<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

マンガ『いとしのムーコ(14)』みずしな 孝之   イブニングKC

[ マンガ ]

暑ーい夏を迎えるムーコ第14巻はグラス納品のため、こまつさん&ムーコが秋田犬発祥の地・秋田県大館へ向かいまーす。いまや大人気の秋田犬とのドキドキな初遭遇やあの名犬との接触も?シリーズ「秋田犬」編を全話収録。さらにムーコがとろけたり、お得意のぴー専用タオルを奪われたりと、ちょっとおバカだけど超ラブリーなムーコの活躍がいっぱい!夏恒例の若かりしこまつ&うしこうストーリーもありますよ!!

 

相変わらず可愛いムーコ、今回は新しくお出かけして大きな秋田犬の兄弟と出会ったり。いつでも全力なムーコもたじろぐ様子が面白かったです。ちょっと夢落ちが多かったかな〜ムーコも最近は寝てるのが多いのかも。表紙もムーコのドアップが良かったよ。

2019.04.28 Sunday 05:37 | comments(0) | trackbacks(0) | 

小田和正音楽特番「風のようにうたが流れていた」

[ 音楽 ]

2001年以来、小田和正とTBSが制作してきたライブ特番「クリスマスの約束」の制作チームが、小田和正、そして多くのアーティストと共に、春の音楽特番として素晴らしいライブをお届けします!


「風のようにうたが流れていた」は、TBSで2004年10月から12月に放送した、小田が初めて取り組んだレギュラー音楽番組(全11回)。小田が幼いころからこれまでに触れてきた音楽を、エピソードと共に年代ごとで演奏。さらに、島倉千代子、ムッシュかまやつ、財津和夫をはじめとする時代を彩ったアーティスト達をスタジオに招き、貴重な競演を多数オンエアした番組だ。

今回は、2001年から2017年までクリスマスの時期に放送していた「クリスマスの約束」同様に観覧募集を行い、一般の観客を招いて一夜限りのステージを披露する。小田和正と「クリスマスの約束」の制作チームが、装いも新たに多くのアーティストと共にお送りする春ライブとなる。

 

ずっと毎年見てたけど、記事にするほど…と思ってたので書かなかったけど、今年は書いてみようかと。それはクリスマスではなくてこの時期(3月)だったからか…。

続きを読む >>
2019.04.07 Sunday 09:33 | comments(0) | trackbacks(0) | 

マンガ『はぴはぴ くるねこ 4』 くるねこ 大和  KADOKAWA

[ マンガ ]

シリーズ累計200万部突破の大人気・猫コミックエッセイ!!

引き取り手のない猫がいっぴき、またいっぴき……。
拾った子猫の育児に病院通い、いたずらに笑った後は一緒に昼寝。
里親探しをしてるうちに、情が移って自ら引き取り……。
気が付けば自宅にたくさんの猫が!

そんな作者・くるねこ大和と猫たちの生活を描いた、
大人気・猫コミックエッセイ『はぴはぴ くるねこ』の待望の第4巻!

毎度おなじみ『くるねこ愚連隊篇』のほか、
くるねこ家の庭にいたところを保護した猫の「胡ぶん」と、
以前にくるねこ家で育てられ里子に出た「あずき」の一時預かりを描いた『胡ぶん&あずき篇』、
「くるねこ愚連隊篇」の「ぼん」の最期を描いた『ぼん篇』、
そして『描き下ろし篇』を収録します。

猫だらけの生活に笑い、猫たちの個性に和み、そして「いのちの大切さ」を知る。
“はぴはぴ”ほっこり、そして、“ぎうぎう”な日々を、笑いと涙で描く『はぴはぴ くるねこ』をよろしくお願いします。

 

3巻でくるねこ家に入ったシマゾー。お外歴が長く、でも優しいまま。色んな外猫ちゃん達を守ってきたのかな。さらにお友達だと思われる胡ぶん(のちにオレちゃん)も呼び寄せるなんて。オレちゃんの命も救っちゃうなんて素敵ね。また救う命もあれば、去る命もあって…。長年くるねこ家で手のかかるけど可愛いボン兄の死。くるさんは衝撃的な絵で表現しています。分かっていてもショックだし辛い。…や〜書いていても泣ける。寂しいけどボン兄の思い出は沢山ある。くるねこ家をみんなで見守ってくれるかな。ありがとう、またね、と私も言いたい。

2019.04.07 Sunday 01:27 | comments(0) | trackbacks(0) | 

マンガ『早乙女くんとQちゃん (3) 』くるねこ大和 バーズ エクストラ

[ マンガ ]

元のらねこのQちゃんは、相変わらずわがままお姫様。すっかり大きくなったフランシスコ&アンジェリコは相変わらずやんちゃ坊主。飼い主の早乙女くんも、相変わらず彼らには翻弄されっぱなし。それでも、変わらない毎日は幸せの証。読んだらほっこりすること間違いなしの、ほのぼの猫まんが、第3巻!

 

読み切りのマンガだったり早乙女くんの日常だったりとりとめのない話なんだけど、繋がってる。見たことのあるようなしぐさをする猫たちに笑ってしまう。また「八幡さまで拾った仔」、黒猫だったりヤッハー君だったり…また泣かせるよ、くるさん。みんなご縁で繋がってるってことなのかな。

…ん、Qちゃんの登場回数少なくない?

 

2019.04.02 Tuesday 18:29 | comments(0) | trackbacks(0) | 

『人生パンク道場』 町田 康 角川文庫

頼まれごとをうまく断りたい、身体を壊したが酒をやめたくない、40代、無理なくダイエットできる方法はあるか、女遊びがやめられない…老若男女の人生の悩みを町田康が斬りまくる。パンクな思考の次元を超えた角度からのアドバイスは、病んだ心を正気に目覚めさせ日々の鬱屈をぶっとばす。読めば爆笑と共に問題解決間違いなし。目からウロコの爆笑人生相談、文庫化にあたり相談への回答を書き下ろし、文庫版あとがきも収録。

 

深刻な悩み相談ではなく、困ってます…ぐらいの質問に真剣に悩みを追求し、何故そう思うのか、ではどうしたらいいのかを真面目すぎる回答をしていくのですが、突き詰めて…自分を変えてみようといったのが多かったな。回りくどく説明していくけど、悩んでる人はそこまで思わないのかも。帯にもあったラストの悩みの部分は…グッときた。理解できたし町田さんもそう接しているのが分かるので、そうなんだなと。まぁ人の悩みというのは冷静に見れるので、そういう悩みに陥る前に読んでるとその場では少しは対応できるかもしれないね。

2019.03.29 Friday 06:26 | comments(0) | trackbacks(0) | 

DVD『祈りの幕が下りる時』

東京都葛飾区小菅のアパートで女性の絞殺死体が発見される。被害者は滋賀県在住の押谷道子。殺害現場となったアパートの住人・越川睦夫も行方不明になっていた。やがて捜査線上に浮かびあがる美しき舞台演出家・浅居博美(松嶋菜々子)。しかし彼女には確かなアリバイがあり、捜査は進展しない。松宮脩平(溝端淳平)は捜査を進めるうちに、現場の遺留品に日本橋を囲む12の橋の名が書き込まれていることを発見する。その事実を知った加賀恭一郎(阿部寛)は激しく動揺する。それは失踪した加賀の母に繋がっていた--。加賀恭一郎“最大の謎”がついに明らかに。

 

続きを読む >>
2019.03.17 Sunday 10:22 | comments(0) | trackbacks(0) | 

CD『GUARDIAN OF THE LIGHT 』 George Duke

[ 音楽 ]

1. Overture

2. Light

3. Shane

4. Born To Love You

5. Silly Fightin'

6. You (Are The Light)

7. The War Fugue Interlude

8. Reach Out

9. Give Me Your Love

10. Stand

11. Soon

12. Celebrate

13. Fly Away

 

プロデューサーであり、キーボーディストであり、非常に優れたコンポーザーであるジョージ・デュークが’83年にリリースしたこのアルバムは「ミュージカル・ファンタジー」と名付けられた総勢100名(!)を超えるミュージシャンを用いた壮大な世界。ジャズ〜ソウル・R&B〜フュージョンの重要をふんだんに取り入れた、めくるめく音絵巻。ストーリーの内容はライナーを読んでのお楽しみということで。これはこの夏、スーっと聴ける音楽劇場という感じでおすすめです。 

 

▲GEORGE DUKE - GUARDIAN OF THE LIGHT ( Vinyl ) Full Album

続きを読む >>
2019.03.03 Sunday 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) | 

DVDドラマ『鍵のかかった部屋』

貴志祐介の同名小説を、嵐の大野智主演でドラマ化した本格ミステリーのBOX。戸田恵梨香、佐藤浩市演じる弁護士の青砥、芹沢は、セキュリティ会社に勤める防犯オタク・榎本の助けを借りながら難解な密室トリックの謎に挑む。全11話を収録。

続きを読む >>
2019.03.02 Saturday 23:48 | comments(0) | trackbacks(0) | 

マンガ『ムギのころ(2) 』片倉 真二  (イブニングKC)

[ マンガ ]
---
講談社
¥ 918
(2019-02-22)
コメント:マンガ『ムギのころ(2) 』片倉 真二  (イブニングKC)

時は1990年代。女子高生のめぐは実家が相撲部屋。ある日めぐが、子猫を拾ってきてから部屋は猫中心の生活に。さらにさらにわけありの黒猫も迷い込み、力士たちは飼い主探しに東奔西走。大きな大きなお相撲さんと小さな小さな子猫たちが織りなす相撲部屋子猫物語の第2巻! 猫又みたいな謎の悪霊さんも登場していっそうにぎやかに!!

 

web上で読んでたけどやっぱり冊子でも…フフフ…♪可愛いよね、でも猫のフォルムがみんな同じだから…(笑)新しく加わった黒猫のポーちゃん。そして地縛霊みたいなのまで出てきてストーリーとしてのまとまりに??なんだけど、面白いからいいか。全体に可愛いし。後ラストの1話は無責任に猫を飼い、そして捨ててしまうアホな大人と、家庭の暖かさを求めた女の子が捨てられた猫を飼いたいという出会いの話。猫と女の子は確かに繋がってた筈なのに、周りの大人はどうだったのだろう。マンガだけど感情が入っちゃうものだったな。。減らない野良猫や外飼いの猫を見ると…色々感じるよね。。。

 

因みに…私は犬も好きなんだけど出会いが全くない。。

2019.02.26 Tuesday 11:25 | comments(0) | trackbacks(0) | 

マンガ『ねこノート 5 』  マーガレットコミックス

[ マンガ ]

“ねこは何だってお見通しですよ”(ユージェニー) “過ぎた時間を敵にまわして何になるんだ”(こぎん) “幸せそうな顔を見るのがオレは好きだ”(コタロー)
じっと見すえた瞳の奥に、ねこ達はどんな想いを巡らせているの? 真実に興味津々のあなたへ贈る第5巻。(完結巻)

 

年に一冊ぐらいのペースで出ていた「ねこノート」も最終巻か…。残念。一話一匹完結の話が今回は9匹分。それぞれの猫の物語があって猫の気持ちだったり、その時の状況・シチュエーションでの話だったりで今回も面白かった。リアル猫友は少ないのでそれぞれの猫事情を見た感じで良かったかな。とにかく描かれてる猫たちが可愛いしイラストというよりリアル猫の絵なので余計にリアリティが増して感情も入っちゃうのかな。

それにしても毎回たのしみにしていたので残念。でもこの作家さんは絵本とか猫のイラストの大人のぬりえ的な活動もされていて、そちらでも楽しみかな。また新たにマンガを描かれるかもしれないけど、その時はまた追っかけたいなぁ。

2019.02.25 Monday 11:20 | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 193 PAGES | >>