10月29日にデビュー以降、歌唱力を武器に注目を集めてきた彼女たちの5周年を記念するLittle Glee Monsterの原点から未来までを感じさせる作品に。


【初回生産限定盤】CD+DVD

■CD
1. I Feel The Light featuring Earth, Wind & Fire
2. 愛しさにリボンをかけて
3. YOU'VE GOT A FRIEND -Live on 2018.02.03-
4. Monster Groove Medley-Live on 2019.09.18-
5. You Don't Know Nothin'

■DVD
I Feel The Light featuring Earth, Wind and Fire Music Video
LA Documentary Film

続きを読む >>
2019.12.15 Sunday 20:32 | comments(0) | - | 

BDアニメ『たまこラブストーリー 』

春。高校3年生に進級しても北白川たまこの頭の中は相変わらずおもちのことばかり。春の夕暮れ、学校の帰り道。たまこやみどりたち仲良し4人組は進路の話をしていた。みんな不安を抱えながらも将来のことをちゃんと考えている様子。たまこも、何気なく将来は家業を継ぐと答える。同じ頃、たまことお向かいの家でずっと一緒に過ごしてきたもち蔵も、ある決心をしていた。周りの色んなことが変わっていって、少しずつ、少しずつ、たまこの心は揺れ始める・・・。(C)京都アニメーション/うさぎ山商店街

続きを読む >>
2019.12.07 Saturday 10:41 | comments(0) | - | 

DVD『恋は雨上がりのように スタンダード・エディション』

高校二年生の橘あきらは、アキレス腱の怪我で陸上の夢を絶たれてしまう。偶然入ったファミレスで放心しているところに、やさしく話しかけてくれたのは店長の近藤正巳だった。それをきっかけにあきらは、ファミレスでのバイトを始める。バツイチ子持ちでずっと年上の近藤にひそかな恋心を抱いて…。真っ直ぐすぎる17歳、さえない45歳。ふたりに訪れる、人生の雨宿りの物語。

続きを読む >>
2019.12.06 Friday 12:03 | comments(0) | - | 

マンガ『夜廻り猫(6) 』深谷 かほる  講談社

[ マンガ ]

夜の街を歩く「夜廻り猫」遠藤平蔵は、あなたの涙の匂いをかぎつける。うれしい涙、悲しい涙、なぜかポロリとこぼれる大きな涙。どんな涙にも遠藤平蔵はやってきて、あなたにそっと寄り添う。現在、モーニング公式サイト「モアイ」で大人気連載中の8コマ猫マンガ6巻。第21回「手塚治虫文化賞」短編賞受賞作で累計45万部! 台湾でも人気です

 

1ページ読み切りだけどサクッとは読めない…でもその場面のその一言ってとても大事だったり。。寄り添うとか、思いを寄せるって大事だし救われるし…そのことを毎回思いださせてくれる一冊。出てくる猫達も人間達もキャラが良くて励まされるなぁ。

2019.12.02 Monday 11:49 | comments(0) | - | 

『本棚から猫じゃらし 』群 ようこ 新潮文庫

吾輩ハ猫デアル。本棚デ爪ヲ研ギ、時々書ヲカジル。漱石に鴎外、啄木に竜之介など20人の文豪をサカナに猫じゃらしが舞い踊る。果たしてじゃらされるのは猫か読者か文豪か。またたび味の読書エッセイ。

 

達人が名作を読めば…。段ボールのスカートの大阪のおばさんに思いをはせ、若かりし日に言い寄ってきたロリコンじいさんを思い出す。芥川読めば、女の子の間でヘンテコなことが流行した中学時代を懐かしみ、漱石からはペットとの正しい付き合い方を学びとり、鴎外では小遣いを巻き上げた憎っくき親父が脳裏に浮上。感じたままに文学を楽しもう。名作に触れて、想像を膨らまそう。下ネタ、お笑い、激怒満載の好評読書エッセイ。

 

いわゆる有名文学を読んだ後の書評かと思えばエッセイ、かけ離れてはないけど日常の事に結び付けて書かれていて面白かった。とにかく話の広げ方がうまいのと一気に読めるだけの文章量、そして面白い。初出が文庫で1997なので話題としては古くなるが、芥川龍之介や正岡子規の本を選んでるので逆に年代の古さは感じないしアラフィフなら分かる〜で読めます…(笑)

 

2019.10.15 Tuesday 01:07 | comments(0) | trackbacks(0) | 

『幸せになる百通りの方法 (文春文庫)』荻原 浩 文春文庫 

自己啓発書を読み漁って空回る若きサラリーマン、お見合いパーティに参加しても動物の行動を観察するように冷静になってしまう三十代女性、リストラされたことを家族に言い出せない二代目ベンチマン…この時代を滑稽に、しかし懸命に生きる人々を短篇の名手が描いた、ユーモラス&ビターな七つの物語。

 

久しぶりに読んだ…。短編集なのでサラリと読めるのが良かったかな。どこぞの男女の会話だったり親子のやり取りから生まれる独り言のような場面の中で、ここなら私はこう考えてしまうな…とか、いやいや割り切っちゃえ、なんてテレビを見てる感覚で読んでいたかな。短編なのでこの展開の終わり方は?なんて思いながら読んだけど、意外と静かに解決終了…日常なんてそんなものかな。この文庫のタイトルに期待して読んでたけど…これが荻原さんらしいユーモラスってことなのかな、久しぶりすぎて。。。

2019.10.10 Thursday 11:40 | comments(0) | trackbacks(0) | 

『よみがえる変態 』星野 源 文春文庫

アルバム制作やライブ、ドラマ撮影に執筆。やりたかったことは次々と仕事になったが、片時も休まる暇がない。自分がなりたいと思う姿を追いかけるほどに消耗していく中、突然の病に襲われた。…まだ死ねない。これから飛び上がるほど嬉しいことが起こるはずなんだ。死の淵から蘇った3年間をエロも哲学も垣根なく綴る。

この書籍には雑誌「GINZA」で2011年4月から連載されていたエッセイに加え、くも膜下出血による入院から完全復活までの道のりをつづったテキストを掲載。さらに文庫版用に新たに書き下ろされたあとがきも収録される。

 

前に『いのちの車窓から』の感想を書き、『そして生活はつづく』『働く男』は読んでいてUPしてなかった。

 

どのエッセイも発表している媒体が違うのでエッセイの内容も多少被っていたけど。。過去の彼の過ごしてきたのは変わりなく、ブレイクと大病が同時に来てしまう…それで彼自身が変わったのは確実であって、変わらないようで今(2019年)は更に進化した故のピュアさは幾分無くなったようだが…。と、文庫本用のあとがきを読んで急にリアリティを感じたかな。また別のネット記事か雑誌で読んだ彼の気分の浮き沈みだったり、不信感を持ったりといった心の揺れがあったようでのこの本のあとがきだった・・・と思う。変化し続けるのが生きてるってことなのかな…?私のこの数年同じことを考えているから、読むタイミングはここで良かったのかな。またタイミングが合えば別のエッセイも読んでみようかな。

 

 

 

 

2019.10.03 Thursday 22:18 | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 196 PAGES | >>