<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

■未完成日記2017■今年のまとめ

[ その他 ]

 

 

2017年…皆さんはどのような一年でしたか?

 

私は読書生活が少し復活しましたが、記事までには…。

1年前に積読本をいったんリセットして真っ新ゼロにしましたが、1年で結構積んでしまいました。

あと。このご時世CDも整理してみましたが、同じのが沢山....。こちらは売っても0円だし、また手に入らなくなるので…という理由でお家保存で。

後。DVDとかも見始めましたが、よく見るとジャニーズ系ばかり?このお年になるとこちらに走る人はよく見るので、私もその一人に…?いや、映画情報が入ってないと何を手に取っていいか分からないのでこうなるのだと…思いたい。それとも映画業界がそうなってるのか。ま…地味に復活していこうかなと思います。

 

 

 

今年も色々ありましたが…

来年はいいことが一つでも多くありますように(苦笑)
    いやな事はすぐに忘れられますように(笑)


…みなさん、よいお年を…。

 

2017.12.30 Saturday 06:02 | comments(0) | trackbacks(0) | 

DVD『近キョリ恋愛 ~Season Zero~DVD-BOX豪華版』

高校時代、誰もが羨む親友同士だったハルカ(阿部顕嵐)、美麗(石橋杏奈)、奏多(岸優太)。
3人とも今のままの関係がずっと続けばいいと思っていた。
そこへ突然、海外からハルカの血の繋がらない姉・凛々子(足立梨花)が帰ってくる。
数年ぶりに会った彼女は、同級生から「女神」と言われるほど綺麗になっていた。
他人には壁を作ることの多いハルカだが、凛々子は強引にハルカに近づいてくる。
ある夜、「行くとこなくなったから、ここに住んでいいよね?」と突然家におしかけ、ハルカの胸の中で泣き始める凛々子。

強引な姉に戸惑うハルカ、
密かにハルカに恋心を抱く美麗、
そんな美麗に気づく奏多。

微妙なバランスを保ちながらも、いつも近くにいることが当たり前だった3人のキョリ。
一つ屋根の下で暮らす血の繋がらない姉とのキョリ…。
2つの“キョリ"が少しずつ変わり始めた――。

続きを読む >>
2017.12.24 Sunday 01:59 | comments(0) | trackbacks(0) | 

BD『DENKI GROOVE THE MOVIE? -石野卓球とピエール瀧-』

テクノを初めてメジャー・フィールドに持ち込み、日本のポップ・ミュージックの歴史を大きく変えた電気グルーヴは、なぜ結成26年を迎える今もなお、唯一無比・唯我独尊・イノベイティヴな存在であり続けられるのか──。26年間の膨大な映像からピックアップした貴重なシーンと、元メンバーやスタッフやミュージシャンや関係者など、電気グルーヴと関わってきた17人の証言により、電気グルーヴの26年間を総括するヒストリームービー。数多くの秘蔵映像や楽曲とともに、電気グルーヴの歴史が語られる。 
監督は『モテキ』『恋の渦』『バクマン。』で知られる、「東洋一メジャーとアンダーグラウンドの境界線のない男」大根仁。結成、インディー時代、デビュー、『VITAMIN』での覚醒、『ORANGE』期の危機、“Shangli-la"『A』での大ブレイク、まりん脱退、活動休止、そして卓球と瀧、ふたりでの本格始動まで──。二人の26年間の物語が、いま明かされる。 
電気グルーヴの初のドキュメンタリー映画が遂にブルーレイ/DVDで登場。

続きを読む >>
2017.12.10 Sunday 09:45 | comments(0) | trackbacks(0) | 

DVD『レンタネコ』

サヨコ(市川実日子)は、都会の片隅にある平屋の一軒家で数えきれないほどの猫たちと一緒に暮らしている。幼いころから人間よりも猫に好かれる子どもだった彼女の状況は今も変わらず、サヨコは占い師などの数ある肩書とは別にある仕事をやっていた。それは寂しい人に猫を貸し出す「レンタネコ」という一風変わった商売で……。

続きを読む >>
2017.12.03 Sunday 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | 

BD『レインツリーの国 』

有川浩,渡辺千穂
エイベックス・ピクチャーズ
¥ 3,948
(2016-05-25)

高校時代に夢中になって読んでいた本「フェアリーゲーム」について、何となくインターネットで検索をしてみた伸行(玉森裕太)。「レインツリーの国」というブログに書かれた「フェアリーゲーム」の感想に興味を持った彼は、その管理人を務めるひとみ(西内まりや)にメールを送付する。それを機に、メールをやりとりするようになる二人。実際に会って話がしたいと考える伸行だったが、ひとみはその申し出を拒否し……。

続きを読む >>
2017.12.02 Saturday 16:13 | comments(0) | trackbacks(0) | 

BD『ペコロスの母に会いに行く』

長崎で生まれ育った団塊世代のサラリーマン、ゆういち(岩松了)。ちいさな玉ねぎ「ペコロス」のようなハゲ頭を光らせながら、漫画を描いたり、音楽活動をしながら、彼は父さとる(加瀬亮)の死を契機に認知症を発症した母みつえ(赤木春恵)の面倒を見ていた。迷子になったり、汚れたままの下着をタンスにしまったりするようになった彼女を、ゆういちは断腸の思いで介護施設に預けることに。苦労した少女時代や夫との生活といった過去へと意識がさかのぼっている母の様子を見て、彼の胸にある思いが去来する。

続きを読む >>
2017.12.01 Friday 11:49 | comments(0) | trackbacks(0) | 

BD『連続ドラマW グーグーだって猫である 』

吉祥寺に住む小島麻子(宮沢りえ)は、人気連載を持つ少女漫画家。
締め切りに追われる多忙な日々の中、長年共に暮らしてきた愛猫のサバが突然息を引き取ってしまう。
以来、漫画が描けなくなり、食事ものどを通らなくなる麻子。
心配した担当編集者・大森の勧めで一軒家に引越しをしたものの、依然として生活のペースは戻らない。
ある日、井の頭公園を散歩していた麻子は、病気の子猫を連れたホームレスと出会う。
彼と何度か顔を合わせるうちに、子猫の病気を治してあげたいと思い始めた麻子は、
ホームレスに無断で子猫を病院に連れて行くのだが…。

 

2014年10月18日〜11月8日 WOWOW 毎週日曜22:00 全4話

続きを読む >>
2017.11.24 Friday 01:39 | comments(0) | trackbacks(0) | 

マンガ『スーと鯛ちゃん(1) 』 こなみ かなた 講談社

[ マンガ ]

おばあちゃん猫・スーが暮らす家に、やんちゃな黒猫の男の子・鯛ちゃんが預けられることに。放っておくと何をしでかすかわからない鯛ちゃんを、ついつい構ってしまうスー。穏やかな日常はいったいどこに…!? 「チーズスイートホーム」「ふくふくふにゃ〜ん」のこなみかなたが描く、猫マンガ最新作!!

 

二つの連載が終わったと同時にこの連載が始まった…らしい、良かった〜。

丁度二つの作品のキャラが出てきたおばあちゃん猫スーと子猫の鯛ちゃん。両方とも可愛い〜!ってスーちゃんは大変そう(笑)まだ室内での話だけどお外にも行くのかしら。今後も楽しみです。

 

 

 

2017.11.20 Monday 05:29 | - | - | 

V6 「刹那的 night 」

[ 音楽 ]

▲刹那的 night 

 

V6、13枚目のアルバム『The ONES』で岡田くんがプロデュースした楽曲がコレ。石野卓球さんが作詞作曲してるんですよね。

 

。。。アイドルのも作れるんだね。っていうか放送に乗せられる曲も沢山作ってほしい。

 

V6歌って踊れるアラフォーアイドル、イイネ!!

 

このアルバムもいいね!!

2017.11.15 Wednesday 21:35 | - | - | 

ドラマ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』

すでに小説やアニメで人気がある『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』の実写化。読んだことはないけど、原作のイラストやアニメでは櫻子さんはもうちょっと若かったような。ロングヘアーは似てるけど…って思ったけど、原作ファンはご立腹だったのか。視聴率は悪かったようだ。。

 

が、私は気に入って見ていたのでDVD・BD化していないことにご立腹なのだ。しいていえばタイトルがちょっとアレかな…とは思う。それならドラマではタイトルを変えるとかねぇ。。

しかし10話までちゃんと放送もされたし、ラスト3話はかなり面白かった。

櫻子と正太郎との関係や山路刑事との掛け合い、博物館のくだりも良かったのに。いやあ好きだな〜残念。

 

でもフジTVで有料なら配信されているみたい。有料って…もう!

 

 

▲Kis-My-Ft2 PICK IT UP

 

主題歌だったね。

2017.11.01 Wednesday 16:31 | - | - | 
 | 1 / 175 PAGES | >>