<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

CD『東京少年少女』角松敏生

角松 敏生
アリオラジャパン
¥ 2,880
(2019-04-03)
コメント:CD『東京少年少女』角松敏生

40周年に向け第一歩となる企画アルバム! 

角松敏生は、2021年の40周年に向かって様々な仕掛けを考えている。そのステージに向かうファーストステップがこのミニアルバム「東京少年少女」。謎めくタイトルだが、楽曲自体はブラスファンクあり、バラードありとまさに角松サウンドの王道ともいえる内容になっている。ミニアルバムという形態ではあるが、重要なクエストが秘められた今作は、今後の展開を知るアイテムであることに違いない。

 

01. to be or not to be
02. まだ遅くないよね
03. 大人の定義
04. 恋ワズライ
05. 東京少年少女
06. It's So Far Away

Bonus Track
07. A Night in New York (Extended Club Mix)
08. Tokyo Tower(Extended Club Mix)
09. 花瓶(Live Ver.)TOSHIKI KADOMATSU Performance 2018“Tripod IX"2018.07.15 軽井沢大賀ホール

10.[Secret Track]

続きを読む >>
2019.06.16 Sunday 12:32 | comments(0) | trackbacks(0) | 

『ネコと海鞘 』群 ようこ (文春文庫)

犬だって夢を見る、猫だって冷蔵庫に入りたい、ベルトだって空を飛ぶ…どうしてこんなにケッサクな出来事ばかり起こってしまうのか?!異常なくらい恋愛エネルギーが少なくても、髪型を「こけし」と言われても、おっちょこちょいで物忘れがひどくても、群ようこの日常は珍事続出で面白い!抱腹絶倒のエッセイ集。

 

1998年に書かれたエッセイを今読むと一昔前…らしい内容。身の回りの気づいた事をああだこうだと独り言のように書かれているのが面白い。読了後スッキリはしないが、似たような人がいると思うと安心(笑)でもタイムリーに読めてたらもっと楽しめてたかな・・。

2019.06.15 Saturday 17:12 | comments(0) | trackbacks(0) | 

CD『light up the night』brothers johnson

[ 音楽 ]
Brothers Johnson
A&M Super Budget
¥ 467
(1996-04-16)

1. Stomp!

2. Light Up The Night

3. You Make Me Wanna Wiggle

4. Treasure

5. This Had To Be

6. All About The Heaven

7. Smilin' On Ya

8. Closer To The One That You Love

9. Celebrations

 

クインシー・ジョーンズに見出されたソウル/ファンク・ユニットによる、全米7位を記録したシングル「ストンプ!」を収める4作目。当時のLAフュージョン・シーンを支えた腕利きを集めてレコーディングされた眩いほどの傑作。全米アルバム・チャート5位。(1980年発表) (C)RS

続きを読む >>
2019.06.11 Tuesday 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | 

マンガ『シロがいて (フラワーコミックスアルファ) コミックス』 西 炯子   小学館

[ マンガ ]

西炯子が鋭く描く、猫と家族のヒストリー。 

「そのネコの記憶は 父が35年ローンで東京郊外に建てた家から始まる」
ある、四人家族の長男・航(わたる)が拾ってきたシロめぐって綴られていく家族の物語。
成長する子どもたち そして家族は 少しずつ形をかえていくーー
ひりひりするようなリアルを含んで1話1話展開されていく、よみきり連作集。 

 

シロが成長するにしたがって夫婦も子供も変わっていく。順風満帆ではない変化にドラマ以上のシビアさがあるけど、それをシロは知らん顔で見つめてる。猫のものがたりではなくて、猫を飼ってる家族の物語。なかなか大人なマンガです。

 

2019.05.24 Friday 22:02 | comments(0) | trackbacks(0) | 

マンガ『新装版 お父さん、チビがいなくなりました (コミックス単行本) 』 西 炯子  小学館

[ マンガ ]

実写映画公開記念!新装版で感動を再び…! 

3人の子供が巣立ち、人生の晩年を夫婦二人と猫1匹で暮らす菜穂子の両親。平穏な暮らしを送っているかと思いきや、突然母が離婚を考えていると言い出した。そんなとき、飼い猫のチビが姿を消してしまい……!?

FCα判発売時、「泣ける」「こんな夫婦になれたら」と話題になった名作が、番外編や猫たちの写真やカラー扉も収録された充実の新装版で登場!

 

... 

コミックス版持ってたのに買ってた。

定年退職で一緒にいる時間も増えたのに、話しかけても返ってこない無口な旦那さま。代わりに話し相手になってたのが黒猫のチビだったのだが。。積み重なった今までの不満が積もりに積もって爆発。してしまうのだが。。

分かり合ってるつもりでも伝わってなかったことも多いし、阿吽の呼吸で分かり合えることもある。夫婦ってそれぞれの形があると思うし、相手を思いやる気持ちがあれば…と思ってたけどそれだけではダメなこともあるんですね。長女目線の話もあるけど…要るのかな、まあいいか。映画化されるという事でそちらも楽しみですね。
 

 

2019.05.24 Friday 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | 

マンガ『犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい(3)』松本 ひで吉  講談社

[ マンガ ]

大人気動物エッセイコミック第3巻! 動物王国と化した松本家のドタバタを、犬派も猫派もなかよくご覧あれ! 犬と猫、どっちも飼っている漫画家・松本ひで吉。キュートな犬くんとクールな猫さまを溺愛するあまり、寝顔でも足音でもウンチでも、……もうなんでもかんでもかわいい!という境地に。松本家の序列1位・ひで吉母などサブキャラも大活躍で、笑いありホロリあり、描きおろしエピソードだって大量収録です。

 

2巻をUPするの忘れてますが読んでおります。犬猫アルアル満載で…アルアルって沢山あるんだな。。ハイテンションな犬にクールな猫分かります。本業はちゃんとした絵をかくマンガ家さんだったのにも3巻にして気づきましたが…。そろそろ犬猫たちも年齢を重ねてますが、マンガの中では生き生きと…をこれからもお願いしたいな。

 

2019.05.24 Friday 21:56 | comments(0) | trackbacks(0) | 

密着ドキュメント 小田和正〜毎日が“アンコール”〜

[ 音楽 ]

日本を代表するアーティスト・小田和正。古希を迎えた2018年、「ENCORE!!(アンコール)」と題したアリーナツアーで全国を駆け抜けた。1公演あたりおよそ3時間、30曲。圧倒的なパフォーマンスと親近感溢れるMCで全国の観客を魅了。番組では「毎日が“アンコール”」というメッセージとともにステージに上がり続けた小田とバンドやスタッフに密着。その素顔、そして、音楽に対する真摯な姿勢に迫る。

【ゲスト】アーティスト…小田和正,【きき手】阿部渉 コチラ

続きを読む >>
2019.05.06 Monday 16:36 | comments(0) | trackbacks(0) | 

マンガ『いとしのムーコ(14)』みずしな 孝之   イブニングKC

[ マンガ ]

暑ーい夏を迎えるムーコ第14巻はグラス納品のため、こまつさん&ムーコが秋田犬発祥の地・秋田県大館へ向かいまーす。いまや大人気の秋田犬とのドキドキな初遭遇やあの名犬との接触も?シリーズ「秋田犬」編を全話収録。さらにムーコがとろけたり、お得意のぴー専用タオルを奪われたりと、ちょっとおバカだけど超ラブリーなムーコの活躍がいっぱい!夏恒例の若かりしこまつ&うしこうストーリーもありますよ!!

 

相変わらず可愛いムーコ、今回は新しくお出かけして大きな秋田犬の兄弟と出会ったり。いつでも全力なムーコもたじろぐ様子が面白かったです。ちょっと夢落ちが多かったかな〜ムーコも最近は寝てるのが多いのかも。表紙もムーコのドアップが良かったよ。

2019.04.28 Sunday 05:37 | comments(0) | trackbacks(0) | 

ドラマ『執事 西園寺の名推理』

執事 西園寺の名推理

伊集院家に仕える西園寺一は、その完璧な配慮や立ち居振る舞いから「パーフェクトな執事」と呼ばれている。伊集院家周辺で次々に発生する殺人事件を、彼は多岐にわたる豊富な知識と、卓抜した身体能力を駆使しつつ、次々に解決していく。

続きを読む >>
2019.04.20 Saturday 22:26 | comments(0) | trackbacks(0) | 

小田和正音楽特番「風のようにうたが流れていた」

[ 音楽 ]

2001年以来、小田和正とTBSが制作してきたライブ特番「クリスマスの約束」の制作チームが、小田和正、そして多くのアーティストと共に、春の音楽特番として素晴らしいライブをお届けします!


「風のようにうたが流れていた」は、TBSで2004年10月から12月に放送した、小田が初めて取り組んだレギュラー音楽番組(全11回)。小田が幼いころからこれまでに触れてきた音楽を、エピソードと共に年代ごとで演奏。さらに、島倉千代子、ムッシュかまやつ、財津和夫をはじめとする時代を彩ったアーティスト達をスタジオに招き、貴重な競演を多数オンエアした番組だ。

今回は、2001年から2017年までクリスマスの時期に放送していた「クリスマスの約束」同様に観覧募集を行い、一般の観客を招いて一夜限りのステージを披露する。小田和正と「クリスマスの約束」の制作チームが、装いも新たに多くのアーティストと共にお送りする春ライブとなる。

 

ずっと毎年見てたけど、記事にするほど…と思ってたので書かなかったけど、今年は書いてみようかと。それはクリスマスではなくてこの時期(3月)だったからか…。

続きを読む >>
2019.04.07 Sunday 09:33 | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 194 PAGES | >>