<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

CD『Expressions (通常盤)』竹内まりや

[ 音楽 ]
竹内まりや
ワーナーミュージック・ジャパン
¥ 2,901
(2008-10-01)

▲竹内まりや 今夜はHearty Party

 

Disk.1

01.戻っておいで・私の時間

02.グッドバイ・サマーブリーズ

03.ドリーム・オブ・ユー ~レモンライムの青い風~ [Single Version]

04.涙のワンサイデッド・ラヴ

05.September

06.不思議なピーチパイ

07.象牙海岸

08.五線紙

09.Morning Glory

10.僕の街へ

11.ボーイ・ハント(Where The Boys Are)

12.恋のひとこと(Something Stupid)

13.Never Cry Butterfly

14.Let It Be Me [Studio Version]

 

Disk.2

01.リンダ

02.もう一度

03.マージービートで唄わせて

04.本気でオンリーユー(Let's Get Married)

05.プラスティック・ラブ

06.恋の嵐

07.元気を出して

08.色・ホワイトブレンド

09.けんかをやめて

10.駅

11.Forever Friends

12.シングル・アゲイン

13.告白

14.マンハッタン・キス

 

Disk.3

01.家(うち)に帰ろう(マイ・スイート・ホーム)

02.純愛ラプソディ

03.毎日がスペシャル

04.カムフラージュ

05.今夜はHearty Party [Single Mix]

06.天使のため息

07.すてきなホリデイ

08.真夜中のナイチンゲール

09.返信

10.みんなひとり

11.チャンスの前髪

12.うれしくてさみしい日(Your Wedding Day)

13.幸せのものさし

14.人生の扉

 

`竹内まりや`がデビュー30周年を記念して、初のコンプリート・ベストをリリース!デビュー曲から「元気を出して」「けんかをやめて」などの代表曲、夫・山下達郎とのデュエット「Let It Be Me」、最新シングルまでを網羅。ファンからのリクエストを反映した選曲で、あなたの思い出に寄り添います♪ (C)RS

 

クリスマスの曲は色々あるけど、この曲もあっていい。

続きを読む >>
2018.12.23 Sunday 00:28 | comments(0) | trackbacks(0) | 

『トラちゃん』群 ようこ  集英社文庫

“生きものは、いったい何を考えているのかなあ、と思うことがよくある。ことばは喋れないにしろ、少なくとも私たちが飼っていた生きものは、非常に感情豊かで、ペットなんて生やさしいものではなくネコやネズミやインコの格好をした、人間であった。”生き物の仕種や表情を生き生きととらえ、家族の絆や細やかな愛を横糸に描くユーモア・エッセイ。

 

初出が1989年なんで30年も前なのね。確かに今やったら猫の扱い乱暴じゃない?といった表現もあるけどこれが普通だったのね…多分。その頃から色んなペットを飼っていたけど、その中には命の移ろいもあり。溺愛するつもりはないが責任は持つといった感じかな。この時代で読むと…共感するって感じはない。けどペットというより共存っていうのがピッタリくる。。。もうちょっと早めに(30年前に)読んでおけばこの違和感はなかったな。エッセイ読むときは、はなるべく時間を空けない方がイイ。

2018.12.19 Wednesday 18:53 | comments(0) | trackbacks(0) | 

CD『REQUEST -30th Anniversary Edition-』竹内まりや

[ 音楽 ]
竹内まりや
ワーナーミュージック・ジャパン
¥ 2,095
(2017-11-22)

竹内まりやの代表作にして、J-POPの歴史的名盤。
ポップス史上に燦然と輝くロング・セラー&ミリオン・セラー・アルバム「REQUEST」 30周年記念盤!
1987年発売の竹内まりや7枚めのアルバム「REQUEST」を最新デジタル・リマスターにとどまらず、
「テコのテーマ」のシングル・ヴァージョン、「夢の続き」の'89 CDシングル・ミックス、
さらには「時空の旅人」となる曲のオリジナル・ヴァージョンである
「Goodbye」(未発表)など充実したボーナストラックに加え、
山下達郎による解説入りの、まさに決定盤といえる内容!


【収録内容】
01.恋の嵐
02.OH NO, OH YES!(Written for 中森明菜in 1986)
03.けんかをやめて(Written for 河合奈保子in 1982)
04.消息
05.元気を出して(Written for 薬師丸ひろ子in 1984)
06.駅(Written for 中森明菜in 1986)
07.TEKO'S THEME
08.色・ホワイトブレンド(Written for 中山美穂in 1986)
09.夢の続き
10.時空(とき)の旅人

【Bonus Tracks】
11. TEKO'S THEME(Single Version)
12. 夢の続き('89 CD Single Mix)
13. Good bye(Previously Unreleased)
14. 恋の嵐(Karaoke)
15. 元気を出して(Karaoke)
16. 駅(Karaoke)

 

▲夢の続き Yume No Tsuzuki (Original) - Mariya Takeuchi

続きを読む >>
2018.12.02 Sunday 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) | 

マンガ『ムギのころ(1)』片倉真二 

[ マンガ ]

1990年代、とあるふつーの女子高生だった私。いつもの朝、いつもの朝ごはん、いつもの登校風景……に紛れる子猫1匹。この子猫との出会いで、私の生活は一変。お父さん、お母さん、そして大きな大きなお相撲さんを巻き込んで、子猫が成長していく事に。そう、私の実家は相撲部屋なんです。

 

『ペン太のころ』の作者の新しいWeb連載の単行本化。表紙からペン太かと思ったら違った…。不思議な設定ながらやっぱり可愛いので見てしまうなぁ。Webで見る分には大きいからいいけど、本になると絵が小さくて可愛さ半減なのが残念。ただ『ペン太〜』を読んでいたからかもしれないが、モデルになってる子がいるので…気になるよね。今ではネットで色んな情報があるので何とか調べられるけど、当時は情報も入らないし間違った育て方をする人もいた、そんな知識のギャップも描かれるのかな?。

2018.11.20 Tuesday 05:33 | comments(0) | trackbacks(0) | 

CD『30th Anniversary Anthology』 The Whispers

[ 音楽 ]

DISC 1

1.Seems Like I Gotta Do Wrong
2.There's A Love For Everyone
3.Can't Help But Love You
4.I Only Meant To Wet My Feet
5.Somebody Loves You
6.A Mother For My Children
7.Bingo
8.One For The Money
9.Living Together (In Sin)
10.Make It With You
11.All The Way (Let's Go)
12.Lost & Turned Out (Olivia)

13.Can't Do Without Love
14.A Song For Donny
15.And The Beat Goes On
16.Lady
17.My Girl
18.It's A Love Thing


DISC 2
1.I'm The One For You
2.I Can Make It Better

3.This Kind Of Lovin'
4.In The Raw
5.Emergency
6.Tonight
7.Keep On Loving Me
8.Contagious

9.Some Kinda Lover

10.Rock Steady
11.Just Gets Better With Time
12.In The Mood
13.No Pain No Gain
14.Say Yes

15.Special F-X

 

続きを読む >>
2018.11.19 Monday 01:01 | comments(0) | trackbacks(0) | 

CD『君を越える日』 角松敏生

角松敏生,加藤健
BMGビクター
¥ 1,900
(1992-12-16)
コメント:CD『君を越える日』 角松敏生

1. 君をこえる日 
2. ポート・オブ・ユア・ハート,セイル・オブ・マイ・ライフ 
3. 時の挽歌 
4. 泣かないでだっくん 
5. 君たちへ・・・〜BONとYUKARIのBALLAD〜 

 

メロディックな楽曲からダンス・チューンまで軽くこなしちゃうサウンド・メーカーの5曲入り新作。スロウ~ミディアムのバラードを中心に,それなりに凝ったアレンジなのに,メロディーと歌詞とが聴き手に迫ってくる。ヤンチャな小僧も大人になった。
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

 

PORT OF YOUR HEART, SAIL OF MY LIFE

…この曲にこの映像のイメージはないけどなぁ。

 

続きを読む >>
2018.11.01 Thursday 11:05 | comments(0) | trackbacks(0) | 

『 まあまあの日々』群 ようこ 角川文庫

アイドルの流行歌にあわせて踊ってみたら、息があがって収まらず、エスカレーターに乗ろうとすればタイミングが合わない。鮨店では写真ばかり撮っている夫婦に呆れ、伝票に印鑑を押そうと手にしていたのは“靴べら”だった…。物忘れや小さな文字の見間違い、体調不良など、ひたひたと近づいてくる加齢に落ち込むこともあるけれど、時には毒づき、かわしながら「まあまあ」で過ごせたら良しとしよう。爽快な日常エッセイ集!

 

帯にある「大人になってもおっちょこちょい」。2011年から2018年までに地方紙やPR紙に書かれたエッセイをまとめた一冊。自身の事から友人だったりTVで扱った流行りの事まで、きっと人に言うことまでもない…が、こんな風に感じた…なんてことが沢山収められていて面白かった。まるで喫茶店でのたわいない話を群さんとしているようだ。また毎回思うけど、多分10年ぐらいしたら私もこんなこと考えてるんだろうな…って思える一冊でした。

2018.10.30 Tuesday 15:52 | comments(0) | trackbacks(0) | 

CD『Dream On』George Duke

[ 音楽 ]

▲George Duke -Dream On (Full Album, 1982) [HQ]

 

本当は再発されたアルバムを載せたかった…。

 

1.Shine On

2.You

3.Dream On

4.I Will Always Be Your Friend

5.Framed

6.Ride On Love

7.Son Of Reach For It (The Funky Dream)

8.Someday

9.Positive Energy

10.Let Your Love Shine

(再発分にはプラス1曲)

 

ジョージ・デューク(GEORGE DUKE)が82年にリリースしたディスコ~アーバンの名盤が待望の再CD化!

EPICより82年にリリース。ここ日本のどこのディスコでも「Shine On」がヘヴィー・ローテーションされており、ジョージ・デューク自身もジャズ~フュージョンのフィールドから一気にポピュラー方面へ活躍の場を拡げるきっかけとなった大人気盤が久々のCD化!現在はCD廃盤市場でかなりの高値が付いており、大人気盤というにはあまりに寂しい状況でしたが、この度ボーナス一曲を追加しての目出度い再CD化が決定です。

ディスコ請けがすこぶる良い内容は、時代が時代だけに日頃は音楽ファンではない多くのリスナーをも取り込むことにも成功。特に前述の「Shine On」を筆頭に、アルバム・タイトル曲「Dream On」や「Ride On Love」などのダンサーはいずれも耳馴染みの良いメロディにクールなアレンジが施されており、これなら誰もが踊らずにはいられない完璧仕様。そしてさらにライト・ユーザー(平たく言えばオネーチャン達のことですね。)を虜にしたのはアーバン感覚溢れるミディアム郡。「You」「Someday」などで浮遊感溢れるファルセットを駆使し見事な感覚を披露。やはりファルセットが効いているアース路線のスロウ「I Will Always Be Your Friend」もこのアルバムの成功の要因の一つでしょう。そんなアルバムがようやくいつでも手に入れられる状況に。これが本当のリスナー目線のリイシューといえそうな今回のリリースです。

続きを読む >>
2018.10.17 Wednesday 12:40 | comments(0) | trackbacks(0) | 

ドラマ『もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~ 』

エリート警察官の北沢秀作(山田涼介)は、敏腕弁護士の姉、知晶(波瑠)と、天才外科医の兄、博文(小澤征悦) 、難関私立中の学園長である父、泰蔵(中村梅雀)に、名家の一員として様々なプレッシャーをかけられ続ける、ちょっとしんどい人生を送ってきた。
そんな中、北沢家に母親が亡くなって以来の危機が訪れる。

続きを読む >>
2018.10.10 Wednesday 11:36 | - | - | 

『ファミリーデイズ』 瀬尾まいこ 集英社

人生は想定外のことばかり。だけど、明日はきっと、すばらしい。中学校教師として生徒たちの成長に感動した日々と、主婦となり、のん気な夫とやんちゃな娘と過ごす今。ふたつの時間が教えてくれた、一番大切なこと。著者初の育児エッセイ集。

 

前作のエッセイ『ありがとう、さようなら』の2冊目。前作の後に先生を辞めていたんですね…。旦那さまとの付き合っている頃から結婚・出産・子育てのエピソードが書かれている。こんなに穏やかに過ごしてなかったな…と思いつつ、この間にも作品は発表されているのでその裏の瀬尾さんのドラマを見たような。子育て本などやその手のエッセイ本も沢山読んでいるので、内容に驚きはなかったけど、そもそも教師辞めてたんだ、結婚してたんだといった方の驚きが…。

2018.10.05 Friday 06:39 | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 190 PAGES | >>